3年A組 ネタバレと感想 第7話 スポーツ推薦に隠された闇

菅田将暉さん主演の【3年A組~今日から皆さんは人質です】は7話でまた新たなが浮かび上がりましたね。以下早速ネタバレです3年A組のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


武智は豪翔大学に生徒をスポーツ推薦をすることで多額の報酬をもらっていたことが明らかになりました。景山澪奈も武智に狙われた一人だったそうです


が、武智が推薦した生徒たちの9割は大学側の期待に応えられずに挫折し、1年以内に退学していたのだそうです。先輩からこの話を聞いていた澪奈は武智にキッパリ断りました。


たとえ入部しても結果が出せなければ強制退部に追い込まれたり授業料免除を撤回されるという契約書も交わされるのだそうで、澪奈はこれを知って、教育委員会に訴えようとしていたのだそうです


現時点では、それに怒った武智が澪奈を自殺に追い込んだのではないかと言われていますが、柊の考えは違うようです。武智の裏にはもっとあくどい黒幕がいると考えているようなのです


実際柊は文香から武智の話を聞いていたようですね。文香がそう話す動画を見ていましたが、あれにはまだ続きがありそうだったのが気になるところ。それが黒幕に関する話なのではないでしょうか?


その候補に挙げられるのが今回登場した元文部文化大臣の牧原丈一郎(鈴木正幸~山路豊@ゆとりですがなにか)ですよね~きっと。ちなみにこの牧原は政界を引退し、豪翔大学の学長に就任することが決まっているのだそうです。


武智も、僕に疑いをかけるなんて牧原さんが黙っていない、とわめいていましたが、ここはすぐに見限られちまったようです


その一方で、武智から推薦をもらって喜んでいた生徒もいました。例の汗っかき女子=華は柔道部だったそうで、この華と陸上部の瀬尾雄大(望月歩)のふたりです。あ~この子は確か、前回皆が柊を信じて教室に残ろうとしたのに、推薦が取り消されたら困ると言っていた生徒ですよね


華も瀬尾も、スポーツ推薦を獲得するには力が足りなかったらしく、どこからも推薦が貰えずにいたところ、武智に声をかけられたのだそうです。米屋の娘の華は実家を継ごうとしていましたし、瀬尾も諦めていたのですが、推薦によって奨学金ももらえると良いことばかり吹き込まれたらしい


柊は瀬尾に「大学に入ることがお前のゴールなのか?」と問いかけます。それとも 大学を卒業しても選手を続けることか?


瀬尾は、そんなことは考えたこともないと答えました。今はただ目の前のことにいっぱいいっぱいなのだそうです


柊は、生徒はそれでもいいが教師はそうはいかないと語りました。柊は生徒たちにそれを判断してほしいと告げて、武智と対決しに行きます


最初はしらを切っていた武智も、動画に顔が映りこんでいたことから、白状せざるを得ませんでした


俺はただ見込みのありそうなヤツにおいしい環境を与えてやっただけじゃないか?それの何が悪い!?できなければ消される~そんなの当然だろ??


できなくて首にされるのは生徒自身の責任だと言い訳をする武智を、柊がキッチリやり込めましたお前は教師の資格がない!( `ー´)ノ


どの道を歩めば彼らにとって最善なのかを考える。寄り添って一緒に答えを探す!それが教師の務めだろう?


柊の体調は思わしくありません。でもだからこそ柊は今できることをしたいと考えているのです。彼らの将来を見届けることができないからこそ、幸せになってほしい!彼らにもっと賢く強くなってもらいたいんだ!( ;∀;)


柊は、生徒たちはきっと分かってくれるはずだと信じていました。いつか必ず彼ら自身が身を持って証明してくれるはず。俺がここで何をし、何を伝えたかったのか


武智は警察に連行され、事情聴取を受けるようです。


瀬尾と華は推薦が無くても頑張ろうと誓いあいました。そんな華を見ていた須永も華を見直します。お前、イイやつだな


さてそれ以外では、文香と父の相楽孝彦は血がつながっていない、文香は10年前に亡くなった孝彦の妻の連れ子だったことを宮城が突き止めました。撮影所で知り合った柊と孝彦は、文香を通して教育界の腐敗を知り、一石を投じようとしているのでしょうか?


また郡司は、五十嵐も柊とグルだと気づいた様です。その根拠は??


終盤に来て大いに盛り上がりを見せる「3年A組~今日から皆さんは人質です」は来週の放送もめちゃ楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←6話のレビュー  7話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ