オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 59話 運命と罪

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の59話は「運命と罪」です。やっぱりそうなりますよね~。可哀想なジハンギル親の因果が子に報うそのもの(;´Д`)。以下ネタバレのあらすじですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


エフスンは、ムスタファの料理に毒を盛ったものの、ムスタファが食べるのを見ていられず、抱き着いて食事を止めさせました。それでも、一口食べたため、ムスタファはその夜高熱に浮かされてしまいます。エフスンはすぐに医者を呼び、宮殿内は大騒ぎになりました。


マヒデブランはエフスンが毒を盛ったと主張しますが、医者は、毒ではないと断言します。毒だったらもっと重症になるはずだ!


ジハンギルを間に挟んでヒュッレムと寝ていたスレイマンも駆けつけてきました。大丈夫か?


ヒュッレムの思惑は外れ、ムスタファは翌日には回復します。ギュルはエフスンを問い詰めますが、エフスンは、毒は盛ったが、ムスタファが食べてくれなかったのだと言い訳しました。


それでギュルはもう一度毒の瓶を調達してきて、もう失敗は許されないとエフスンに渡します。でも、心からムスタファを愛してしまったエフスンは、もう、命令に従うことができません


エフスンから命令を返上したいと聞いたヒュッレムは腹を立てながらも、その気持ちは分かると答えるしかありませんでした。


そのエフスンですが、どうやら妊娠したようでしたね?


一方、ヤセフ師から、どうやら背中を焼く?治療法を提案されたヒュッレムは、幼い子供にそんなことはさせられないと悩んでいました。その様子を見かねたダイェは、良く当たる占い師がいるから呼んでみたらどうかと提案します。


早速この占い師が呼ばれましたが、占い師は、ジハンギルの苦痛は一生続くと予言しました。しかも、ジハンギル以外の誰か(=ヒュッレム)が犯した罪をこの子が罰として受けているというのです。やっぱりね~他人の子(ムスタファ)を殺そうとした罰が当たってしまったのです


今からでもまだ間に合うから、暗殺しようなどという天をも畏れぬ考えは捨ててほしいものですが


さて、イブラヒムに追放されたはずのマトラークチュは、実は「潜入捜査」をしていたことが判明しました。それを知って驚くマルコチョールに、マトラークチュが久しぶりに見せた笑顔が印象的でしたね。教団の背後には「尊師」と呼ばれる黒幕がいるらしい


その尊師が狙っているのはイブラヒムらしいですから、それには異論はないものの、それでマトラークチュが危険な目に遭うのは困りまするね


なにしろイブラヒムは、図々しくも今回「外泊」をしてのけたのですよ!? もちろん宿泊先はニギャールの家です。


ダイェから、イブラヒムはもうとっくに帰ったと聞いたハティジェは、まんじりともせず、イブラヒムを待って一夜を明かしたようです


いや~これはそろそろ「調査」が始まりそうですね


またアイビゲはついにクリミアに一時帰国することになりました。護衛がマルコチョールだと聞いて嫉妬をむき出しにするミフリマーフがまた可笑しかったですね~


そのマルコチョールに、なんとムスタファがある決意を打ち明けています。ムスタファは、アイビゲも自分もこの結婚を望んでいないからと、帰国したアイビゲが戻ってこないように手配するつもりらしいのです


それなのにヒュッレムはギュルに命じて、アイビゲとマルコチョールの駆け落ちをギュルシャーに吹き込むらしいのですが?


ホントの駆け落ちならまだしも、作り話ではますますジハンギルの容体が心配になりますね


前後のあらすじはこちらから

←58話のレビュー  60話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません