いだてん あらすじと感想 第13話 運命の分かれ道

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第13話は「復活」です。四三がダニエルとともに試合当日を振り返りました。以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


四三はレース中のことをほとんど覚えていなかったそうです。最初からもっと心穏やかにレースに臨めればまた違ったのでしょうが、心の準備もままならぬまま飛び出したため、なんの戦略もないまま、ただ焦りばかりが先行したに違いありません


それでも折り返し地点で遭遇したラザロのことだけはなんとなく覚えていたようで、その後ふたりとも水が取れなかったことも思い出しました。ダニエルは、無理やりにでも渡せばよかったと後悔しきりだったそうです。


でも四三は、ここで雨が降ったと、羽田の時の記憶がないまぜになっていました。この時点で相当朦朧としていたものと思われます


その後、練習中もいつも間違えていた二股の道をやっぱり間違えたのだと聞かされた四三は、それでラザロがこちらを向いて大声でNo!と叫んでいたのだと気づきました。


四三は、間違えた道を走っていってペトレ家の近くで倒れたために、彼らからレモネードをもらったり冷たい水で顔を冷やしてもらったりしたのだそうです。これは特番でも紹介されていましたが事実であり、四三は、恩人のペトレ家とその後も交流を続けた結果、この13話には本物のペトレ家の子孫が登場したのだそうです


そこへダニエルと、内田駐スウェーデン公使(井上肇~安藤弁護士@七つの会議)が追いついてきて、四三をホテルに運んだそうです。


四三は改めて日本人の体力が劣っていると痛感したそうですが、灼熱地獄に負けたのは四三だけではありませんでした。当日は、68人中34人(半数)が棄権した上、ポルトガルのラザロは、やはり30キロ地点で棄権した後、ついには亡くなってしまったのだそうです


あそこで道を間違えなかったら(ペトロ家に介抱してもらえなかったら)、四三も死んでいたかもしれません


同じ苦難を味わった仲間たちが皆、急きょ建てられたラザロの墓にやってきて、彼の健闘を称え、その死を悼みました


それはオリンピック委員会でも同じで、もはやマラソンはオリンピックから外されるだろうと誰もが思っていたところ、ポルトガルの代表は、ラザロのためにもマラソン競技を続けてほしいと訴えたのだそうです。ラザロの妻は当時妊娠4カ月だったそう。


国のために、スポーツのために、マラソンのために命懸けで走ったラザロの死を無駄にしないでほしい!ラザロを忘れないでほしい!


会場からは拍手が湧き起り、近代オリンピックの父と呼ばれたクーベルタン男爵は高らかに、4年後もマラソン競技を行うと宣言したそうです


そこで治五郎は、いつか極東にもオリンピックを呼びたいと申し出ますが、男爵は即、極東は遠すぎると却下したため、治五郎は、差し出された手を取り、男爵を投げ飛ばそうとしたそうです。


This is Judo.遠すぎるのはここも同じだ( `ー´)ノ


実際に柔道(男子)がオリンピック種目として認められたのはこれから52年後の1964年の東京オリンピックですからね。それまで治五郎がどれほどオリンピック招致に奔走したかが偲ばれまするね


その頃四三は、完走できなかったマラソンコースを一人で走っていたそうです「Missing Japanese」(消えた日本人)として一躍有名になった四三は、笑いたければ笑うがいい、この屈辱はいっそ死んだ方が楽だが、生きて汚名を注ぐことの方がずっと難しい、そのために粉骨砕身してマラソンの技を磨く!と心に決めていたそうです


治五郎もまた、再びオリンピックに戻ってくる、との意思を表明するために、閉会式には出ずに、日本へ出発したそうです。


が、大森夫婦は、兵蔵の容体が思わしくなく、現地に残ることになりました。四三と弥彦が別れを告げようと部屋を訪ねましたが、安仁子がこれを遮ります。会うだけなら会えたはずですから、弱った兵蔵の様子を見せたくなかったのでしょうか


でも兵蔵はベッドに横たわったまま指をパチンと鳴らし、サムズアップをして見せました。安仁子はその意を伝えるべく、窓からふたりに呼びかけます


43!弥彦!大和魂(パチン)、忘れないで!


四三と弥彦のふたりもそれに向かって親指を立てて別れを告げたそうです。その後兵蔵は安仁子とともにアメリカに渡り、翌年の1月には37歳の若さで亡くなったそうです。あの体で戻るには日本は遠すぎましたね


正直申し上げて、途中はどうしてもっと体力のある人物を監督に据えなかったのか、どうにも釈然としませんでしたが、命懸けで日本人のオリンピック参加に貢献した兵蔵の志を考えると、四三も弥彦も、彼から大きな宝をもらったのかもしれませんね


一方、前回はほとんどすっ飛ばしてしまった孝蔵はというと、ようやく朝太という名前で高座に出ることになりました。前回「火事」の中を走っていたのは、ストックホルムの灼熱地獄を表すためだと解釈しておりましたが、実際には落語、富久の練習をしていたのだそうです。


今回その富久を披露するにあたり、友だちの清さんが「朝太」と名前の入った着物を用意してくれました。代役がまだ見つからないらしい播磨屋が作ってくれたのだそうです


でも結局孝蔵は、緊張のあまり酒が欲しくなり、その着物を質に入れて酒を飲んでから、高座に上がったのだとか。酒のせいで途中までしか披露できませんでしたが、果たしてその出来は師匠に評価されたのでしょうか?


来週は勘九郎さんの特番でドラマはお休みになるそうです。この特番を見るといだてんをますます楽しめるそうなので、ご一緒に覗いてみましょうね


前後のあらすじはこちらから

←12話のレビュー  14話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません