グッドワイフ~彼女の決断 あらすじと感想 第1話 アメドラより面白いかも

韓国ドラマ、【グッドワイフ~彼女の決断】を見始めました韓ドラ・グッドワイフが面白かった(^^)/。いや~想像していたよりずっと面白かったです。前回Dlifeで放送した時は余裕が無かったのと、ウィル役がユン・ゲサンさんだと聞いて断念したのですが、今回視聴に踏み切ってよかった~


アメドラより面白いと言い切っちまうのはちと語弊があるんですけどね。アメドラのThe Good Wifeグッド・ワイフ~彼女の評決)は何せシーズン7まで続いた上に、途中も最後もグダグダだったため、ものすご~く面白かった時の印象が相殺されてしまっているんざんす。少なくともおばさんは。その次に始まった「グッド・ファイト」はまたグッドワイフの全盛期同様めちゃ面白いですけどね今回のトランプ大統領のコーエン公聴会と北朝鮮との会談も絶好のネタになりますね( *´艸`)


でも逆にいうと、その面白いところだけとギュッと凝縮したリメイクができれば完成度の高い作品になるはずなのです


第1話を見た印象は、まずキャラに関しては文句なしでした


ユン・ゲサンさんも思いのほか爽やかでしたし、アリシア役のチョン・ドヨンさんが、またスゴク良かった。現在放送中の日本版グッドワイフの常盤貴子さんはアリシアにそっくりでびっくりしましたが(グッドワイフ ネタバレと感想 第1話 杏子がアリシアにそっくりで驚いた!)、チョン・ドヨンさんはジュリアナを越えてましたね。迫力があってものすご~くカッコよかったです。さすがはカンヌ国際映画祭女優賞を獲得しただけのことはあります


ピーター役のユ・ジテさんはイメージ通りでええ感じでしたし、ダイアンもキム・ソヒョンさん(皇太后@奇皇后)で正解~C.バランスキーさんも若くて美しい彼女に喜んでいるのではないでしょうか。ケイリーもイ・ウォングンさん(ファンボ・ユル@ジャグラス)で可愛いし、カリンダのナナさんだけはちと可愛らしすぎですかね~。それにデヴィッド・リー(チャ・スンベ~ペク・スンベ@ジャグラス)には苦笑しきりでした


また法廷でのやり取りもテンポと迫力があって見ごたえがありました。こ~れは面白くなりそうで楽しみです。以下、第1話「夫のスキャンダル」のネタバレのあらすじですグッド・ワイフ~彼女の決断のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


夫、イ・テジュン(ユ・ジテ)の突然の逮捕で、妻のキム・ヘギョン(チョン・ドヨン)の人生は一変してしまいました。テジュンはセヤン中央地検の部長検事をしていたのですが、収賄と性接待で起訴されたのです。その性接待の相手の名は原作と同じアンバーです


懲役3年の実刑判決を受けたテジュンはヘギョンとともに記者会見を開き、自らの無実を訴えて控訴しました。


残されたヘギョンは長年住み慣れた家を売り、二人の子ども、ジフン(ソン・ユビン)とソヨン(パク・シウン~チェギョン子役@七日の王妃)との3人の生活を始めるために、昔取った杵柄の弁護士に復帰します。力になってくれたのは、研修生時代に同期だったソ・ジュンウォン(ユン・ゲサン~ユン・ピルジュ@最高の愛~恋はドゥグンドゥグン)です。ジュンウォンは姉のソ・ミョンヒ(キム・ソヒョン)と共同でMJ法律事務所を経営していました。


ジュンウォンは、研修生時代首席だったヘギョンを高く買って採用しますが、ミョンヒはイ・ジュノ(イ・ウォングン)という若くて有能な弁護士を雇います。ヘギョンとジュノは1つの採用枠を争い、半年間競うことになっています


初日早々ミーティングに遅刻したヘギョンはミョンヒに良い印象を与えることができず、最初からプロボノ(社会奉仕のための無料ケース)の殺人事件を担当させられてしまいました。それも途中からの引継ぎです。


クライアントは夫を殺害した妻=キム・イニョン(コン・サンア)で、すべての証拠はイニョンの有罪を指しているのに、イニョンは無実を訴えていました。夫のDVと浮気が原因で別居はしていたが、殺すほど憎んではいなかったと語ります。


まさに今のヘギョンの心境と同じですよね


あとはやり手の調査員、キム・ダン(ナナ)と組んでうまくやるよう命じられたヘギョンは、そのまま法廷へと向かいました。イニョンには幼い娘のセビ(クム・ソヨン)がいて誰も引き取り手が無いため、このままだと施設に送られてしまうからと保釈を請求しに行ったのです。


そこで会ったのは、マタン、もとい、テジュンの後輩検事、パク・ドソプ(チョン・ソクホ~ハ・ソンジュン@ミセン)です。ヘギョンと面識のあるドソプはいかにもヘギョンを馬鹿にしたように、この件はもう有罪で確定なのだとせせら笑いました。ヘギョンは、昔は優秀だったらしいですねと嫌味を言われても負けず、ベストを尽くすと答えます


が、さすがに数時間前に引き継いだばかりの案件、そして15年ぶりの法廷での緊張も手伝って戸惑っていると、判事のイ・ジョンイン(チェ・ビョンモ)が、「新人でもあるまいし」と非難しました。そこでドソプはすかさず、ヘギョンはテジュンの妻で、弁護士に復帰したばかりなのだと揶揄します


判事は二人を呼びつけてそれは本当なのかと問いただしました。イ・ジョンイン判事こそ、一審でテジュンに有罪を言い渡した裁判官だったのです


ヘギョンは、その通りだが夫の有罪はまだ確定していないと反論しました。それでジョンインはドソプに警告を与え、イニョンの保釈を認めてくれます。なかなか話の分かる公平な判事のようです


その後ヘギョンはテジュンに面会に行き、テジュンからこの事件に関するヒントを教えられました。イニョンに有利な証拠を検察が握りつぶした可能性があるというのです


それでヘギョンは最初から事件を丹念に調べ始めました。イニョンが有罪だという証拠は、凶器に付いていたイニョンの指紋と返り血ですが、イニョンは、真犯人が夫を殺害したのを知って駆けつけた際の物だと主張しています。


が、もし真犯人がいて逃走したとしたら、監視カメラに映っているはずなのに、その映像がありません。


ヘギョンが目をつけたのは、殺害現場となった駐車場の管理人の証言でした。管理人は寝ずに監視カメラの映像をチェックしていたと主張しましたが、掃除のおばさんは、アイツはいつもさぼってばかりいると教えてくれます


またイニョン本人とも話しました。イニョンはヘギョンの置かれた境遇を知り、なぜ離婚しないのかと尋ねます。ヘギョンは、離婚届を渡そうとしたが、囚人服を着た夫には渡せなかったと答えました。同情などしていないつもりなのにまだ気持ちがあるのかしら(;´Д`)


これは記者会見の場でも明らかでしたね。テジュンの背広のボタンが取れかかっていたのを見たイニョンが、ついそのほつれに手を伸ばしてしまったシーン。たとえどんなに卑劣な犯罪を犯そうと、15年も連れ添った相手、かつ我が子の父親をそう簡単に見捨てることはできません


イニョンはヘギョンを信じ、ヘギョンもまたイニョンの言葉を信じました。被告人の無罪を主張します!ミョンヒに逆らったことになります(;´Д`)


ヘギョンはそれと同時に「欠落した証拠」の開示を求めました。堂々と被告人の権利を主張するヘギョンに、ドソプはあれこれ言い訳をした挙句、検察に不利な証拠を隠すのはむしろテジュンのやり口だったと皮肉を言います


双方のやり取りを聞いていた判事は、ドソプに全証拠の開示を求めました。証拠になるかならないかは私が判断する


廊下に出てからもまだ文句を言っているドソプにヘギョンは、研修所は何期だったのかと尋ね、年食ってるように見えるけどまだ新米なのか、それじゃあせいぜい頑張らないとね、とやっつけましたマタンめっ!ざまあみろ!( `ー´)ノ


その後ダンが新証拠を見つけてきます。被害者の服から検出された犬の毛が、被害者が飼っていたシーズーではなく、グレーハウンドの毛だったことが分かったそうです。その毛からは動物の関節炎用ローションが検出されたそうで、ダンはこれを科学捜査研究所勤務の恋人から聞きだしたようですね。ダンは相手を男性の知人だと言いましたが、実際には女性のようです


早くしないと担当をジュノに替えられると聞いたヘギョンは、一層気合を入れて裁判に臨みました


法廷では、ドソプが得意気に事件のあった日の駐車場の映像を映しながら管理人に証言させましたが、ヘギョンはここぞとばかりにこの証拠をぶち壊しますヘギョンアリシアカッコいいわ~(^^)/。事件のあった日の前後を含めた3つの映像を同時に流したところ、まったく同じだったことが判明したのです。いや~ちょうどいいところにビニル袋が飛んでくれて良い目印になりましたね


毎晩0時45分に出現するビニール袋はありません


なんと管理人は監視カメラの映像をコピーしていたのです。事件当夜、管理人は巡回もせず、防犯カメラの映像すらないことがこれで証明されました


傍聴に来ていたジュンウォンの嬉しそうな顔と、悔しそうなドソプの顔が対照的で楽しかったですね


果たしてヘギョンは真犯人を見つけることができるのでしょうか?


グッドワイフ~彼女の決断」は続きもとっても楽しみですグッドワイフ~彼女の決断が面白い(^^)/


前後のあらすじはこちらから

第2話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません