FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿 最終回 ネタバレと感想 終わりのない物語

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿】もついに最終回を迎えました。「終わりのない物語」というからにはせめてもう少し続けてほしかったですね~。英語の副題は「The Last Death of Henry Morgan」(ヘンリー・モーガンの最後の死)です。


とはいえ、アメドラですし、すっきり終わる訳はないとは思っていたので、その割にはなかなか良いエンディングだったように思いました。おばさんは妄想族なので、あ~あの後はこうなったに違いない、ああなったに違いないと、大いに妄想して楽しませていただきましたForeverが大好きだった( *´艸`)


以下ネタバレのあらすじですDrモーガンのNY事件、最終回のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


博物館の学芸員=ブレア・ドライデンが遺体で発見されました。ブレアの上司で古代部門の主任をしているダイアン・クラーク(Angel Desai~サムライ7のGF@ダメージ)の案内で早速職場を調べたところ、ブレアが調べていたのは「プギオ」だったことが判明します。そう、あのアダムを最初に殺したローマ時代の武器です


今回ヘンリーとエイブはアビゲイルの遺骨をハドソン川に散骨しました。ヘンリーは、アビゲイルがヘンリーを庇って死んだことが悔やまれてならず、アダムへの復讐を誓っています


He's immortal. You can't kill him. Henry, there's no revenge.
彼は死なない。殺すことすらできないんだぞ。復讐なんて止めろ。


エイブの忠告にも耳を貸そうとしなかったところに、このプギオです。唯一アダムを殺せるかもしれない武器が見つかったのですから心穏やかでいられるはずがありません。しかもブレア殺しにもアダムが関わっているに違いありません


プギオが見つかったと聞いたエイブは、逆に、ヘンリーを殺せる銃を金庫に隠しました。いつアダムがこれを狙ってくるか分からないからです。しかもアダムは今やプロの殺し屋なのです


一方のジョーは、ブレアが最後に電話をかけた相手を見つけました。オーブリー・グリフィン(John Noble~マシュー・アッシュボー@グッド・ワイフ4)という学者です。ブレアは死ぬ前にグリフィンを訪れてプギオに関する所見を聞いたのだそうです。


オーブリーによると、そのプギオはなんと紀元前44年3月15日にジュリアス・シーザーを暗殺した短剣の1つだったのだそうです。それでシーザーの呪いがかかり、アダムは死ねないでいるのでしょうか?


話を聞いたブレアはその後、フィアンセのドゥエイン(Craig De Lorenzo)に会い、この話を打ち明けたところ、ドゥエインは、金になるならネットで売ろうと言い出したのだとか。ブレアは断ったのに、ドゥエインの友人のザンダー・デソートが乗り気になり、ブレアからプギオを奪ったとの連絡があったのだそうです。


早速ザンダーを訪ねたところ、彼は見るも無残な姿になっていました。拷問したのはアダムです


アダムは、プギオから手を引かなければ大切な人を殺すとヘンリーを脅しました。そこへ室内を物色していたジョーが戻ってきたから大変です。ヘンリーはなんとかしてジョーを止めようとしましたが、ジョーは聞かずにアダムのいる方へ入っていったため、その前に飛び出すしかありませんでした


何をしているの?あなたを撃つところだったわ!?


ジョーのヘンリーへの不信が広がっていきます。ヘンリーが警察の目をプギオからそらせようとしたから尚更です。プギオの「呪い」などと言ってもジョーは信じてくれません。


そこへ、優秀なルーカスが、ブレアとザンダーの共通点を見つけてきました。ふたりは警備員の警棒で殴られていたのです。


ヘンリーはジョーに黙って警備員のケン(Mike Houston~警官@グッド・ワイフ1)に近づき、短剣を渡すよう促しますが、逆に警棒で叩かれてしまい、結局はジョーに助けられることになります


どうかしてるわ


ヘンリーがジョーを守りたいなどと言ってもこれでは相手にされませんね


ハンソンがケンを取り調べている最中に、ヘンリーはケンの手の震えから、彼が腎臓疾患を患っていることに気づきました。そこでヘンリーはジョーに取り調べを代わるよう勧め、ケンに渡す飲み物の中に制酸剤を入れてジョーに渡します。


それを飲んだケンは高マグネシウム血症のせいで発作を起こしたため、ヘンリーはジョーが医者を呼びに行った隙に短剣の在りかを教えろと脅しました。


これに気づいたジョーはこれですっかり怒ってしまいます。ヘンリーが何かを隠していると確信したからです。私を信じていないのね


一方のヘンリーは、ケンから依頼者はオーブリーだと聞いて、彼を訪ねていきました。オーブリーがなぜそれほどまでにあのプギオにこだわるのかを問いただしたところ、オーブリーは衝撃的な理由を明かしてくれます。オーブリーは、アウシュビッツの収容所で捕虜に実験をしたヨーゼフ・メンゲレというドイツ人医師の手記を読んだのだそうです。


そこにはアダムの不老不死について書かれていました。アダムは実験の苦しさに耐えかねて、不老不死になった理由があのプギオだったと白状してしまったのだそうです。


それを知ったオーブリーは、何としてもプギオを手に入れたかったのだそうです。それで金でケンを雇い、ブレアやザンダーを襲ったのですね~。でも殺したのはアダムなのかな


そこへジョーがやってきました。ジョーは、どんなにヘンリーが説明しようとしても耳を貸さず、プギオを警察に持ち帰ってしまいます


Here's what you've been to me. You are someone who has frustrated me and confused me and made me look at life in a different way. And, most importantly, you have made me feel again.
私にとってあなたは一緒にいるとすごくイライラさせられるし混乱させられたけど、人生の違う見方を教えてくれる人だった。それに、一番大事なのは、あなたは私に再び感情を呼び戻してくれた。


ああそれなのに。。。


ヘンリーが帰宅すると、エイブがまるで番犬みたいにあの拳銃の前で見張りをしていたのが嬉しかったですね~


ヘンリーは、ジョーにどんな風に思われてもとにかくジョーを守ると決意し、ルーカスにプギオを持ち出してくるよう命じます


ルーカスは、既にジョーから釘を刺された、そんなことをしたらクビだ、と言いつつ、既にプギオを持ち出していてくれました。ヘンリーを本物の天才だと称さんし、ヘンリーが好きそうなミルトンの言葉を引用します。賢く見せたかったから


You are smart, Lucas. I'm proud of you.
君は賢いよ、ルーカス。誇りに思っている。


ヘンリーはプギオを持って、アダムに会いに行きました。彼を線路の地下に呼び出します。


そこでアダムもヘンリーを殺せる拳銃を持っていました。もしかすると最初から偽物を渡したのかもしれませんよね


ヘンリーは、死ぬことなど怖れていないと息巻きますが、アダムは、ヘンリーは愛するジョーに秘密を知られることを怖れていると見抜いていました。ジョーはヘンリーの後を追ってきていて、アダムが発砲した音を頼りに、二人の側に近づいてきています


ここで本当に死ぬか、もしくは、いつも通り消えてしまうか~どのみちそれをジョーに見られるとうそぶくアダムに、ヘンリーは、もう1つ用意してきた注射を突きさしました。どうやら血管に空気を注入したようです


I'm not a killer. I'm a doctor.
僕は人殺しじゃない。医者だ。


その頃エイブは、いつものように川の近くで待機していたそうです。早く来い!必ず戻って来い!とヤキモキしているエイブが大~好きなおばさんです


そしてその願い通り、ヘンリーは川に現れました。結局はあの拳銃でさえヘンリーを殺すことはできなかったのです。


現場に駆け付けたジョーは、ヘンリーの懐中時計と、アダムが持ってきた「赤ん坊のエイブを抱いたアビゲイルとヘンリーの写真」を拾いました。いかにも古ぼけた写真のヘンリーは今とまったく変わっていません。


そしてアダムは「脳幹部分の空気塞栓症」が原因で、脳は活動しているものの、身体機能は完全にマヒするという閉じ込め症候群にされたそうです


医師はこの状態が一生続くかもしれないと気の毒がりましたが、ヘンリーがアダムに囁いたように、不老不死のアダムならいつか治療の方法が見つかるかもしれません。それより前に不老不死に気づかれたら、またしても実験台にされちゃうかもしれませんね


かつてエイブを引き取ったばかりの頃、ヘンリーはアビゲイルに不老不死を打ち明けていなかったのだそうです。その頃アビゲイルに付きまとっていた男をやっつけようとして返り討ちに遭い、それで死んで消え、また蘇ったために、アビゲイルの知るところとなったのだとか。


夜中にこっそり戻ってきてエイブに別れを告げようとしたヘンリーを見たアビゲイルは、ただ一言、可哀想に(You poor man)と言ってヘンリーを抱きしめてくれたそうです


これからはジョーが、アビゲイルやエイブと同じように、ヘンリーを支えてくれるに違いありません。Forever~命ある限りエイブが心配していた「跡継ぎ」がようやく見つかりました( *´艸`)


シーズン1で終わってしまったドラマと聞いて、最初は二の足を踏みましたが、視聴に踏み切って本当に良かったです。ヘンリーもジョーも、そしてエイブやルーカスにハンソンも、皆大好きで大いに楽しめました


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ