オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 39話 ヒュッレムの優しさにその強さを見た

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の39話は「死の淵より」です。


最近良く思うことですが、ヒュッレムはやはり特別な女性ですよね。美貌や知力だけじゃなく、真の優しさや強さも持っている、本当に魅力的な女性です。ギュル語録から借りるなら、やはり「妃の中の妃でしょうか。


それに加えてハフサの頑なで器の小さいことったらなかったですね。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ハフサがレオのことを持ち出したことで、ヒュッレムは最初、自分の無実を主張しようとしました。が、ふと目をやったロウソクの炎の横にあった金属の壺に、スレイマンの姿が写っていたことに気づきます


これはだ!


ヒュッレムは早速切り替えました。なんのことをおっしゃっているか分かりません。なんて恐ろしい作り話をされるのですか?


ハフサが唖然としているうちに、ヒュッレムはいかにも呆れたという風情で部屋を出ていきました。扉の前で気をもんでいたダイェに、なぜ知らせなかった、危ういところだったと八つ当たりをします。いや~ダイェはあれでも一生懸命目配せしていたんだけど、あれじゃあ分かりませんよね~。いつもと同じ顔にしか見えんもの


物陰でヒュッレムの話を聞いていたスレイマンはヒュッレムの無実を確信し、ハフサを批判しました。孫の母親に濡れ衣を着せるおつもりか?いったいその憎悪はいつまで続くのか


その後、ハティジェが夜中に庭の彫像が血の涙を流す夢を見たと言ってイブラヒムの死を確信しました


身動き一つしないその様子に、たまたまハティジェを訪ねてきていたマヒデブランはひどく怯え、宮殿に使いを走らせます。


真っ先にやってきたのはヒュッレムでした出ていけ!。マヒデブランは早速ヒュッレムに噛みつこうとしますが、ヒュッレムは、二人きりにしてほしいと退出を命じます


マヒデブランは声を荒げて反対しましたが、ギュルフェムは、ヒュッレムの凛とした態度に何かを見出したらしく、マヒデブランを促しました。


ここからのヒュッレムがまた素敵でしたね~


ハティジェ、シッカリしなくちゃダメ。人生は楽じゃない。私は一番の理解者よ。なぜなら死を知っているから


愛する者を大勢殺されたヒュッレムは、呼吸をすることすら億劫になり、あらゆるものを憎んだそうです。そんな自分には2度と笑顔は戻らないと思ったのに、愛する人に出会って子どもを産んで、すべてが変わった、と伝えます


子どもたちが私を生かした。子どもへの愛で再び生きる力が湧いた


その話を横でスレイマンとハフサが聞いています。マヒデブランが、ヒュッレムがハティジェと二人きりにしろと言ったと告げ口したので、特にハフサは心配になって様子を見に来たのです。


ヒュッレムはそうとも知らず、ただひたすらハティジェに話しかけました。お腹の子にはあなたが必要なのよ


ハティジェはようやく反応を示します。私が欲しいものは家族だった。それなのにイブラヒムが死んだら!


ヒュッレムは、ハティジェのために苦々しい気持ちを押し殺し、イブラヒムは生きている、と励ましました。愛するあなたを放ってなどいかないわ


そしてそんなに心配なら側に行けばいいと勧めます。座って泣いてないで、イブラヒムの手を握るのよ。赤ちゃんの命がイブラヒムの目に愛おしく映るはず。


そこでスレイマンとハフサが近づいてきます。スレイマンはヒュッレムの言う通りだと語りかけました。ハティジェはイブラヒムの側へ行くと言います。イブラヒムに会いたいの


ハフサは反対しましたが、目に涙をいっぱいに溜めてそう願う妹を優しく見つめたスレイマンは、鷹揚にこれを許可しました。行こう。私も一緒について行く。その代わり、朝までちゃんと眠ってからだ。


ハティジェは安心したようにヒュッレムにもたれかかり、その手にそっと触れました。ヒュッレムは嬉しそうにその手を握って笑みを浮かべますもうすっかり姉妹ですよね~ええ雰囲気やったわ( *´艸`)。も~ヒュッレムはこれで2度もこの夫婦の子どもたちを救いましたよ。ま、間接的に悪さは働いているんですけど、この気持ちは評価せんとね


その頃イブラヒムは、ニギャールの献身的な看護のおかげで、ついに解毒が成功し、意識を取り戻しました。


イブラヒムはすぐさま邸に帰ると言い出し、ニギャールを悲しませます


ちょうどハティジェがスレイマンとともに出かけようとしたところに、イブラヒムの馬車が到着しました。それを見たハティジェが、てっきり遺体が戻ってきたのかと勘違いしたのが何とも痛ましかったですね


それでも、無事に戻ってきたイブラヒムを見たハティジェはすっかり生気を取り戻しました


一方で、ニギャールの「片思い」を知ったスンビュルは、早速ダイェに報告しています。ニギャールは、二人の間には何もない、自分が勝手に好きなだけだと説明したため、その通りの内容が伝えられました。ダイェはこれでようやくニギャールの苦悩の正体を知り、困惑しながらも納得します。


これは一刻も早く嫁入りを急がねば~とスンビュルには固く口止めしたところで、ニギャールの功績をたたえたハフサが、結婚した後も宮殿に通ってよいと許可してしまいました。ニギャールが宮殿を離れがたいと願ったからです。


ダイェはすぐにイブラヒム邸を出て宮殿に戻ってくるよう命じました。ニギャールがハティジェの寝室に別れを告げに行くと、傍らに寝ていたイブラヒムが、意味深な目つきをしていたのが気になります。温泉でニギャールの看病を受けていた時に、懐かしい母の夢を見せられたからですね。私が側についているわ!


いや~またしてもマトラークチュが可哀想なことになる予感がしてきました


そのイブラヒム暗殺に関しては、ベフラムがスレイマンに謁見したことからベフラムへの疑いが浮上しました。スレイマンは以前彼をアナトリア軍政官から外したのがイブラヒムだったと思いだしたのです


マルコチョールは酒場のエレニカ(Zühre Koç)に頼んでベフラムを誘惑させ、尻尾をつかもうとしますが?


さて、計画が失敗に終わったハフサは、性懲りもなく、無事宮殿に戻ってきたイブラヒムを再びこの闘いに巻き込もうとしていました。イブラヒム的にはもう、あれほど自分を大事に思ってくれているスレイマンの正妻を貶めるつもりは以前より薄れているようなのですけどね~


誰も本気で愛することがなかったスレイマンが、ようやく真実の愛を知った=人間的にも大きく成長したことを、母として喜べないのが何とも残念ですよね。というより、それほどの嫁だから、姑としてはやはり嫉妬せずにはいられんのでしょうか


オスマン帝国外伝2」は続きもとっても楽しみですねオスマン帝国外伝2が面白い(^^)/


前後のあらすじはこちらから

←38話のレビュー  40話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません