グッドワイフ~彼女の決断 あらすじと感想 第19話 自分より大切な人

韓国ドラマ、【グッドワイフ~彼女の決断】の第19話は「自分より大切な人」です。これはまた随分象徴的でしたね~。以下早速ネタバレですグッドワイフ~彼女の決断のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


いつまで経ってもソヨンと連絡が取れなかったヘギョンは、テジュンに連絡をし、ジュンウォンが送るというのを断って家に帰りました。この辺で既に「うしろめたさ」が感じられます。


テジュンはドソプにソヨンの携帯から位置を特定するよう命じ、ジュンウォンもまたダンに捜索を頼みました。ダンは早速昔馴染に連絡し、テジュンと同じようにGPSでソヨンの行方を捜します。ドソプは4時間かかると言いましたが、ダンの知人はもっとずっと早く捜してくれたようです


またヘギョンも心当たりを当たってみたところ、ソヨンの友人達が、ソヨンが年上の男性のバイクに乗っていったところを見たと教えてくれました。当然、ソヨンが会いに行ったスジンの兄が少年院で服役中だという事実が蘇ります。しかもドソプの調べによると、その少年を捕まえたのはテジュンだったのだそうです!?


もしやその恨みを買ったのではないかと思う側から、ドソプは彼は模範囚だから大丈夫だと慰めました


その頃既にダンはソヨンの居所を突き止めています。なんとソヨンはスジンと一緒に、美容師になる訓練を受けていたスジンの兄にパーマをかけてもらっていたのだそうです


ダンは早速ソヨンを連れ帰りましたが、ヘギョンには会わずに帰りました。私が迎えに行ったことは内緒にしてね


も~このダンの健気さには泣けますよね~。でもソヨンは結局後でヘギョンに話しちゃいましたけどね


その頃ジュンウォンもまた心配で駆けつけてきていますが、何せテジュンも戻ってきていたため、親子の間に割って入ることができません


ソヨンっ!大丈夫か!?心配したんだぞ!!


またテジュンがこれ見よがしに皆を抱きしめたりするざんすよ。いや本心からかもしれませんけどね


こちらもこっそり帰っていった(でもヘギョンは気づいていた)ジュンウォンはダンと二人で酒を飲み、あんな風に「自分より大切に思える人」と暮らしたいとこぼしました。


一方事件の方は、デヴィッド・リーが成立させた離婚が物議を醸しだしました。いや~デヴィッド・リーが法廷に立つのも珍しいですね。事務所に入ったばかりのヘギョンはその手伝いをしたらしい。


当時のクライアントだったチョン・ミジョン(パク・ミスク)は、浮気性の夫(イ・ジュソク)と離婚したかったのに夫がなかなか離婚に応じなかったため、デヴィッドはダンに命じて「浮気の証拠写真」を撮らせ、離婚を成立させたのだそうです


その時、夫の会社は赤字経営で財産分与もままならなかったことから、デヴィッドはその会社を売らせて慰謝料を払わせたのだそうです。


が、その赤字だった会社が今や価値が高騰したから、その損害=100億ウォンを弁償しろとMJを訴えてきたのだそうです。それだけでも相当言いがかりなのに、これに、夫と復縁したミジョンも結託していたのには呆れましたね~。代理人は子連れのスヒョンです


スヒョンは、MJがふたりに強引に離婚を勧めたと主張し、夫の浮気の証拠写真もヤラセだったに違いないと訴えました。


またその「浮気相手」の女性も出廷し、MJから買収されたと証言します。


ダンが明かしたところによると、その女性を雇ったのは事実で、本来は「飲酒運転」の現場を抑えて親権を放棄させようとしたのが、夫がその女性にキスをしたので急きょその写真を撮ったのだそうです。


ミョンヒはすぐにもデヴィッド・リーを解雇しようとしましたが、ジュンウォンがこれを止めました。デヴィッドはMJの稼ぎ頭なのです。それに、本家のデヴィッドよりずっと優しくてイイ人ですよね~。ま、ヘギョンはマッサージ器を売りつけられたみたいでしたけど


ミョンヒはテジュンのことが気がかりなのですよね~。ジュンウォンが誰と恋愛しようと構わないけど、相手はまだ人妻であり、その夫はスター検事なのですものね


そのテジュンはジワンから、悪は善になり得ないから、決して悪事は働かないでほしいと釘を刺されました。以前のヘギョンの言葉に耳を貸したように、この「基本」を忘れずにいられれば、テジュンほど頼もしい夫はいないと思うんですけどね~。でもヘギョンはそこが嫌なんだろうな、もう。ヘギョンはついにテジュンに離婚届を渡しました


さ~てようやく残り2話まで追いつきました。今日中にもう1話アップして、最終回は明日書けそうです


前後のあらすじはこちらから

←第18話のレビュー  第20話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ