オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 57話 新たな対立

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の57話は「新たな対立」です。最近はダイェがお気に入りのおばさんとしては、ニギャールがイブラヒムにダイェのことを告げ口する度にハラハラさせられていますイブラヒムがダイェを追放したらどーするねん!( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


でもまずはヒュッレムから参りましょうか


マヒデブランから殺すと脅されたエフスンは、ヒュッレムに関する情報を持ってくるよう命じられ、ひそかにヒュッレムの指示を仰ぎに来ました。ヒュッレムが知恵を絞って用意したのが、アイビゲとマルコチョールの恋をヒュッレムが応援しているということ。いや~絞ってないでしょ、まんまやんアイビゲが可哀想やん(;´Д`)


もしそれが本当なら二人とも処刑され、ムスタファにも傷が付くと案じたマヒデブランは、アイビゲを徹底的に見張ることにしたようですね。それ以外にも何か企んでいるようで、それを察したハフサから、事前に相談しろと言われたのを無視していたのが気になります。あんたに相談してきたせいでこうなっちまったんだ、と言わんばかりでしたね


でも実際には、マルコチョールは全てを忘れるために故郷に帰ると告げ、アイビゲは、彼女のためにマルコチョールのキャリアを棒に振ってほしくないと心配していました


アイビゲはハティジェほどエラソーじゃなくてマルコチョールともお似合いなのに、なんとかならんのかしらね


またヒュッレムはスレイマンにもキッチリ反論しました


あなたへの愛と忠誠のために謝罪したけれど、馬鹿にされた気分よ。私はいまだに奴隷の側女なの?皇子が大事というなら私は4人も産んだのに。皇子たちの間に明らかに差があるわ!もっと私を尊重して!


~末っ子のジハンギルがしょっちゅう泣いているのが気になりますね


その後はムスタファにも意見しに行きます。身の程をわきまえろ。母ではなく、私に好かれるよう努力しろ


ムスタファはそんなヒュッレムをせせら笑い、その努力をすべきなのはヒュッレムだと言い放ちます。子どもたちのためにもそうすべきでは?


これでもう誰もヒュッレムを止められませんね~きっと。ギュルに今夜決行だと言っていたけど、いったい何をするつもりでしょうか?


さてお次はダイェです。ダイェはスンビュルに命じてニギャールの再婚相手を探させました。お相手はサーリヒという高齢の商人だそうです


またダイェはハレムの帳簿の処理が滞っているのを看過できず、ギュルシャーが止めるのも聞かずにハフサに直談判に行きました。ハフサはその無礼を咎めながらも、事が後宮のことだと聞くと耳を貸し、ギュルシャーが無能なら首にする、と言い渡します


ハフサは相変わらず好きにはなれませんが、ことダイェに関してだけは冷静になってほしいと思わずにいられません。長い間尽くしてきたダイェが可哀想やんか


一方、教団との対立も深刻化しそうです。イブラヒムは教団指導者のサーリムを投獄したのだそうです。スレイマンは既にこの黒幕がイブラヒム暗殺を企んだと見抜いていましたね


サーリムはすぐに解放されたとはいえ、信心深いマトラークチュは皆の前でイブラヒムに食って掛かりました。これは間違っている!どうして助成金を取り上げたりしたんだ!?


公衆の面前で罵倒されたイブラヒムは狂ったように怒りだし、マトラークチュを叩き出しました。マトラークチュは別にイブラヒムを馬鹿にしたのではなく意見を言っただけなのに、それを侮辱と感じるのは、まさしくスレイマンの言う通り、奴隷根性の塊ですわな


ハティジェからもまた疑われていたようですし、お好きな方には申し訳ないけど(いる?)イブラヒムの命運もそろそろ尽きる予感が致しまするね


前後のあらすじはこちらから

←56話のレビュー  58話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ