いだてん あらすじと感想 第8話 「敵は幾万」で初恋に別れを告げる

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第8話は「敵は幾万」です。


これがまた甘酸っぱくも切ない初恋と、ありがたい家族愛に感動させられたエピソードでございました。いや~泣けるんだけどついつい笑っちまいますね~


それに加えて、史実を知っている者にとってはちと不安が募る回でもありましたよね。あんな風に書かれてしまって大丈夫なのだろうか、と


以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずはでも実次ですよね~。実次は1800円もの大金を郵便では送れない、この機に東京見物を、違った、弟がお世話になっている高師の面々に挨拶をして、四三も直接激励しようとやってきたのです


大事な弟の渡航費だけん、郵便為替じゃ送れんばい!わしが直接届けんといかんばい!


山と積まれた1800円を見た四三は泣き崩れます。まさか、田んぼば売ってしもうたつね?ね?そぎゃんね??なんてことを!( ;∀;)


田んぼは売ったばってん、その田んぼを無利子で貸してもらえることになったから暮らしは変わらんのだそうです。予告にあったように、スヤの嫁ぎ先の女主人、池部幾江(大竹しのぶ~日向麗子@ごめん、愛してる)が、スヤに免じてそう計らってくれたのです


それなのに、実次を見た野口達は大いに勘違いしてしまいます。美川が実次を鬼のような兄だと評していたからです。きっとオリンピックを諦めさせようとしているに違いない!


実次と四三の会話を勝手に解釈し、慌てて乗り込んできたのには大笑いでした。なんと野口達は後援会を作って全国の師範学校から寄付を募り、1500円もの大金を集めたところだったのだそうです!?


お兄さん、行かせてやってください!!


ばばば!?


四三は感激して深々と頭を下げました。皆さん、何とお礼を言うたらよかか!


困ったのは実次です。せっかく1800円工面して持ってきたのにとの実次の言葉に、野口や平田(前原滉~花井克己@獣になれない私たち)は言葉を失ってしまいますええ~っ!( ;∀;)。誰だ?お兄さんはびた一文出さないって言ったやつは!?


実次は、わざわざ田んぼまで売って作った金だから今さら持って帰れないと固辞したばってん、橋本は、300円ほど雑費として寄付してもらい、残りは納めてほしいと頼みました。


そぎゃんですか~?そぎゃんなら~。お言葉に甘えて!


めでたく手打ちとなったところで、四三は満面の笑みを浮かべ部屋の隅にいた美川はこそこそ逃げ出しました


その後実次は早速治五郎に会いに行きます。が、治五郎は不在だったため、可児と永井が出迎えました。このたびは皆さんのおかげで!!


確かにどう見ても用務員室にしか見えない部屋で、実次は大いに四三の自慢をします。


熊本から出てきてわずか数年で、東京のど真ん中でこぎゃんしっかり根っこば張って、今度はスウェーデンだもんねえ。とつけむにゃあ男ばい!


永井は今後どれだけ多くのオリンピック選手が日本から生まれても、第1号は金栗四三!これだけは未来永劫動かんのだと力説して四三を称えました


実次は涙を流して感動し、酒を飲みほした後にこう言います。ところでおふたりは守衛さん? (


その頃四三は、多分スヤ自身が寄こしたと思われる餞別を見ながら、スヤに礼状を書こうとしていました。でもどうにも書き進めることができません。


この時四三は池部がスヤの許嫁だという確信はなかったのかもしれませんが、スヤが庄屋に嫁に行くという話は聞き及んでいたはずです。


スヤがいったいどんな気持ちで婚家から金を用立ててくれたのか、それを思うだけで胸がいっぱいになってしまい、どんな美辞麗句を連ねようと、空々しくなる気がしてならなかったのでしょうこのシーンは実に切なかった(;´Д`)


翌日四三は美川とともに実次を東京見物に連れ出しました。四三たちが上京した日、スリに遭ったばかりに上れなかった凌雲閣にやってきます。


そこから眺める富士山を見て感激した実次は、さすがに阿蘇までは見えんね、と語りました。それで四三は熊本でスヤと過ごした日々を思い出し、スウェーデンが途方もなく遠いことを実感します


兄上、俺は生きて帰れっとだろか。な~しそぎゃん遠くに、言葉も通じん国に行かにゃいかんとだろか。フォークとナイフで飯ば食わにゃいかんとだろか?

た~だ丈夫になっために走っとったつに。丈夫になったところで止めときゃよかった。な~し俺だけ異国に。


今さら弱音を吐くな、四三!!お前が行かんかったら後が続かん!お前がそぎゃん弱虫やったら、100年後の韋駄天も弱虫ばい


実次はそう弟を叱った上で、家族総出でお前の無事を祈っていると励ましました。涙目だった四三がうんうんと頷きます。そぎゃんたいね


その帰り道、四三はずっと気になっていたことを尋ねました。金を工面してくれた池部さんって。。。


四三の気持ちなど知らない実次は、ずばりスヤの嫁ぎ先だと答えます。実次が熊本に戻る頃に祝言を上げる予定なのだとか。


四三は自分に言い聞かせるように、池部と言ったら玉名一の庄屋だ、玉の輿だ、と語りました。(諦めろ、四三。所詮スヤさんはお前ごときの相手ではなかったのだ


そして実次は戻っていきました。


勝とうなどと思うな!何も考えんで行って、走ったらよか。順道制勝の精神たい!なっ!ええ兄貴やね~( *´艸`)


四三はいつまでもいつまでも手を振って兄を見送った後、ぐっと決意を固めたような顔をして走り出しました。どうやら足袋屋に向かったようです。


播磨屋の黒坂は、つま先とかかとを強化した足袋をたくさん作ってくれていました。それに加えて、裸では走れないと言い、胸に日の丸の入った運動着まで用意してくれたのだそうです。四三は感激のあまり、何度も礼を言いました。ありがとうございます!


出発まであと2日と迫り、寮では四三の壮行会が行われました。治五郎は四三のために奔走してくれた寮生たちに礼を言い、皆大いに盛り上がります


酔っぱらった可児はつい本音が出て、負けたら生きて戻ってくるな、と言わんばかりでした


また四三は美川に、美川が高師に誘ってくれたからのマラソンでありオリンピックだ、美川がいなかったら今日の自分はなかったと礼を言います。美川は、実は阿蘇出身だった小梅にこっぴどく振られてすっかり落ち込んでいたところでした。


すっかり気分の良くなった四三は、皆から歌え!とおだてられて、自転車節を披露します。いや~音痴はまったく治っていませんでしたが、それだけに四三の切なさがにじみ出ているようで泣けましたね


その頃熊本ではスヤが池部に嫁入りしていたそうです。ちょうど四三の自転車節が重なって、スヤの幸福を願っているようにも聞こえましたね


でも今回初めてこの歌を最初から最後までよ~く聞いたのですが、これはスヤの心情でもあったのですね。いやさすがに最初の「会いたかばってんは分かってましたが、その会いたい「彦しゃん」が遠くにいるから、好きでもない男に言い寄られて困っている、どうしたらよいのだろうという歌だったのです。あ~切なか


四三はその後ひゃーとも言わずに水を浴びて、よしっ!と気合を入れました。その顔はもう決して泣き虫弱虫の顔ではありませんでしたね


一方の弥彦は天狗倶楽部からの声援は受けていたものの、相変わらず家族には黙っていたようです。シマだけが心配して挨拶をした方が良いと促しますが、弥彦は、認めてもらっていないのだから報告するだけ無駄だと聞き入れません


でも和歌子が、弥彦は三島家の恥だと言いながら縫っていたのは、弥彦の運動着だったのです


それは出発当日の新橋で明らかになりました。新橋にはたくさんの人が詰めかけて、四三と弥彦の活躍を祈願します


大日本体育協会からは日章旗が贈られました。嘉納治五郎の名前の入ったフロックコートとシルクハットを身に着けた四三は、緊張のあまり涙ぐんでいたようです。「万歳」の声の後には「敵は幾万」が続き、まるで出征兵士を見送るかのようでした


さあ出発だ!


皆で列車に乗り込むと、シマの声が聞こえてきます。弥彦坊ちゃま!


なんと和歌子が弥太郎に手を引かれて弥彦の見送りに来たのです


懸命に我が子を探す和歌子の姿を見た弥彦は急いで和歌子の元へ駆けつけました。母上、弥彦は精いっぱい戦ってきます!


当たり前じゃ。おまんさあは三島家ん誇りなんじゃから


涙を流しながら運動着を渡す母に、弥彦はすっかり感動してしまいます。もちろん四三も漏れなくもらい泣きしています


弥彦、弥彦っ!!体を大切にしやんせ!


いつまでも列車を追いかけてくる和歌子の姿に、漏れなくおばさんももらい泣きです


母さん、行ってきます!行ってきます~っ!!誇りに思ってもらえるよう頑張ってきます!


四三は顔じゅう涙で濡らしながら、やっぱり我が子に関心のない親はいなかった、と語りました。弥彦も涙が止まりません。


その後ふたりに記者が寄ってきました。有名な弥彦はインタビューには慣れっこですが、四三は緊張しすぎて何を言われても分からず、ただハイ、ハイ、と答えるばかり。そのせいで、可児が言っていたように、負けたら死をも辞さない覚悟であるかのような記事が書かれてしまいました


倒れて後止むの大決心を持って臨み、決して国体を辱めざることを期す


しかも、列車に乗るはずの治五郎は乗りそびれてしまい、代わりに可児や野口達がこっそり乗り込んでしまったそうです。まあ野口達学生は、新橋駅でのあまりの人の多さに気後れして四三を激励できなかったのが心残りで、つい乗ってしまったそうですが、可児は確信犯ですよね~きっと


それにしても治五郎はなぜ乗れんかったとやろか?


いだてんが始まると一緒に熊本弁で話すのが最近のおばさんのマイブームです。ストックホルムまでは年増の安仁子も絡んでくるでしょうし、これからますます面白くなりそうでめっちゃ楽しみです


前後のあらすじはこちらから

←7話のレビュー  9話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません