3年A組 ネタバレと感想 第9話 衝撃の告白!?

菅田将暉さん主演の【3年A組~今日から皆さんは人質です】は9話もまたよか話だったばい


ただラストシーンの衝撃の告白と、柊や五十嵐たちが命懸けで潰そうとした巨悪)とは繋がらないような気がするので、そこにもう1つ謎が隠されているのは明白でしょうな。すべては来週=最終回のお楽しみ、というところでしょうか


以下、それでも十分大感動の第9話のネタバレのあらすじです3年A組のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ドラマは3年後の3月9日、3年A組の生徒たちが皆、柊の3回忌に集まったシーンから始まりました


ダンスで世界を目指していた甲斐は(母親のために)介護士の資格を取り、兵頭新(若林時英)は寿司屋になったそうです。8話で「誰も寝てはならぬ」を熱唱していた辻本佑香(大原優乃)は、音楽プロデューサーをしている立野寛人(森山瑛)の父の力を借りてCDデビューを果たし、そのタイトルの文字は書道部に所属していた浅見沙也(若林薫)が書いたのだそう


また以前からSNSにのめりこんでいた結城美咲(箭内夢菜)はYouTuberになったそうで、いまだにフォロワーの数を自慢しているところはまったく変わっていません


そして華は須永に12回も告白し、その12回目は背負い投げでもって、ついに須永を落としたのだそうです


クラスで最もモテていた里見は、親衛隊の中でも大人しかった金沢玲央(新條由芽)と学生結婚したそうです。


また花恋はオリンピックの強化合宿に呼ばれたらしく、真壁は専属トレーナーをしているそうです。瀬尾もどこの大学かは分からんけど、ちゃんと大学で陸上を続けていたようでした


電脳部に所属していた西崎はファイター田中の下でスーツアクターをしているそうです。よほどファイター田中のガルムフェニックスに衝撃を受けたようですね


また唯月は事務所を変ってからもコツコツとモデルを続けていて、雑誌のグラビアに掲載されていたそうです。


さくらだけがまだ姿を見せませんでしたが、皆は柊の遺影が見守る中、逢沢が撮影した澪奈のドキュメンタリーを見ることになりました。


そこからまた舞台が過去へと戻ります


今、柊は最後の仕上げに入ろうとしていました。それには柊が全国民の敵になる必要があるのだそうです??


協力者の相楽は、武智ではなく柊の顔が映ったこれまたフェイク動画をネットにアップして柊にその旨を連絡をしてきました。柊を田中が「ガルムフェニックス」を譲るだけの価値のある男だったと称え、警察に連行されていきます。


柊は教壇に立ち、ネットで非難されている柊を心配する生徒たちに、すべてを説明し始めました。


これからお前たちに全てを話す。俺の計画も本当の目的も。想像力をかき立ててよく聞いてほしい。


そう言われた生徒たちの真剣な顔がまた嬉しかったですね。一言も聞き漏らすまいというひたむきなまなざし。いい顔だ


柊はそう言って、文香のことを話し始めました。文香と柊は学生時代からの恋人だったそうです。武智の秘密を暴いた文香はフェイク動画を流されて精神を病んでしまいました。柊は、武智の悪事を暴くために魁皇高校にやってきたのだそうです。


でもそこで、学生時代に患ったガンが再発したため、調べられずにいたところ、澪奈のフェイク動画が投稿されたことから、柊は澪奈に直接話を聞いたのだそうです。その時澪奈は

「私はもう私じゃない。助けて先生」

そう言って泣いたのだとか。


澪奈はその後すぐに武智を説得するために学校を出て行って亡くなったそうです。が、その日武智は澪奈には会っていなかったことが分かったそうです。


またその日は柊が余命を宣告された日でもあったそうです。


澪奈より先に死ぬはずだったのに生き残ってしまった自分がやるべきことは何なのか~そう自問自答を続けた結果、今回の計画に至ったそうです。


柊は最初に逢沢に声をかけ、澪奈の仇を討ちたいから協力してほしいと頼みました。柊は文香と同じように武智のフェイク動画に苦しんだ澪奈をなんとか助けたかったのに、死なせてしまったことをひどく後悔していたのです。


たとえ武智という犯人を捕まえても、世の中の考え方が変わらなければまた第二第三の文香や澪奈が出てしまうと憂えた柊は、せめて愛する生徒たちだけは救いたいと命懸けの授業を始めたのだそう


柊の目的は3つあったそうで、1つめは武智に己の過ちを気づかせること、2つめはまだ不明、そして3つめは生徒たちに「考えることの大切さ」を教えることでした。


柊は自らの手にナイフを刺し、最後にもう一度だけ傷つけられたら痛みを感じるのだと教えこみ、生徒たちがこの10日間で見違えるほど変わってくれたことが何より嬉しかったと語ります。俺を教師にしてくれて、ありがとう


~これを受けてただ一人「ありがとうございます」と立ち上がったのが、寿司屋になった兵頭ですよね


柊はそう語って、人質にした郡司を連れて屋上へ行こうとしました。するとそこにさくらがやってきて、これまで「最後まで見届けるよう言われた」から黙っていたが、苦しくてたまらない、と訴えます。


ずっとフタをして来たものが真実なのか偽りなのか?


そしてさくらは皆の前で告白しました。私が澪奈を殺したの。


その時屋上では銃声がし、柊がバタンと倒れ込んでいました


いや~とんでもない展開にしばし呆然としてしまいましたが、まず澪奈の告白は、多分、柊の授業の成果なのでしょう。さくらが澪奈を直接殺したはずはないと信じたいので、澪奈を自殺に追い込むようなことをしてしまった、という意味だと解釈したいです。


でも冒頭でも触れたように、それが柊の最終目的だとは思えません。さくらを自白させるためだけなら、ここまでしなくても良さそうなものですよね。だってさくらはもともと他の誰よりもよく考える子どもだったのですもの


それでも、さくらを矢面に立たせないために柊が全国民の敵になった、とも解釈できる気もします。でもそれだけではないですよね。


なにせ柊が「立てこもった最大の理由」~2つめの理由は、視聴者には明かされていなくても子どもたちは聞いていたはずですから、それとさくらの告白は別なことは明らかです。


ちなみに1つめの目的は達成されたと言ってよいでしょう。柊の動画がアップされたおかげで、武智は世間的にはあっさり「無実」となったのですが、本人自身が心を病み、誰を見ても何を聞いても自分を非難しているように思えていたようです


あ~下手な考え休むに似たり、でござりまするね。来週の最終回を心待ちにしたいと思いまする


前後のあらすじはこちらから

←8話のレビュー  最終回レビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません