ブラックリスト3 ネタバレと感想 第21話 スーザン・ハーグレイヴ

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演の【ブラックリスト3】の21話は「スーザン・ハーグレイヴ No.18」(Susan Hargrave)です。以下早速ネタバレですブラックリスト3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


前回カタリーナ・ロストヴァと疑われた人物が、このスーザン・ハーグレイブ(Famke Janssen~エヴァ・ロスロー殺人を無罪にする方法)でした。通称は「スコティ―」。スコティ―は夫のハワードとともにレッドの知人だったようですね。


スコティ―とハワードはハルシオン・イージスという表向きは警備会社、実態は軍事会社の経営者で、腕利きの傭兵やスパイを抱え、軍事・情報サービスを提供しているのだそうです。それならパナベイカーと繋がっているのも頷けますね


そのスコティ―に何者かがリズを誘拐するよう命じたのだそうです。スコティ―は予告で赤ん坊を抱いていたようなのですが、あれはアグネス?だとするとやっぱりカタリーナではないのでしょうか??


ハロルドは連邦検事のロドニー・ブレイクリー(Don Noble)にパナベイカーを取り調べるよう掛け合いましたが、まったく取り合ってもらえなかったため、ベンジャミン・ストルダーを調べることにしました。そこで目をつけたのは秘書のアマンダ・ビグロウ(Sarah Hunt)です。


アラムからスコティの関与を知らされたレッドは、あらゆる手段)を用いてスコティ―に脅しをかけ、ついに直接会うことになりました。


スコティ―はレッドを罠にはめようとしますが、そこはトムとアラムがタッグを組んで阻止してくれます。トムがビグロウにハニートラップを仕掛け、ストルダーとスコティの会話を盗聴したのです


いや~トム、使えるわ~。むしろリズより有能じゃありませんこと?


しかもトムはアラムに少し辛抱し過ぎだから、早くサマルに告白しろと促します


I think you might be a little too patient. So before it ends just tell her. You'll never know what she's gonna say unless you do.
リズが死んだからには早晩チームは解散される。だからその前に彼女に気持ちを伝えろ。言わない限りは彼女がなんて答えるかなんて分からないだろう?


トムはトムがリズを愛していたと言ったら、アラムがものすご~く喜んだことが嬉しかったんでしょうね~きっと


そしてレッドはスコティ―を追いつめ、ついに、依頼主の名前を聞き出しました。それが、次のブラックリスター、アレグザンダー・カークです。いったいこの男?は何者なのでしょうか?


レッドが、スコティ―の待つ空港へ行こうとして、顔認証システムを突破するのにかけていたビン底眼鏡が楽しかったですね。今はもっとカッコいいのもあるみたいですよん: 顔認識されないメガネが進化した!


あ~早く続きが見たくてたまりません



ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ