グッドワイフ~彼女の決断 あらすじと感想 第5話 騙して騙されて

韓国ドラマ、【グッドワイフ~彼女の決断】の第5話は「騙して騙されて」です。いや~すっかり溜め込んでしまいましたが、まとめて語るにはもったいない(内容が良い)ので、少しずつ追いつきまする。以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ~彼女の決断のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


MJがチョ・グッキョンの代理人となって、再開発のための土地買収を進めることになりました。地主側の代理人はイ・ヨンジュ(パク・アイン)という女性で、どうやらジュンウォンの元カノのようです。


顔合わせにはヘギョンも同席しましたが、途中でデヴィッド・リーから呼ばれたため、代わりにジュノが乗り込んできました。点数稼ぎには良い案件です。


ヨンジュ側は、グッキョンが所望する土地の5.1%を保有し、有利に取引を進めようとしていました。民間事業では5%以上の土地を保有している者に対して売却を強制することができないのだそうです。ヨンジュはそのために、日本在住の地主=サイ・ヨウイチからも委任状をもらったそうです。


地主の要求額が720億ウォンと聞いたグッキョンは、いっそ政府に強制収容してもらうとうそぶきました。政府との共同事業なら、土地が時価で買えるのだそうです。が、ヨンジュは、政府との共同事業では、何かと損をすると仄めかしました


ヨンジュが帰った後、グッキョンは、この件が片付いたらMJと顧問契約を結ぶと約束し、担当にはヘギョンを指名しました。ジュンウォンはグッキョンに数日で解決してみせると答えます


その言葉通り、ジュンウォンはヨンジュに近づき、ベッドに誘うと見せかけて、そのパソコンからサイ・ヨウイチの住所を盗み出します。ジュンウォンはジュノを日本に行かせ、サイからの委任状を取り付けてきました。これで形勢大逆転です


一方のデヴィッド・リーの案件は、なんと、サンイルの妻=シム・ウンスク(ペ・ヘソン)の離婚訴訟だったことが判明しました。以前サンイルが裁判所の前で争っていた相手はこのウンスクだったのです。


ウンスクはヘギョンを担当に指名し、サンイルがテジュンを陥れようとしていると伝えました。あなたも私を利用して


ウンスクは、サンイルが離婚に同意しなければ、サンイルが不当に手に入れたテジュンに関する資料を暴露すると脅しました。離婚は不本意だったサンイルも、これで渋々離婚に同意させられます。夫婦の財産に関して結んだ結婚前契約も、やり手のデヴィッド・リーに破棄されたようですね


サンイルは、離婚に同意する代わりに、夫婦でいる間に得た情報に関する秘密保持契約へのサインを要求しました。ウンスクはこれにサインする直前に、サンイルがテジュンの携帯を盗聴していたことを明かしてくれます。パソコンに音声データがあったわ


その頃テジュンは、サンイルにこの離婚のことで嫌がらせをされる傍ら、保釈を勝ち取ろうとしていました。もちろん、サンイルは離婚の恨みも手伝って徹底抗戦の構えです。ドソプに命じてテジュンに接触させ、不利な証言を録音しようとまでしましたが、テジュンはすっかりお見通しでした


俺が勝った時に備えろ。一度でいいから手を貸してくれ


一方でヘギョンはグッキョンと思わぬ関りがあったことが判明します。正確にいうと彼自身ではなく彼の運転手のカン・ソクボム(ハン・ガプス~キム・デフン@吹けよ、ミプン)です。偶然ソクボムの話を聞いたジュンウォンは、ヘギョンとテジュン、そしてソクボムの縁がどのようなものなのか、次回突き止めるようでしたね


そのジュンウォンとヘギョンが仕事で一緒にホテルに行った時の写真がマスコミに流され、テジュンの裁判に絡めて面白おかしく報道されました。サンイルはこれでテジュンを挑発し、テジュンはますますジュンウォンへの敵意を燃やしていくようです


前後のあらすじはこちらから

←第4話のレビュー  第6話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ