オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 51話 良縁

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の51話は「良縁」です。確かにね~はたから見ればこれほどの良縁は無いように思えますが


以下ネタバレのあらすじですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ハフサとマヒデブランが決めたムスタファとアイビゲの縁談は、スレイマンにとっても「良縁」でした。が、ヒュッレムにとっては「悪縁」です。ムスタファはクリミア・ハン家と繋がることで一層の権力を得るからです。


ヒュッレムは懸命に「お互いの気持ちが大事とスレイマンに訴えますが、あまり露骨にやりすぎると本心を悟られてしまうため、なかなか難しいところですよね。私とあなたのように「愛で結ばれてほしいから。


肝心のムスタファもエフスンをすっかり気に入っていたこともあり、妹のように接してきたアイビゲとの縁談は不服そうでした。それを察したハフサはマヒデブランに、エフスンを旧宮殿に追放するよう命じます。蛇は小さいうちに潰しておかなければ!


もちろんアイビゲも不満です。ハフサにとって大きくなり過ぎた蛇、もといヒュッレムはまずこのアイビゲのマルコチョールへの気持ちを煽り、この縁談を潰そうとしていました


そのマルコチョールの心中も複雑です。アイビゲの心を嬉しくは思いながらも、ムスタファとの縁談が決まったアイビゲをどうしろというのか?「責任の取れないことはしないというその言葉をどう証明すればよいのでしょうか。


一方、イブラヒムに直談判しに来たマトラークチュは、このままではもはや死ぬしかないと訴えました。それでイブラヒムは、ちょうどハティジェが側に寄ってきたのをきっかけに、マトラークチュがニギャールを離縁したと伝えます。


ニギャールの言葉から、離婚の原因は子宝に恵まれなかったからだと思い込んだハティジェは、何とかして思いとどまらせようとしますが、ふたりとももちろん相手にしません。特にマトラークチュはこれでやっと地獄から解放されたのです


この話を聞いたダイェやギュルは、ニギャールのために心を痛めました。ダイェは、子どもができるように医師や治療法を探すと申しで、人の悲しみや苦しみを吸い取るというめのうをプレゼントしてくれます。またギュルはニギャールを悲しませた()マトラークチュを懲らしめようとしました。もちろんニギャールが必死で止めましたが


今後ニギャールは、イブラヒムが用意してふたりで会っていた家を、マトラークチュが贈ってくれたと偽って、そこに住むことになるようです。そうなると~ふたりの不倫がバレるのも時間の問題になりそうでござるね


またイブラヒムは自分の胸像を作らせようとしていました。ハティジェは不吉な夢を見たと反対しますが、イブラヒムは尊大です。その様子を見たヒュッレムはどうやらスレイマンに仄めかすつもりのようでしたね。


どっちに転んでもイブラヒムの運命もそろそろ~な感じでござるね


さ~て今日はどうなりますかね。「オスマン帝国外伝2」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←50話のレビュー  52話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません