いだてん あらすじと感想 第10話「真夏の夜の夢」で四三の気概に感服!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第10話は「真夏の夜の夢」です。確かに悪夢のような日々だったようですね~。でもドラマとしては面白かったですよ~


以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ストックホルムに着いた四三たちは、治五郎ばかりか監督の大森も抜きで練習を開始する羽目になりました。白夜のせいで夜になっても夜にならないというのは、やはり自律神経に狂いが生じ、持病を持つ方には苦しいのかもしれませんね


それでも四三と弥彦は、なんとか個々人で練習を進めました。四三は、通訳のダニエルとともにマラソンコースを試走しますがIt's OKばい!、弥彦はたった一人で、しかも、西欧人の強豪がひしめく中、その隣で走らなければなりません


そこで弥彦は己の実力の無さをタップリ思い知らされてしまいます。何せ弥彦の100mの記録は12秒台なのです。今や12秒なんて小学生でも走れる記録ですが、当時の日本では速かったのでしょうね~。でも外国人は10秒台で走っているのです。


かたや四三は何せ「ワールドレコードホルダー(世界記録保持者)として名を馳せています。現地での取材は、最初こそふたりのインタビューも取りましたが、その後はずっと四三目当ての記者ばかりやってきました。


またふたりの英語力も、ある意味災いしたようですね。弥彦の英語力はかなりのもので、日本人を揶揄する言葉も聞こえてしまい、それに対して怒ったり逆におもねったりしなければならなかったけれど、四三の英語力は相変わらずチョボチョボで、悪口を言われてもよく理解できなかったのです


顕著だったのは、ポルトガルのマラソンランナー、フランシスコ・ラザロとの会話でした。このラザロは実在の人物で、四三同様、否四三よりもっと歴史に名を残した人物でもあるのですが、ここでのネタバレは控えまするね


ラザロは四三の「足袋」を見て、それを脱いで足を見せろと言い出します。四三が脱いでみせると、可笑しそうに笑いました。足袋の足先が2つに割れているため、四三の足も鹿の蹄みたいに先が割れているのかと思ったというのです


聞きようによっては、というより、おそらくは皮肉なのでしょうが、四三にはそれが通じず、同じマラソンランナーとして足袋をプレゼントすると言い出しました。ラザロは故郷で大工をしているそうで、電車代を払えずにいつも走っていたらスカウトされたのだそうです。まさに四三と同じです。


四三が日本の大工=カーペンターは皆この足袋を履いているのだと教えると、ラザロはすっかり「カーペンターシューズ」を気に入り、帰国したら皆に見せると大喜びでした


その様子を見ていた他の国の競技者たちもこぞって足袋が欲しいとせがんだため、四三は早速播磨屋に電報を打ち、足袋を送ってくれるよう頼んだそうです


そんな風にすっかり皆の人気者となった四三に比べ、日に日に劣等感と孤独感の塊になっていった弥彦は、ついに、部屋の窓から飛び降り自殺を図ろうとしました。それが予告にあったシーンです


弥彦の気持ちを知った四三は、誰からも期待されないなら気が楽でいい、自分たちの役割は勝つことではなく、まずは舞台に立つことだと励ましました。まずは、日本人として初めてオリンピックに出ること!


ようやく弥彦に痛快男子らしい明るさが戻ってきた頃、こちらもよ~~~~やく治五郎がストックホルムに到着しました


その時弥彦と四三は夜中のパーティーを楽しむ地元民に苦情を言いに行ったのに逆に歌を歌えとはやされて、仕方なく、「君が代」を歌っていたところでした。いや~自転車節を歌うのかと期待しましたが、四三が君が代を歌ったのには深い理由があったようです


四三はシベリア鉄道の旅でもそう感じていたように、自分は日本人であり、たとえオリンピックが西洋の物であっても、日本人としての誇りを捨てる必要はまったくないと感じていたようなのです


その証に四三は、入場の際のプラカードの表示は、JAPANではなく「日本」と書くべきだと主張しましたおるはJapan人じゃなか!日本人ばい!!


皆が笑いだす中、四三はキッパリこう言ってのけます。そうでなければ、おる(私)は出ません!!


実に潔いですね~。西洋人と仲良くなるのは結構だけど、必要以上におもねる必要はありません。平和をぶち壊している張本人にノーベル平和賞を推薦するなどと語ったどこかの首相にこの気概を見せてやりたかったですわ。あ、体調が悪いせいで自分をコントロールできんて


さ~て来週はいよいよオリンピックが開催されます。弥彦は100m、200m、400m、そして四三は1万mとマラソンに出場するそうです。今からワクワクしてきますね~


頑張れ四三!頑張れ弥彦!!
頑張れ、日本!!


前後のあらすじはこちらから

←9話のレビュー  11話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、こんにちは~♬
いつも応援ありがとうございます!

そうなんですよ~最近調子がよかったもので、
ついつい年甲斐もなく張り切り過ぎました(;´Д`)。
しばらくはゆっくりペースで行きますね~。

お、Fさんもいだてん、ご覧になっていたのですね~。
いいですよね~イッツオーケーばい!(笑

来週の本番が今から楽しみですね~(^^)/。こん
p.s.まんぷくは来週には追いつきまする~たぶん(^_-)-☆

2019/03/12 (Tue) 11:53 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ