グッドワイフ ネタバレと感想 第9話 堕ちた正義

常盤貴子さん主演の日曜劇場、【グッドワイフ】の9話は「堕ちた正義」です。いや~だからって何も殺さんでもよかったのにね~イーライ。以下早速ネタバレですグッドワイフのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


裏切り者はやはりイーライ、もとい佐々木でした。佐々木の夢は「強い検察」を作ることであり、それには南原が必要だったのだそうです。


壮一郎は、佐々木が遠山亜紀を懐柔した金額までズバリ言い当てたことから、佐々木こそが遠山に金を渡した張本人だと気づいたそうです。あ~その辺はマークしてませんでした


国のために不正を見逃すのが正しいと思うなら、お前はもう検事じゃない!


そう言われた佐々木は、ふたりの行く道が違っただけだとのたまい、屋上から飛び降り自殺してしまいますえ~死ぬことなかったのに(;´Д`)。何も死ななくても良かったのに、それは佐々木のプライドが許さなかったのでしょうか。


これにより南原も起訴され、壮一郎は晴れて部長検事に復帰しました。


また杏子も朝陽との闘いに勝利し、事務所に残れることになります。ここにはでも「夫が部長検事」という神山の計算が働いたようです


この決定に腹を立てた朝陽は、その後、脇坂に協力していくことになります。実際のアメドラでは、朝飛にあたるケイリーは弁護士を辞めて検事として活躍していきますが、日本ではあまり聞いたことないですね


その脇坂も壮一郎に卑怯な手で一矢報いました。杏子に壮一郎と円香の不倫を暴露したのです。


後で円香本人が杏子に説明したところによると、当時DV夫のことを壮一郎に相談しているうちに恋心が芽生えてしまった円香が一方的に関係を迫ってしまったのだそうです。それもたった1度で、その後は自ら検察を辞めて現在に至っていたそうです。


円香をようやくできた親友だと喜んでいた杏子のショックは大きいですよね~。杏子はこれで壮一郎との離婚を決意し、円香には、事務所を辞めるわけにいかないから、仕事ではこれまで通り協力してほしいと言い渡しました。でも円香は事務所を辞める決意をしたようでしたね。


一方、多田はついに杏子に留守電の話を切り出します。多田の留守電を消したのが壮一郎だということも、杏子を幻滅させた一因でしょう


とはいえ杏子も多田の告白にそう簡単に応じることはできません。だって夫の不倫を理由に離婚しようとしているのに、自分も不倫する訳にはいかんですよね。そこはゼッタイ踏みとどまらなくてはいけません。多田と一緒になるとしても、壮一郎と別れてからです


その壮一郎も思わぬ反撃に打って出ました。多田が、ある特定の裁判官の時に勝率が高いと気づいたのです。フットサル仲間の小宮裁判官ですね~


しかも壮一郎は、この捜査を脇坂に命じました。脇坂には異動の内示が出ていたそうで、壮一郎は自分に協力すれば異動を取り消してやろうと持ち掛けたのです


~この多田の贈収賄疑惑はアメドラと同じですねシーズン3でしたかね~


来週は最終回だそうですから、いったいどこで幕引きをするのか、に注目ですね


前後のあらすじはこちらから

←8話のレビュー  最終回レビュー→



アメドラもめっちゃ面白いですよ~アマゾンプライムなら見放題!


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません