まんぷく あらすじと感想 116~121話 バッタもんに負けるな!

NHK朝の連続テレビ小説、まんぷくは本日放送の121話まで視聴しました(21週)。これまた楽しかったけど、最後は憎たらしかったですね~

このばったもんが!


以下ネタバレのあらすじです


百貨店の片隅での販売は、最初はさ~っぱりうまく行きませんでした1個20円と言う値段に反感を持たれ、お湯をかけて3分でできると言えば、3分も待てへん、と呆れられ、袋の中のラーメンには真っ黒なお煎餅じゃないかとまでケチをつけられます


そこで福子は、試食を勧めるのではなく、まずはラーメンを作ってお客を誘い込むことにしましたラーメンはまず匂いからです( `ー´)ノ。客はその匂いにつられてやってきて、話しているうちに3分が過ぎ、実際に食べたらあら美味しい!という流れです


それでも思った程には売れず、鈴は忠彦のパッケージデザインが悪いのではないかなどと言い出しました。萬平と福子の波乱万丈の人生をイメージしたから「てんぷくラーメン」だというのです。まったくしら~っとうまいこと言いますね


文句だけは人一倍で似た者同士の世良と鈴は、販売をさぼって白薔薇に逃げてくる始末です。だってあそこに立ってても売れへんのやもん


忠彦のみならず萬平も不安になり、また一から作り直そうなどと言い出しました


福子はキッパリふたりを励まします。大丈夫!デザインもラーメンもこれでいい、これいい!!!


人々に認めさせるには「お墨付き」をもらうのがいいと、福子達は近江谷を通して「国立栄養研究所」にまんぷくラーメンの栄養成分を調べてもらうことにしました。鳥を丸ごと煮込んだスープには予想外の栄養が含まれていたらしく、国立栄養研究所は喜んでお墨付きを出してくれます


それで売り上げは当初の8割まで伸びたものの、世良は「このままではあかん!とダメだしします。一般人に売れても問屋から発注が来ないとダメだというのです。


その後克子の家でテレビを見ていた福子はテレビの宣伝=コマーシャルこそが起爆剤になると閃きました。これや~!!


かつて映画愛好会にいたという神部の案が採用され、福子と子どもたちが出演することになりました。ホントは鈴が出たかったんですが、誰も相手にしてくれなかったのです。ねえ、私じゃダメなの?


福子も最初は渋っていましたが、最後はノリノリで、とってもイイCMが完成しました。合言葉は「一家に5袋、まんぷくラーメンです。


その後は文字通り飛ぶように売れていきました。問屋からの注文もひっきりなしです。福子の友人、敏子とハナも手伝いに来てくれました。デパートには牧夫婦も買いに来てくれます


これでは生産が間に合わないと、萬平はついに工場を作ることにしました。これまでず~っと声が掛からず寂しがっていた岡と森本、それに神部を正社員として迎えます。もちろん真一もです。吉乃も会社を辞めてまんぷく食品に就職することにしました。


鈴だけは、会社が潰れたら共倒れだと心配しますが、「大番頭」をやってほしいと頼まれては断る訳にもいきません


福子の夢には咲も現れて、まんぷくラーメンに生卵を落とすと美味しいのだと教えてくれました


そんな順風満帆だったある日のこと、世良が血相を変えてやってきました。巷にまんぷくラーメンのバッタもんが出回っているというのです。


そのうちのほとんどは粗悪品でしたが、ただ一つ、「本家まんぷくラーメン」と銘打ったテイコー食品のラーメンだけは、まんぷくラーメンの出来とほぼ遜色なかったそうです。唯一違うのは、麺に卵が入っていないこと。それで価格も15円に抑えられていたようです


犯人はすぐに判明しました。まんぷく食品に入社してすぐに辞めていった坂部勝(今野浩喜~関川文則@ブラックペアン)です。坂部はきっと最初からスパイに来たに違いない!!


世良は早速、同行を渋る真一とテイコー食品に乗り込んでいきました世良、頼んだぞ!( `ー´)ノ。そこの社長の猿渡鎌作(田中哲司~石山博文@ヤメゴク)がまた実に鉄面皮で破廉恥な男でしたね~仲間由紀恵ちゃんに言いつけてやる!


猿渡は、真一がまんぷくラーメンは特許も出願していると脅すと、まだ申請中じゃないか、とせせら笑います。特許が認められるまではこっちのものだと言わんばかり


最初は行くのを嫌がっていた真一が一番腹を立てて、猿渡をボコボコにしそうな勢いでしたね~いっそぶん殴ればよかったのに!


この報告を聞いた萬平もまた怒り心頭に発します。こんなバカなことがあっていいのか!?


ケンカは怒った方が負けだと萬平をなだめていた福子も黙っていられなくなりました。なんとテイコー食品は福子に似たおばちゃんを使ったポスターを近くに貼っていったのだそうです


図々しいにもほどがある!!もう我慢できない( `ー´)ノ


~あれどう見ても安藤さん本人なのに、ブサイクブサイク、って失礼でしたよね。世良がフォローしていたのはアドリブでしょうか


来週はどうやら「お偉方」の力を借りに行くようでしたね


案の定、ばったもんを食べた消費者から食中毒も出てしまうようです。見たところ、中まで火が通っていない製品もあったようなので、すぐに傷んでしまったのでしょうね。


そうしたものを流通させること自体、間違っているんですけど、(当時の)厚生省はいったいなにをしていたのでしょうか。来週萬平が会いに行くのがその役人なのかしらん?


~相手は奥田瑛二さん(徳田浩章@レ・ミゼラブル)でしたね~。思わず、また萬平が福子を嫁に貰いに行くのか?などと妄想しちゃいました。鈴が「亡くなった夫にそっくりとか言わんかしらね


と、妄想でもしないことには収まりがつかない、なんとも腹立たしいところで終わってしまいましたね~。来週は是非スカッとさせてほしいでござるね負けるな萬平!( `ー´)ノ


前後のあらすじはこちらから

←20週のレビュー  22週のレビュー→


 
朝からこの歌を聞いて福ちゃんの笑顔を見ると元気になれます


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、こんにちは~♬

『元祖てんぷくラーメン』(上手いv-218)には大笑いでしたよ~( *´艸`)。
まったく憎たらしかったですね~猿渡v-217

来週はなんとかぎゃふんと言わせてほしいですね( `ー´)ノ。こん