ブラックリスト3 最終回ネタバレと感想 第22&23話 アレグザンダー・カーク

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演の【ブラックリスト3】の22話と23話(最終回)は「アレグザンダー・カーク No.14」(Alexander Kirk)の前後編です。前編では、否、リズが死んだ頃からもやっとしていたことがよ~やくスッキリいたしましたね。以下すぐにネタバレですやっぱりリズは生きてたよ~!( `ー´)ノ


やはり、リズは生きていました。しかもこの芝居の黒幕はミスター・キャプランです。どーりで、なんだか態度がおかしいと思いましたよ。トムも知っていたのでしょうかね~。本来ならもっと悲しんでも良さそうだったと思ってはいたけれど、この人は元々無表情なのでなかなか読めんわ


キャプランはニックを抱きこんでリズを仮死状態にし、まんまとレッドを騙しました。理由は、レッドが側にいたら、リズのみならずアグネスも危険にさらされると信じたからです。


でもその考えは実に浅はかでございました。キャプランはレッドの目をごまかしてトムとアグネスをキューバに逃亡させたのですが、そのトムをアレグザンダー・カークが追っていったからです。そうそう、リズが彼に狙われていたことを忘れちゃいかんでしょ


このアレグザンダー・カークこそ、かつてはコンスタンティン・ロストフ(Ulrich Thomsen)といい、マーシャ、すなわちリズの父親だったのだそうです。レッド曰く、ロシアで巨万の富を得たカークは世界中の政治家に金を用立てているのだそうで、今回はアメリカ次期大統領のディアス(Benito Martinez~トッド・デンバー検事@殺人を無罪にする方法)に選挙資金を融通していたところを、レッドとスコティ―に利用されました


とはいうものの、おばさんは個人的にリズの父親はレッドだといまだに信じているので、そう簡単には騙されません。ってそれこそが騙されているのかもしれませんけど


カークはまんまとトムを倒し(生死不明)、リズとアグネスを手に入れたようで、リズとは親子の名乗りも挙げていました。果たしてリズの反応やいかに?


またトムの母親も明らかになっています。スコティ―ことスーザン・ハーグレイヴです。トムの本名はクリストファーだったそうで、幼い時に海辺で誘拐されたらしいです


大分前からこの事を知っていたらしいレッドからこの話を聞いたトムは、一旦はスーザンをリズの仇として殺そうとしましたが、さすがに母親を殺すことはできなかったようですね。


またトムは、ソロモンも殺そうとしましたが、遺体はなかったのでどうやら未遂に終わったようです。果たしてどこへ消えたのでしょうか?


リズの仇を討とうというレッドの志に共感して強盗や脅迫に手を貸したFBIメンバーにも、リズの生存が伝えられました。いや~アラムの喜ぶ顔が目に浮かぶようですね


シーズン3はこれまでの布石があちこちで回収されて、実にエキサイティングなシーズンで面白かったですね。無事リズも生還した今後はどのような展開が待っているのか、シーズン4が楽しみですね



ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ