グッド・ドクター名医の条件~あらすじと感想 第7話 22歩

The Good Doctorグッド・ドクター~名医の条件~】の第7話は「22歩」(22 Steps)です。これもまたなかなか楽しく&切なく、そして心温まるエピソードでございましたねグッド・ドクター名医の条件が面白い(^^)/


本家の韓ドラと違ってわざとらしい意地悪キャラがいないのがまたイイですね~。皆が医師という仕事に誇りを持っている様子が伝わってきて、見終わった後爽やかな気分になりますグッド・ドクター~名医の条件は実に良い医療ドラマです♪


以下ネタバレのあらすじですネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回メインに治療した患者は2人~1人は自閉症のリアム・ウェスト(Coby Bird)、もう一人はペースメーカーが壊れたグレン(Paul Dooley)です。


リアムは病院に搬送されてきた時から、恐怖で暴れていました。バスに乗っていたリアムは降りるバス停を間違えてパニックを起こし、転んで額に怪我をしてしまったのだそうです。精神科医はスタッフとともにリアムを抑えつけようとしますが、ショーンが止めに入りました。


He's not psychotic. He's autistic.
彼は精神病じゃない。自閉症だ。


ショーンはリアムをなだめながら適切な処置を施しました。それでリアムはショーンが自分と同じ自閉症だと悟ってそう尋ねますが、ショーンは認めたくないようです


そこへリアムの両親がやってきました。傷の手当てが終わったなら家に連れて帰りたいという彼らにショーンは、リアムには黄疸と発熱、および右腹部に筋性防御が見られるため、検査をしなければいけないと伝えます。


ショーンは早速エコーを撮ってニールに報告に行きました。上行性胆管炎か?


ニールは、細菌が血中に侵入すると敗血症になると指摘し、高脂肪の食事習慣が原因ならERCP(endoscopic retrograde cholangiopancreatography~内視鏡的逆行性胆道膵管造影)で確認した後、広域抗生物質を投与するよう命じました。


どうもリアムが苦手なショーンはクレアにERCPを頼みますが、それでミダゾラムという麻酔薬を使ったところ、呼吸抑制が起きてしまいます。酸素吸入をして症状が治まったのを確認し、検査を進めたところ、リアムは、胆道系全体が瘢痕で厚くなっていたことが判明しました。


本来ならMRI検査が必要ですが、ショーンは、リアムはじっとしていられないためMRIは不可能だと断言します。さらにミダゾラムで証明されたように、リアムには鎮静剤も使えません。


ニールはショーンにリアムを落ち着かせる方法を考えるよう命じました。


そこでショーンは、自閉症の患者が気になることを話題にして集中させようとします。「数」です。ショーンは病院内の歩数を数えて、それをリアムに話しかけました。


最初は怖がっていたリアムも、少しの間だけはこれに反応しましたが、MRIの音が大きくなってきたため、続行は不可能になります。リアムが暴れ出したからです


原因を突き止めなければ治療はできないと、ニールは腹腔鏡を使うことを提案しました。


またクレアは、ショーンがリアムを苦手に感じているのは残念だと指摘します。リアムはむしろショーンを尊敬しているらしいのに


ショーンは、クレアが乾癬だと指摘し、同じ症状の患者が好きか?とやり返しましたが、内心ではやぶさかではなかったようです


腹腔鏡に備えてリアムの腹部に4か所小さな穴を開けることになりました。リアムはやりたくないと言いながら、まだバス停のことにこだわっています僕が間違えた!


その様子を見ていたショーンは「間違えてもいい」のだと諭しました。僕も間違える。いろんな間違いを犯す。


You made a mistake. But mistakes are good. You should make more. You're like me.
君は間違いを犯した。でも間違いはいいことだ。もっともっと間違っていい。君は僕と同じだ


これでリアムが落ち着いてきたところで、ショーンが意外なことに気づきました。リアムの目が充血していたのをぶどう膜炎だと見抜いたのです


すぐに確認したところ、リアムの母はリアムに「カヴァの根」を飲ませていたことが分かりました。これには不安感やストレスを和らげて快眠を促す作用があると言われているそうですが、今回はこのカヴァが免疫異常を生じさせたようです


ニールはリアムの両親に、ショーンを加えたチームでその損傷を取り除くと伝えたところ、彼らはショーンを加えないでほしいと嘆願しました。ショーンが自閉症だから、手術の途中でパニックを起こされたら大変だというのです。


ニールからこの報告を受けたアーロンは、ニールも両親と同じ考えなのかと尋ねました。ニールは、私のチームに対して文句を言われたくない、と答えます。それじゃあ答えになっていない


If you agree with them, then the only issue is somebody stepping on your poor, little toes.
もし彼らと同意見なら、つま先を踏まれて怒っているようなものだ


でもそうじゃない、ショーンにオペができると思うのなら、親にそう言ってやれ。Tell them to go screw themselves.(ク〇くらえ!)


ショーンがオペに参加することに反対するなら、他の病院を紹介するといってやれ~ニールはそのアーロンの言葉に従いました


ニールは、これまでリアムの両親が思う以上にショーンを疑い続け、その能力を試した上で、彼の能力を確信したのです。 I can tell you he has my compete confidence. 私は完璧に彼を信頼している。


いや~これは嬉しかったですね~


リアムの両親はそれでも反対しようとしますが、肝心のリアムが主張しました。僕はマーフィー先生に頼みたい


リアムの信頼通り、ショーンは見事にやってくれました。リアムの病巣は蜂窩織炎(phlegmon)と言ってかなり広範囲な浸潤だったのだそうです。それを見つけたショーンが動かなくなったのを見たニールは、なぜ動かない?と急かしたくせに、ショーンの説明を聞いた途端、動くな!と慌てたのが可笑しかったですね~。だから動いてないってば


ショーンの活躍でリアムの手術は無事終わり、リアムはもちろん、リアムの両親も心からショーンに感謝をしました。そしてリアムは、以前は気になっていた照明の明るさも気にならなくなったようです。精神的なものなのか(=成長した?)、それともぶどう膜炎のせいだったのか。


ショーンが、僕には親がいないからカヴァの根も飲ませてもらえない、だから好酸球増多(hypereosinophilic)も起きないと語ったのには苦笑しきりでした


また2人目のグレンは、ひどい心筋梗塞を過去に2度も起こしていて心室がほとんど機能していなかったそうです。73歳という年齢からも移植は禁忌。ジャレッドは少しでも楽になれるようにと、心臓の左右の心室をペーシングする方法(両室ペースメーカー)を思いつきました


が、グレンはもう死にたいのだと何度も部屋を逃げ出します。実はペースメーカーも自分で壊したのだそうです。


そんなグレンに、今回はジャレッドが寄り添いました。ジャレッドは、確かに家は裕福だったものの、両親が不仲だったのか、それとも多忙すぎたのか、幼い頃からずっと寂しい思いをして育ったのだそうです。


それでジャレッドは自立しようと決意し、自力で医者になったのだそう


妻に去られたと語ったグレンに、ジャレッドは自分も親に捨てられたと語りましたが、グレンは、それはジャレッドのせいではないと慰めてくれます。私は自業自得だがな


最初はいい加減なヤツだと思ったけど、ジャレッドも苦労してきたのですね~。


延命治療を拒否したグレンにジャレッドがその手を握って最後まで付き添いました。ずっと孤独に生きてきたグレンが、最後の最後で、医療者とはいえ、グレンを真剣に心配してくれたジャレッドが側にいてくれたことに、どんなに感謝していたことでしょうか


患者が亡くなったと寂しそうに語ったジャレッドに、クレアもまた自分も同じだと打ち明けました。クレアは、アーロンやカウンセラーが心配したほど落ち込んではいませんでしたが、その強さが災いするかもしれないそうで、その都度誰かに話を聞いてもらった方がよいと勧められていたのです。


またショーンは、ピクセルが見えなくて済む高画質のテレビがほしくてうずうずしていたようです。でもアーロンはそんなショーンを過剰なほどに心配し、ジェシカから、若いレジデントなんてそんなものだとたしなめられていました。それでも大丈夫、彼らはちゃんと成長するわ


グッド・ドクター~名医の条件~」は続きもとっても楽しみです


前後のあらすじはこちらから

←6話のレビュー  8話のレビュー→



グッド・ドクター 名医の条件 シーズン1 DVD コンプリートBOX (初回生産限定)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ