グッドワイフ~彼女の決断 あらすじと感想 第20話 証言とはこういうもの

韓国ドラマ、【グッドワイフ~彼女の決断】の第20話は「証言とはこういうもの」です。アメドラのグッドワイフでも副題に頭を悩ませたものですが、これまた違う意味でよく分かりませんね~嫌みかいな。以下早速ネタバレですグッドワイフ~彼女の決断のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


デヴィッド・リーはヘギョンに子どものための投資信託を勧めてくれました。両親が離婚するしないに関わらず、ふたりでキッチリ払っていけば養育費は心配ないと助言してくれます。


そこでヘギョンからテジュンとの離婚を決めたと聞いたデヴィッドは、最初はまだ早いと言いながらも、良く決心したとヘギョンを称えてくれました


また法廷では、浮気の証拠の写真について、その女性を雇った雇わないが水掛け論になったため、スヒョンは次なる手を繰り出してきます。デヴィッドが原告の会社を相場より安く売ったと言い出しました。


矛先が変わって慌てたミョンヒは対策を練るための猶予を申し出ます。


そこでヘギョンが上手いことを思い出しました。会社を売却した際に交わした契約書には「付則」があって、そこにはこの売却に関して一切不満を申し立てないという念書が加えられていたのだそうです。それにはミジョンも、そしてヘギョンもサインをしたそうです


が、ヘギョンはなんとこの付則を紛失してしまっていました。それを知ったダンは、これまたこっそり付則を偽造し、ジュノの箱の中にあったと嘘をつきますが、ヘギョン自身が自分のサインとは違うことに気づいてしまいます


~責め続けて絶交した相手からこんなにも助けられていることに、何も感じないヘギョンではありませんよね


でも相手側もこの書類は持っていたのですから、いっそ送らなければ良かったのに、ご丁寧にFAXで送ったばかりに、スヒョンに偽造を見破られてしまいました。ま、送らなかったら送らなかったで、そんなものはない、とゴネられたでしょうけど


スヒョンは、当時ヘギョンと一緒に書類を作成したジュノを証人に要請します


が、ジュノは、意外なことに、双方のサインに違いはないとキッパリ証言(偽証)してくれました。ヘギョンへの借りを返してくれたのでしょうか?


ここでジュノは、これまでずっと家が裕福なふりをしていたと白状します。僕は貧乏だったから、借金もしたし、必死で勉強もした。そうそう、アメドラのケイリーも家庭事情は複雑でしたね。今ジュノはテジュンではなくサンイルの下で働いているそうです。


その後スヒョンが、ダンが以前雇った「浮気相手」の女性を調べさせたところ、彼女が夫と共謀してこの訴訟を起こしたことが判明しました。夫は賠償金が入ったらすぐにこの女と結婚すると語っていたそうです。ダンは今度もふたりのキスシーンを撮影してきました


それを知ったミジョンは激怒し、もうこんな茶番はごめんだと出て行ってしまいます。当然、訴訟も取り下げですね


スヒョンは、ヘギョンがキツクなった=良い弁護士になったと褒めてくれました


そのヘギョンは最後にジュンウォンの弁護をすることになります。ジュンウォンが判事を買収し、有利な判定をさせたという疑惑です。


ヘギョンはテジュンに、たとえ捜査を止めても夫婦としての和解はしないと言い放ち、仲間とともにジュンウォンを命懸けで守る、と断言しました


そのテジュンも、ジュファンからは妻と言う味方を潰してはいけない、そして地検長からは判事を敵に回すのはまずいと忠告されても、決して譲りませんでした。私怨からではなく、純粋に「正義」のために(息子のため?)、不正を働く判事を捕まえると決めたようです


ヘギョンもテジュンにカマをかけるなりして懸命に牽制しましたが、やはり百戦錬磨のテジュンにはまだ叶いません。テジュンはジュンウォンの表情から、怪しい判事を察知したようです


ここにまたサンイルがしゃしゃり出て、ジュンウォンを抱き込もうと画策しました。イ・テジュンは共通の敵だから手を組もうというのです。そうしなければ、あなたは刑務所行きだ!


ジュンウォンがこれをキッパリ断ったのがまた良かったですね。アメドラではショジキ、ウィルが好きじゃなかったけれど、このジュンウォンは悪くないですよね~。とはいえ、ヘギョンも嫌いじゃないけれど、このふたりはそう長くは続かない気がする


それにもしこのふたりが結婚するとしたら、子どもたちはどうするんでしょうね?ヘギョンはそこまで考えて離婚に踏み切ったのでしょうし、あの性格ですから絶対自分が引き取るつもりですよね?あの姑には渡さんでしょ


でももしそうなったらジュンウォンはどうなると?ヘギョンより若いのですから、自分の子どももほしいですよね?でもきっとヘギョンはもうこれ以上子どもは欲しくないですよね~。もう良き妻良き母でいることには疲れたのでしょうから。


ソヨンとジワンも、テジュンの不倫を責めて離婚を切り出した母が、その離婚前に若い男と付き合ったと知ったら傷つくでしょうし


子どもがいなければもっと楽に考えられるだろうけれど、結婚して子どもを持つってことはやはり人間としての「責任」ですから、そう簡単に放棄するわけにはいきませんよね。夫から自由になりたい気持ちは痛いほど分かりますが、実際問題として子どもが成人するまではその責任を果たすべきじゃないんですかね~とはまったくもって余計なお世話でござりまするが


最終回はヘギョンvsテジュンとなりそうですね。これは見ものでござりまするねアメドラとの違いやいかに?


前後のあらすじはこちらから

←第19話のレビュー  第21話(最終回)のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません