魔女の法廷 ネタバレと感想 第15話 告白させる奇策

チョン・リョウォンさん主演の韓国ドラマ、【魔女の法廷】の第15話は「告白させる奇策」です。これまた実に面白かったですね~。今から明日=最終回が楽しみでなりませぬ


以下ネタバレのあらすじです魔女の法廷のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ガプスは報道官のパク・チョリョン(イ・イクジュン)にギョンジャとヨンシルを殺すよう命じました。そこへ特検が発動されたとの知らせが入りますサンホのノートが出てきたからだという知らせに愕然とするガプス


特別検事に任命されたのはジスクです。ジスクはイドゥムを特別検事補に指名し、ジヌクを初めとする女性・児童犯罪対策部がメンバーに加わりました


一方のジェスクは、プジン島でギョンジャに再会しました。ギョンジャがジェスクの誘いを断って逃げようとしたところに、チョリョンがやってきます。ギョンジャはすぐにガプスからの追手だと察してヨンシルと一緒に逃げ出しました


島を出ようと船の切符を買っていたところにチョリョンが迫りますひゃ~助けて!( ;∀;)。ちょうどそこへジェスクが車で通りかかたため、ギョンジャはヨンシルとともに乗り込み、船まで匿ってほしいと頼みました。ジェスクはヨンシルが生きていたことに驚きますが、ギョンジャはあくまでも妹のギョンソンだと嘘をつきます。


間一髪で追手を振り切った一行はソウルに戻り、ジェスクはふたりを病院に匿うことにしました


説明を求めたジェスクにギョンジャは、どうしても恩人を殺すことができなかったと語りますが、ジェスクはイドゥムに真実を知らせるべきだったと叱責します。これは拉致よ!


んなことあんたにだけは言われたかないって話でやんすが、ギョンジャは、ガプスが捕まらない限り、ヨンシルが生きていると知られたらまた狙われる、と反対しました。今はまだ危険すぎる!


さて特検はついに要人たちに捜査の手を伸ばしました。総理に地検長、大統領に検察部長と、相手には事欠きませんが、破廉恥な奴らは性接待の事実を否定します


証言するはずだったホテルの従業員はガプスがすぐに手を回して国外に逃亡してしまいました。まったくね~ここは詰めが甘すぎでしたよね。証人はちゃんと捕まえておかなくちゃ


そこでイドゥムは「告白させる奇策」を思いつきます。なんとキングダムでHIV感染者が出たとデマを飛ばしたのです


こ~れは実に良い作戦でしたね~。もしエイズに感染していたら大変だと、大慌てで、でもこっそりと山中で検査をし、陰性だと分かって大喜びする姿が実に可笑しかったです。それをまたソクチャンがバッチリカメラに収めます


こうして、心ならずも「性接待」を認めた要人たちは、こぞって、ガプスが無理矢理勧めたからだと責任転嫁をしました


これでついにガプスを仕留められる!そう思った矢先、なんとなんとサンホの手帳が盗まれます。犯人は、特検チームの一員、パク・フンス(チェ・ドンヒョン~キム・ボプレ@チャン・ヨンシル)です。フンスはどうやらガプスに弱みを握られていたようです。


手帳は既にガプスの手に渡っていましたが、人望の無いガプスは飼い犬に手を噛まれることになります。噛みついたのはユンギョンです。ユンギョンはガプスの逮捕も時間の問題だと予測し、以前、うちに来ないかと勧誘したアン・ソピルに乗り換えようとしていたのです


ソピルは、テギュが有罪になったことでユンギョンを良く思っていませんでしたが、同じくソピルに妹のソリムの話をしにやってきたイドゥムとジヌクが、ユンギョンに目をつけました。単純なソピルと直接交渉するよりは、悪賢いユンギョンを味方に引き入れる方が得策です。イドゥムはユンギョンにアン・ソリムの診断書を渡しました。


次はフンスの出番です。フンスはガプスに特検がガプスの家宅捜索に向かったと連絡しました。それでガプスは手帳を厳重な金庫から取り出してソリムの病室に隠します。ガプスが戻ってきた後、ユンギョンがカーナビの履歴を確認すると、場所はカンヘ総合病院でした


イドゥムとジヌク~特検が家宅捜索に向かったのはそのカンヘ総合病院です。ガプスは手帳をソリムの枕の下に隠したそうです。


この様子はテレビで生中継され、イドゥムはともに病院にやってきた記者たちに、ガプスのソリムに対する犯罪~薬で昏睡状態に陥らせていたことを公表しました。


ガプスは慌ててユンギョンを呼ぼうとしますが、ユンギョンは既に事務所を退職した後で


仕方なくソピルのところへ向かうと、そこにはユンギョンがヒョンジェグループの法務チーム長として待ち構えていました。ソピルは彼女が用意した離婚届をガプスに突きつけて脅します。妹にされたことをそのまま仕返ししてやる!


こうしてガプスは四面楚歌~逮捕は時間の問題となりました。ジスクはイドゥムをヨンシルの遺族と言う理由から担当を外し、代わりにジヌクを抜擢します。


イドゥムはジヌクに、それがどういうことなのか分かっているのか?と尋ねました。大切な母を法廷に引きずり出すことになるのに?


ジヌクは分かっていると答え、息子を心配するジェスクにも、その決意を伝えました。ジェスクも既に覚悟を決めていたようです


ヨンシルが、世話になっている礼だと言って病院の掃除をし、飾ってあったジェスクと患者の写真を見て、ジェスクの人柄が偲ばれると微笑んでいたのが思い出されますね


その頃ヨンシルは、今話題のガプスの事件をイドゥムが会見しているのを見てポロポロ涙をこぼしていました。ギョンジャが理由を尋ねると、あの女検事を見ているとなぜだか涙が流れるのだと答えます


ギョンジャはもう全てを話す時だと思い知らされました。あの人はあなたの娘なのよ


一方でジェスクもまたイドゥムに会い、ヨンシルの生存を告げています。ふたりはその足でヨンシルに会いに行きました。


ギョンジャは、チャイムが鳴ったのをふたりが来たのだと思い込んでいたようですが?


あ~最後の最後で・・・なんてことはないのでしょうね~。韓ドラは何をしてくるか分からないので、ホントにハラハラさせられますあれはガプスじゃないんかな~(;´Д`)


明日の最終回が待ちきれません!魔女の法廷もいよいよ次回が最終回!


前後のあらすじはこちらから

←14話のレビュー  16話=最終回のレビュー→



魔女の法廷 DVD-SET1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ