オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 50話 角が生えた男

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の50話は「角が生えた男」です。これはズバリ「寝取られ男の意味で、ここではマトラークチュを指しています。以下ネタバレのあらすじですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ニギャールの不義はもう町中の噂になっていました。それもこれもマトラークチュが酒場で荒れているからでしょうが、仮にも結婚した相手が夜な夜な愛人のもとへ通っていたら、そりゃあ荒れたくもなるってもんです


そんなマトラークチュを心配したマルコチョールは、マトラークチュを家まで送っていきました。マトラークチュは、あそこは地獄だから帰りたくない、と語り、家にニギャールがいないのを不審に思ったマルコチョールが理由を尋ねると、「家」に行ったのだろうと答えます。


そこへそのニギャールが、イブラヒムとの逢瀬を終えて戻ってきました。マルコチョールが不在の理由を尋ねると、宮殿で仕事をしていたと答えます。仕事が山積みなのです


その頃、イブラヒムもまた同様にハティジェに仕事が忙しいと嘘をついていました。そう言われたらハティジェはそれ以上詮索できませんが、マルコチョールは別です。早速翌日スンビュルに、家庭を持つ女性を遅くまで働かせないよう命じました。驚いたのはスンビュルです。


ニギャールは昨日丸一日休みでした


マルコチョールは早速イブラヒムに報告しますが、イブラヒムは口を出すなと言わんばかり


でもそのイブラヒムに、ついにマトラークチュが談判しに行きました。家の前に牛の角がぶら下げられていたからです。


俺は寝取られ男として町中の笑いものだ。何とかしてくれ!!


いっそのことハティジェに言いつければいいのにマトラークチュが可哀想だ!(/_;)~と思わずにいられません


何せニギャールもハティジェに呼ばれて夫婦仲を問われ、実は不妊で悩んでいるなどと嘘をついていたのです。いやいや本当に子どもができる前に、そろそろ別れた方がいいんじゃないですかね。でないと、イブラヒムは自業自得だけど、ニギャールまでが罰せられてしまいます


一方、ヒュッレムとスレイマンへの反発から金曜礼拝への出席を見送ろうとしたムスタファは、イブラヒムにこっぴどく叱責されてやむなく出席する羽目になりました。イブラヒムは、スレイマンは父である前に皇帝だ、その皇帝に逆らったら命さえ危うくなるとムスタファを説得したのです。自分はどうなの?って話でやんすが


またハフサは、ヒュッレム襲撃事件で追放されていたフィダンとファトマを呼び戻し、ふたりを女官に任命しました。ふたりを見たヒュッレムは怒りを禁じ得ず、「出入り禁止」のハフサの部屋へ乗り込んでいきます。どういうつもりですか!?


ふたりはもう罪を償ったと語るハフサに、ヒュッレムは最後通告を突きつけますが、そのことよりも、横でやり取りを聞いていたギュルフェムが、ヒュッレムの無礼を咎めようとしなかったことの方が注目でした。もはやギュルフェムもハフサの限界を感じていたのではないでしょうか


そのハフサはマヒデブランと組んで、アイビゲとムスタファを結婚させようとしています。ムスタファがノラあらためエフスン(魔法)に首ったけになったのを案じたからです。


側女ごときに夢中になってはいけない、っていうけど、マヒデブランも自分もその側女だったのにね~。あのままスレイマンが自分に夢中だったら、何の文句もなかったのでしょうに


そのアイビゲはマトラークチュに恋心を抱きながらも、祖国に帰ろうとしていたのですけど


美しく着飾ったアイビゲから口づけされたマルコチョールは果たして彼女への想いを封じることができるのでしょうか?


オスマン帝国外伝2」は続きもとっても楽しみですね。


前後のあらすじはこちらから

←49話のレビュー  51話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ