FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿 ネタバレと感想 第21話 アビゲイルを捜して

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿】の第21話は「アビゲイルを捜して」(The Night in Question)です。これまた何とも素敵なエピソードでしたね~アビゲイルは本当にヘンリーを愛していたのですね(/_;)。あと1話で終わるなんて寂しすぎです


以下早速ネタバレのあらすじですForeverのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


アビゲイルはシルヴィア・ブレイクという偽名を使い、ウェストチェスター郡病院で看護師として働いていたそうです。病院からほど近いタリータウンというところにコテージを借り、庭には思い出のクリスマスローズ(ヘレボラス系)を植えていたのだとか


シルヴィア・ブレイクというのはヘンリーとアビゲイルが好きだった詩人の名前を合体させたものらしく、クリスマスローズは、ヘンリーたちが初めてNYに渡ってきた時、その船の中でヘンリーが世話をして花を咲かせたらしい


大家のモード(Donna Mitchell)はアビゲイルをよく覚えていてくれました。アビゲイルはある日突然いなくなってしまったので、その荷物を預かっていると答えます。


庭のクリスマスローズを眺めていたヘンリーは、その横の地面が少し陥没していることに気づきました。遺体が埋められている証拠です


案の定、そこには白骨死体が埋まっていました。現地の保安官、ヴァンス(Bryant Martin)の協力を得て骨を掘りかえしたヘンリーは、沈痛な面持ちでこれを持ち帰ります。遺体の側にはアビゲイルのキーホルダーも埋まっていたからです。


そこには、パリ行きをドタキャンし、ヘンリーの後を追ってきたジョーも到着しました。ジョーは、すっかり気落ちしているヘンリーを気遣います


ショックのあまり、いつも通りに鑑定できなかったヘンリーの代わりに、ルーカスが極めつけの発見をしました。遺体の骨端線が開いていたことから、遺体はまだ二十歳そこそこの女性だったことが判明したのです。頭蓋骨に陥没骨折が見られることから、鋭利な物体による外傷が死因で、死後少なくとも25年は経過していたそうです。


エイブラハム、彼女はアビゲイルではなかったぞ!


これまたルーカスがタリータウンの失踪者を調べたところ、ベリンダ・スムート(Valeri Mudek)という二十歳の女性が浮上しました。手首を骨折して治療した痕が見られたことから、ヘンリーはジョーを誘ってウェストチェスター郡病院へ向かいます


ベリンダのカルテはすぐに見つかり、担当したのはシルヴィア・ブレイク、つまりはアビゲイルだったことが判明しました


ベテラン看護師のバーサ(Michelle Hurst~ヘスター・ジェイムズ@グッド・ワイフ1)はシルヴィアとベリンダのことをよく覚えていてくれました。


Sylvia left the way she came, just like that, out of the blue.
シルヴィアは突然いなくなったの。彼女が来た時みたいに。空から突然来たみたいに


この「out of the blue (sky)」という表現を聞いた時のヘンリーの表情がまた良かったですねいい表現だ


ベリンダが病院に来た日は、他にも事故の被害者が運ばれていて大変だったのだそうですが、その被害者こそ、なんと、あのアダムだったのだそうです!


アダムを轢いたのは、当時プリンストン大学で法律を学んでいたセオドア・グレイヴス(Tim Guinee~アンドリュー・ワイリー@グッド・ワイフ3)で、幼馴染のベリンダとパーティーに行った帰りに飲酒運転をした結果でした。グレイヴスは現在連邦判事をしているそうです


グレイヴスはこの事故を通報しようとしましたが、ベリンダが止めたそうです。ベリンダにはひどく嫉妬深い恋人がいたので、彼に知られたくなかったのだそうす。それが、奇しくもベリンダの遺体を掘らされることになったヴァンスです


当時ヴァンスは他から事故の通報を受けて、アダムを病院に搬送してきた際にベリンダを見かけたそうです。嫉妬にかられたヴァンスは酒を飲み、その頃アビゲイルの地下室に匿われていたベリンダを問い詰めに行って突き飛ばしたところ、ベリンダは打ち所が悪くて亡くなってしまったそうです。それでヴァンスは庭にベリンダを埋めたのだそうです。


そしてそのアビゲイルはアダムも担当したのだそうです。アダムは、このまま死なせてほしいと頼み、その理由も明かしたところ、アビゲイルは全く驚かなかったのだそうです。


それでアダムは、自分と同じ人間が他にもいるに違いないと悟り、そこでわざと死んで、後日アビゲイルのコテージを訪ねてきたのだとか


その頃アビゲイルは、ようやく、またヘンリーやエイブと暮らしたいと手紙を書いていたところだったのだそうです。それが、アビゲイルの荷物の中にあった詩集の中にはさんでありました。


が、アダムがヘンリーを脅かすと思い込んだアビゲイルは、アダムを車に乗せてわざと事故を起こします。崖から転落し、フロントガラスを突き破って外に転げ落ちたアビゲイルを、アダムは必死で蘇生しようとしたそうです。アビゲイルの肋骨が折れていたことからそう推理したルーカスは本当に成長しましたね


死ねなかったアビゲイルは、アダムのナイフを奪い、頸動脈を切って自殺してしまいます絶対にヘンリーは見つけさせない!( `ー´)ノ


アダムはそれから30年かかってようやくヘンリーを見つけ出したそうです。


She died trying to protect me.
アビゲイルは僕を守ろうとして死んだ。


1つの遺体になんともすごいドラマが隠されていたものです


ヘンリーに追及され、良心の呵責を覚えたグレイヴスは自ら警察に出頭し、ヴァンスは、ヘンリーがアビゲイルの手紙から気づいた「地下室」でベリンダの血だらけの衣服を発見していたところを殺そうとして、ジョーに捕まってしまいました


あ~泣いても笑っても来週が最終回です


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません