グッドワイフ~彼女の決断 あらすじと感想 第15話 消えてほしい

韓国ドラマ、【グッドワイフ~彼女の決断】の第15話は「消えてほしい」です。いや~これまた何とも感情的な副題でござるね


でもまずはエルバタイルの件から参りましょうか。以下早速ネタバレですグッドワイフ~彼女の決断のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


MRGの抗うつ剤=エルバタイルを飲むと性欲が減退するという証言はMRGの株価暴落を狙ってのジュンウォンの作戦だったそうです。これに気づいたドンウクはすぐに「示談」を申し出てきました


100億ウォン規模の基金を設立し、被害者の救済に充てるというのがMRGの出した条件ですが、ヘギョンとジュンウォンは承知しません。副作用の問題が解決するまで販売を停止し、被害者や遺族に謝罪すべきだと主張しました。実際に20人もの自殺者が出ているんだ!


が、ドンウクは、うつ病患者の自殺率は高いと答えて席を立ちました


それでヘギョンはドンウクが他にも何か切り札を握っているのではないかと勘繰り、それが見事に的中します。ドンウクは、ハンナの母、カン氏がかかった精神科医(キム・ジュンウォン~チェ・ガンギュ@恋する泥棒)を証人にしたのだそうです。


でもこの続きは次回に持ち越しです~間に色々他の話が入るため、肝心のミステリーに集中できないのがこのドラマの難点でござるね。特にこのエピソードは結末を知っているだけに、え?そこで終わり??とついついヤキモキさせられます。


とおばさんの愚痴はさておき、今回はついに、多分初めて?テジュンが怒りを露わにしました。どんなに謝罪を試みてもヘギョンが頑なにそれを拒否したからです。


あの時あなたの身代わりになどならなければ良かった!もう「良い妻」でいるのは止める!私は自分を大事にする!


ヘギョンがこんな風に感情を爆発させたのは、ダンのせいだけじゃありませんよね。ジュンウォンがヒスと高級イタリアンレストランでデートをしたことも大きかったに違いありません。もしあの時結婚ではなくキャリアを選んでいれば、今頃どうなっていたかしら、そう思っていたのではないでしょうか。


そこへテジュンが子どもたちのことを持ち出してきたから尚更でしょう。そうやっていつも私の意見を抑え込む!卑怯者っ!!正義漢面しないで!


さすがのテジュンも我慢できなくなりました。君はイイ人で俺はいつも悪者か!だったらどうして15年も一緒にいられたんだ!?君の方こそ被害者意識が強すぎる!


テジュンは、ヘギョンの気持ちを変えたのがジュンウォンだと悟っており、そっちがそうなら消えてやる、とのたまいます。すると今度はヘギョンが、私を悪者にするのか!と怒りだす始末


テジュンは結局、もっと冷静になってからもう一度話し合おうと去っていきますが、ヘギョンは、これまでにないほど冷静だと言い返しました。夫の不貞を許して一生添い遂げるなんてまっぴらよ!!グッドワイフなんてもう辞める!


そうは言いながらも、子どもたちが動揺するのは見ていられません。特にここでは姑のジョンイムが出しゃばってくるから尚更です。とはいうものの、孫に会うには私の許可を取ってからにしろ、まずは電話をかけてこい、にはちと呆れちまいました。だって、おばさんの記憶が正しければ、ヘギョンは既に2度もジョンイムの電話を無視していますからね


困ったヘギョンは、同じ事務所の離婚専門弁護士であるデヴィッド・リーに相談しに行きました。デヴィッドはすぐに離婚を決めるのは愚かだと説得します。デヴィッド自身、もう10年も前から離婚の準備はしているものの、あと一歩踏みきれないでいるのだそうです。いや~ここのデヴィッド・リーはなかなか優しいですね~


とにかく長引かせることよ


さて今回はミョンヒにも「出会いがありました。裁判所の特別送達の配達人(コン・ジョンファン~アン・ドソン@光と影)です。この特別送達で裁判所からの召喚を伝える配達人はアメドラでもしょっちゅう登場していましたが、主要キャラとのロマンスを盛り込んでくるとは意外でしたね


その特別送達の内容は、ミョンヒが10年前に弁護をしたレイプ犯の仮釈に対する証言の要請だったようです。男はレイプの常習犯だったらしく、それを知ったミョンヒは、弁護を降りることはなかったものの、積極的な弁護活動ができずに終わったのだそうです。


その男からの証言の要求は、ミョンヒへの脅迫でしかなく、さすがのミョンヒも気が重かったようですね


そんなミョンヒに、テジュンとのことを黙っていてヘギョンに罵倒されたダンは、何事も長引かせてはいけない、と忠告します


この辺の対比も面白いですが、そう極端には決められないのが人間社会ですわ


そしてテジュンは、ついにジュンウォンへの捜査を始めるようです


前後のあらすじはこちらから

←第14話のレビュー  第16話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません