初めて恋をした日に読む話 ネタバレと感想 第8話 雅志も山下もいい奴だ(/_;)

深田恭子さん主演のラブコメディ、【初めて恋をした日に読む話】(はじこい)は8話がまた実に面白かったですね~。順子と恭平、雅志に山下との四角関係だけでもラブコメとしては楽しいんですが、せっかく10話もあるのだから、他の話も絡んできた方が物語に深みが出ますよね


以下早速ネタバレですはじこいのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


前回の予告で気になっていたところ~匡平がグレてしまった大きな理由は、匡平の父、菖次郎が政治家の不正に巻き込まれてマスコミから叩かれてしまったことでした


菖次郎はやけ酒を飲み、

「東大なんて止めろ、東大へ行ったところで、どうせ政治家に利用されるだけ。ずっと一生懸命やってきたのにこのザマだ!」

とくだをまきます


菖次郎は、匡平が中学の時、妻を病気で亡くしたらしいのですが、その時も仕事を理由に死に目にすら会えなかったのだそうです。中学生だった匡平はたったひとりで病室で母の最期をみとったそうで、その時の光景が未だに忘れられないのだそう


おばさんも昨年母を看取りました。この年ですからまだ諦めもつきますが、中学生でお母さんを亡くした上、そこに頼るべき父親がいなかった匡平の気持ちは察するに余り有ります


それに加えて、よりにもよって匡平の最後の模試の日、順子は、教師にはなにもできることがないとの山下の誘いでデートに出かけ、それだけならいいんだけど、帰りもバイクで塾迄送ってもらったために、匡平がふたりを目にしてしまったのです


今の時期はデリケートだから、気を遣ってやれよ


全くね~雅志の言う通りですよ雅志はホント、気配りの男なんざんす( *´艸`)


その雅志は、匡平がこっそりカフェで勉強しているのを見て家に呼んでくれます。俺んち来ないか?ってラブコメ的には誘う相手を間違ってますが、そこが雅志の愛すべきところざんす


雅志は匡平がようやく自分から勉強を面白いと感じ、どんどん新しいことを学びたいという「欲」が出てきたことに気づいてくれたのだそうです。だから、周りがどうあれ、今の匡平は勉強したくてたまらんのだす


まさに教師みょうりに尽きるとはこのことですよね。それをその教師がふらふらデートだなんて!ってまあこと猪突猛進の順子に限ってはそれぐらいの息抜きも必要ですが


その日、実は雅志も牧瀬とデートをしていました。これは美和の提案で、別々の場所でのダブルデート?です。


順子と山下は、目当ての場所はどこも満杯で入れなかったもののそれなりにいい雰囲気でしたが、雅志と牧瀬のデートは残念としか言いようがありませんでしたね。なんと雅志は牧瀬を牧場に誘ったのですよ。いや~牧場が悪いわけじゃないけど、初めてのデートで、しかも33歳の男女が行くとこじゃありませんヨ


恋愛にはかなりズレてる雅志だけれど、人間としてはサイコーです。今回雅志は匡平に、プレッシャーから逃げるな!と励ましてくれました


人が動く動機は究極的には2つだ。自分の幸せのためか、好きな人の幸せのため。


雅志は好きな人=順子が幸せになるために匡平を気にかけているのですが、匡平の場合は、それが一致している=匡平が合格することが順子の幸せにつながるなんて、そんなラッキーなプレッシャーはないだろう?と語ります。


思いっきり、プレッシャー背負ってみろよ。


いや~良い奴だな~雅志。おばさんが順子に雅志のイイトコ教えてあげたいですわ順子はどうして雅志の良さに気づかないんだ( `ー´)ノ


でも今回は山下も男気を見せてくれます。なんと、菖次郎を巻き込んで不正を働いた政治家、吉川恒彦官房副長官(平泉成~円屋萬歳@昭和元禄落語心中)は、山下の元嫁の父、つまりは舅だったそうなのです!?


山下は、匡平の教師として元舅に会いに行きました。どうか本当の事を話してください!


すると吉川は山下に条件を突き付けてきます。それは山下が娘の優華と再婚し、教師を辞めて吉川の地盤を継ぐ=政治家になること


吉川は仮病で入院したと騒がれていましたが、実際は深刻な病を患っているらしく、これを機に婿に後を譲りたかったようですね。また優華は、いつも離婚届で山下を脅していたのは、山下が優香を好きかどうかいつも不安だったからなのだとか


優華は自分から山下に結婚してほしいと頼んだそうで、その時山下は優華のことを「好きになりたい」と答えたのだそうです。


そしてこの答えは、順子が山下に言った言葉でもありました。それがどんな気持ちで発した言葉なのか、山下が一番よく知っているという訳です


山下は吉川の条件を受け入れ、菖次郎は最悪の事態を免れました


ヤンキー先生から政治家って苦労人っぽくて票取れるらしい


心配して駆けつけてきた順子に、山下はこう言って笑いました。


いつか議員の先生とやらになったら、東大出の官僚、あごで使ってやるよ


これで順子にとって一生忘れられない男になれば、それはそれで悪くないと思ったそうです。


幸せになってほしい。初めて好きになった人だから、順子ちゃんは


また匡平も学校で山下に礼を言います。山下は、自分のためにしたことだ、お前もお前のために、必ず東大に合格し、

「ゼッテーあいつを笑顔にしろ

と檄を飛ばしました


エリートポンコツなんかに負けやがったらただじゃおかねえからな


って、そのエリートポンコツ=雅志はなんとロシアに3年間の転勤を命じられたそうです。あ~今度こそ告白しようとしていたのに、どんだけ間の悪い男なんだか一生安心できる従兄のままか!( ;∀;)


でも予告では、いきなり、頑張って順子にキスを迫ってましたね?


頑張ってほしいけど、墓穴を掘りそうな予感が拭えないのはおばさんだけじゃありませんよね


楽しく見てきた「はじこい」も残すところあと2話となりました。来週の放送も楽しみですねはじこいが楽しみ( *´艸`)


前後のあらすじはこちらから

←7話のレビュー  9話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません