オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 49話 反抗

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の49話は「反抗」です。子どもが親に反抗するのはむしろフツーなんですが、そうはいかなさそうなのが、この時代、この国の怖いところでござりまするね。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ムスタファの抗議に激怒したスレイマンは、息子への殺意を覚えてしまった様です。スレイマンはそんな自分を反省し、イブラヒムに相談しますが、イブラヒムは、ムスタファはスレイマンによく似ている、ふたりとも慈悲深い、と慰めました。


そうそう、悪いのはマヒデブラン。今回ばかりはハフサでさえマヒデブランを諫めていましたものね。なぜ息子にそんなことを話したのか、って。


が、ムスタファは、今回ばかりは譲らないと徹底抗戦の構えで、金曜礼拝も欠席するとのたまいます。この行為は下手をすれば「謀反」と解釈されかねないそうで、マヒデブランはひどく焦りましたが、ムスタファは耳を貸しません。今やノラをすっかり気に入って、朝も夜も侍らせています


いっそのことマヒデブランが本当のことを話せばいいのですよね~。悪いのは自分で、ヒュッレムはダイェを庇おうとしただけだって。でもそれはしたくないんだから、息子より自分のメンツが大事なんですよ、この人は


マヒデブランはイブラヒムに助けを求めようとしますが、イブラヒムはニギャールの家で「政務に励んでいるため、なかなか戻ってきません。最近ハティジェは、双子のおかげで、気持ちが安定しているようですね。


イブラヒムがスレイマンとムスタファの板挟みになるのは気の毒だけど、浮気なんかしているからだと思えば、それも自業自得ですわね


さてそのスレイマンはスンビュルを呼び、ダイェの追放を取りやめて元の役職に戻すよう命じました。スンビュルは早速ハフサにこれを伝えに行きます


ないがしろにされたと怒ったハフサはすぐにスレイマンに抗議に来ます。またしてもヒュッレムの横やりか!


スレイマンは呆れ果てたように、そうではなくてハフサが後宮を運営できていないから、やむを得ず介入したのだと説明しました。もちろん、ハフサが納得するはずもありません。いっそ母を追放し、ヒュッレムを後継者にすればいいと言い放ちます。おまえのこんな姿を見たくはなかった


って、こっちのセリフですよね~ハフサ、サイテー( `ー´)ノ。シーズン1はまだ理性を保っていたけど、2に入ったらまるで鬼夜叉だもの


そんな事とは知らないギュルシャーが威張り腐っているのをスンビュルが鼻で笑ったシーン、可笑しかったですね~命令は聞かないわよ、女狐め。もうあんたの天下は終わりよ、アンポンタンさん


~アンポンタン、って悪口、ものすご~く久しぶりに聞きました


それは料理長やギュルも同様です。特に料理長は、この話を知らずに、尊敬するダイェのために旅立ち用のお弁当まで作ってくれたのです。ダイェがどんだけ皆に慕われているか、の証ですね


それでも空威張りするギュルシャーをこのふたりが笑い飛ばしたのには一緒になって大笑いしましたあんたは今やただの腹黒い黄色いサソリ、ネズミの顔をした女狐!!まったくギュルは口が悪いわ~( *´艸`)


虎の威を借りる狐がこてんぱんにやっつけられてざまあみろ、でござりましたねギュルシャーめっ!( `ー´)ノ。やっぱりハレムの真ん中にいるのはダイェじゃなくちゃ、ね


またマルコチョールは、ついにアイビゲにキスをしてしまいました。アイビゲがあまりにも挑発したからですが、これからはまた悶々と悩むことになりますね~可哀想な色男


あとは~そうそうイブラヒムが庭の胸像を作り直すよう、職人を呼びつけていました。ハティジェがあからさまに嫌そうな顔をしていたので、ここはまた何かありそうで(楽しみで)すね


なにせニギャールはともかく、気の毒なマトラークチュを見るにつけ、こいつをとっちめてやりたいという怒りに駆られてしまいます。もう、仮にも「親友」扱いしていたのに、信じられんわ~


さ~て今日はどうなりますかね。「オスマン帝国外伝2」は一瞬たりとも目が離せませんね


前後のあらすじはこちらから

←48話のレビュー  50話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ