波よ波よ-愛を奏でるハーモニー ネタバレと登場人物 第1話 久々にトライしますか

韓国ドラマ、【波よ波よ~愛を奏でるハーモニー】を視聴しました。この手の韓ドラを見るのはかなり久しぶりですが、今回は継続できそうです全72話もあるそうですが、その話数が気にならないほど楽しめるといいなあ


以下、簡単に第1話のネタバレと登場人物をまとめておきまする波よ波よのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


時代は1953年、朝鮮戦争のために釜山に避難していたオ家の当主ヒムンは、ソウルに行くために財産を整理して戻ってくるはずだったのが、急きょ北へ行く車があるというのでそれに乗って妹を迎えに行くことにしたそうです。


ヒムンの帰りを待っていた母のホン・ギジョン(パン・ヒョジョン~ギョムの大叔母@師任堂)と嫁のイ・オクブン(イ・ギョンジン~ヨンイン@師任堂)は、ヒムンの代理で「金塊」を預かってきたキム君から、家族そろってソウルへ避難するよう促されました。ヒムンはソウルで待っているそうです。


金塊の入った鞄にはヒムンの懐中時計も入っていました。ギジョンとオクブンはすぐに子どもたちを起こして身支度を急がせます。子どもは長男のジョンフン(クォン・ミル)を筆頭に、ボクシル(チョ・イェリン)、ジョンテ(イ・ヒョンビン)とジョンウ(チョン・ヒョンジュン)と4人もいます。


この鞄はギジョンが持っていた時点で、ゼッタイ盗まれると思いましたよね~。だっていかにも裕福そうな身なりをした老婦人が、あんなに必死になって抱えていたら、誰が見てもお宝が入っていると思いますもの


でも途中で出会った芸人のハン・チュンサム(クォン・オヒョン~チョン・スボク@輝いてスングム)の一家は気の良い人々でしたね。妻のヤン・マルスン(イ・ギョンシル)は、夫の賭博好きに腹を立てて怒鳴ってばかりいましたが、息子のギョンホ(パク・ハジュン)には優しかったですし、ギョンホもとっても良い子でした


オクブンは、家族そろっておにぎりを食べているのを羨ましそうに見ているギョンホを放っておけず、ギョンホの家族にもおにぎりを分けてあげます。それでチュンサムは、ボクシルにせがまれたこともあって、そのお礼にサックスを演奏しました


人々がしばしの娯楽に気を奪われているところに、二人組の泥棒がやってきます。次々と財布や貴重品を盗んでいたそのふたりは、ギジョンの鞄に気づきました


そんな時に今度は爆撃が彼らを襲ってきました。皆が逃げ惑う混乱に乗じて、男はすかさずギジョンの鞄を奪い取ります。何とかこれを取り戻そうと食らいついたオクブンは、二人のうちのひとりの手の甲に大きなホクロがあるのを見つけますが、結局は逃げられてしまいました


こうしてオクブンたちは全財産を失ってしまいますあ~もったいない(;´Д`)


途方に暮れていたオクブンを、人の好さそうなチュンサムが誘ってくれました。ソウルにあるチュンサムの家の向かいが空き家だったからです


町内会長をしているというキム・サンマン(チョン・スンホ~アン・ドンパル@新・ソウルトゥッペギ)も快く承知してくれました。裕福な暮らしになれていた子どもたち、特にボクシルとジョンテ、そしてギジョンは猛反対ですが、そんなことを言っている場合ではありません


オクブンは翌日ヒムンとの待ち合わせのホテルに出向きましたが、そこにヒムンの姿はありませんでした。


それでオクブンは仕方なく結婚指輪を売り、当座の生活費を作ります。そしてチュンサムの向かいの家を借りることにしました。ボクシルはすっかりギョンホと仲良くなりましたが、そのギョンホを好きらしいサンマンの娘のチュンジャ(イ・ユジュ)とは早くも犬猿の仲です


あ~返す返すもあの金塊を少しずつ分けて皆が持っていたら、こんなことにはならんかったのにね~とついつい思わずにいられません


しかもそんなオクブンたちを「スパイ容疑」で警官たちが取り調べにやってきます。もしかしたらヒムンはスパイなのかもしれませんね~


果たしてオクブン一家の運命やいかに?


波よ波よ~愛を奏でるハーモニー」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

第2話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません