2度目の二十歳 ネタバレと感想 第20話 ノラの青春を返せ!

2度目の二十歳のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 2度目の二十歳 あらすじと感想一覧 (全24話)


チェ・ジウさん主演の韓国ドラマ、【2度目の二十歳】は20話にしてヒョンソクの卑劣さがもはや「犯罪レベル」だったことが判明しました。も~あんな男が大学教授だなんて聞いて呆れる


以下早速ネタバレです2度目の二十歳のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ。ずっと気になっていたハルモニ=ウネが亡くなった際のウチョルの反応です


その時ウチョルは、担当の教授だったリンデマンがアメリカで学会があるのに怪我をしたため、付き添っていこうとしていたのだそうです


そこへウネが亡くなったとの知らせが入り、ノラは、ウチョルに一緒に帰国してほしいと頼んだそうです。


ウネは突然の発作に襲われたらしく、苦しみながらもユニョンに連絡し、例の大金が入った枕について伝えたのだそうです。そこに大学の学費が入っている、ごめんと言っていたとノラに伝えてほしい、それがウネの最後の言葉だったのだとか


たった一人の肉親の死に、ノラは半狂乱になって泣きわめきましたそんな!ハルモニっ!!


既にアメリカ行きのチケットを手にしていたウチョルは、韓国行きのチケットが取れないと嘘をつきます。いや、これは本当だったのかもしれませんが、28時間かかるモスクワ経由のチケットしかないというのです。


ウチョルは、それならどのみち告別式には間に合わないと語り、自分はアメリカに行かなくてはいけないのだと言ったそうです。ノラは、意を決してひとりで帰ると主張しますが、ウチョルは、熱があるミンスをどうするのだ、と反論しました。(おめーが看ろよって話でやんすが冷血漢もいいとこ( ;∀;)


ノラはその後も何度も一緒に帰ってほしいと訴えたそうです。ウネにはもう二度と会えない、学会はまた次があるじゃないか、と


それなのにウチョルはノラの話を聞かず、葬式はノラの友人に任せて後で帰ろうと言い含めたのだそうです


これには学位取得がかかっている。学位を取れば、韓国で教授になれるんだ!


でも実際学会で発表したのは教授であって、ウチョルは単なる付き添いだったようですね。教授は確かにその事をひどく感謝していたそうで「恩」は売ったのかもしれませんけど


今回ウチョルは、そのリンデマン教授との会食にノラを連れて行きました。大事な会食だということで、いつもとは違うオシャレをして出かけたノラですが、皆の会話から、ウチョルはノラを同い年だと偽ってドイツには行かなかったことにされていたことを知り、あまつさえ、大事なウネとの別れをこの教授に媚びるために邪魔されたと知っては、もう黙っていられません


怒りに震えが止まらなくなったノラは会食の席を立ち、慌てて後を追ってきたウチョルを何度も何度も平手打ちしましたナップンジャシっ!


ひどい人だわ!あの時本当にチケットはなかったの?あんたは教授の肩書を取った。父であり母であったおばあちゃんより、教授の方が大切だったんでしょ!!


これにはスカッとしたけど、いっそのことリンデマン夫妻の前でぶちまけて、ウチョルを断罪すべきでしたよね。韓国語が分からなくても、あの同僚が訳してくれたでしょうに


ウチョルは、大枚はたいてノラに贈ろうと買ったペンダントを手に、ずっと立ち尽くしていたそうです。んなもんで、許されると思うなよ!って話でやんす


ノラはその足で「オキナグサへ行き、ウネを偲んで大声で泣き叫びました


その後ノラとウチョルはついに離婚届を提出しました。事が済むと、ノラは黙って踵を返し、再びオキナグサに向かいました。ウネのトッポッキを味わうためです


一方のウチョルは荷物をまとめて出ていきました。しばらくはホテル暮らしをするようです


ウチョルがいなくなったマンションで、ノラは、多分文字が読めなかったウネとの会話に使った絵を取り出して眺めていました。そこへミンスがやってきて、僕のことは心配いらないと慰めてくれます。


それからノラは遮二無二働きました。大学も休まず、寸暇を惜しんで働いていたノラはついに体調を崩して倒れてしまいますもう若くないんだから気を付けないと(;´Д`)


ノラの独り立ちを心配したヒョンソクは、わりのイイバイトを紹介したり、打ち上げに呼んだりしていたのですが、サンエがついに嫉妬を露わにし、二人の仲を邪魔しようとしました。そんなことをしても自分が惨めになるだけなのに


事務所に戻ってきたヒョンソクは、ノラがソファーに横になっているのを見つけて慌てて熱を測り、看病してくれました。薬を飲むにも空腹ではいけないと、すぐにお粥を作ってくれます


ノラは朦朧としていたらしく、ハルモニ、ハルモニ、とうわごとを言っていました


ヒョンソクはそんなノラを肩にもたせかけてお粥を食べさせ、薬を飲ませて寝かせてくれます


それでノラは明け方にはすっかり元気になって目を覚ましたら、またしても目の前にいたヒョンソクにドキドキして、またしても、逃げ帰ってしまうのです。も~どっちが高校生だかわかりませんね


またウチョルはキャンパスでヒョンソクを待ち伏せし、ノラとは離婚したが、これからが「三角関係」だと宣戦布告をしました。離婚したのは復縁するためなのだそうですよ


ノラが自分に戻ってくると思っているところが、紛れもなく「自己愛性パーソナリティ―障害」でござるね


さ~て今日はどうなりますかね。「2度目の二十歳」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←19話のレビュー  21話のレビュー→



2度目の二十歳 DVD-BOX<プレミアムBOX> (8枚組:本編7枚+特典1枚)


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ