離婚なふたり 前編 ネタバレと感想 いや~面白い!

離婚なふたり】~リリー・フランキーさんと小林聡美さんが離婚の危機にある夫婦を演じたスペシャルドラマは実に面白かったですね~。リリーさんは脚本家の役なので、それまた実にウィットが利いていて、実際(小林さん)はどうだったのだろうなどとついつい妄想を働かせてしまいました。いや、ドラマはドラマ、フィクションです


一番の見どころは「このふたりの掛け合い」でした。下でもあちこちピックアップしますが、台詞そのものももちろんのこと、ふたりの間と雰囲気が絶品でしたから、できれば是非ドラマをご覧いただきたいですね~


以下、ネタバレのあらすじです離婚なふたりのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


理想の夫婦の物語を書かせたら右に出る者がいないと言われる売れっ子脚本家の野田隆介(リリー・フランキー~河田小龍@龍馬伝)が、ある時、長年連れ添った糟糠の妻、今日子(小林聡美~青羽るい子@anone)にいきなり離婚を切り出されました


今日子にしてみれば、それ1つを取ってみれば大したことはないものの、いちいちカチンとくる夫の言動=鬱憤が溜まりに溜まり、些細な一言でそれがついにあふれてしまった、というところなんですが、隆介にしてみれば、いつもの延長で特別なことを言ったりしたりしたつもりはないのに離婚を言いだされたのですから、まさに青天の霹靂です


今日子が離婚経験のある平山真紀(渡辺真起子~尾崎多江@まんぷく)にその決意を明かしたところ、真紀は、自分が離婚した時に世話になった弁護士=堂島正義(岡田将生~八雲@昭和元禄落語心中)を紹介してくれました。


真紀曰く、別れると決めたのなら夫は荷物にしか他ならないから、プロである引越し屋=弁護士に任せるのが一番なのだそうです


自分ではなかなか捨てられないもんよ、夫って


堂島から離婚理由を聞かれた今日子はすぐに答えられませんでした。それで堂島は、理由になりそうな事柄を並べ立てて今日子の頭を整理してくれます


隆介は典型的な仕事人間で、家庭を顧みることなく、家事や子育てはすべて今日子に依存していた


そればかりではなく、隆介は気が小さいくせにそう思われたくはない見栄っ張りの典型でもあり、仕事に関しても、他の脚本家~坂元裕二を意識するあまり、その作品からあちこちフレーズを拝借しても知らん顔しちゃうような図々しい確信犯なのです


このような態度は今日子に対しても同様でした。口では今日子の意見を否定しながら、ちゃっかりこれを使っちゃうんですよね。だったら「それいいな」って言えばいいのに


とはいえ、浮気をしたわけでも暴力をふるう訳でもなく、今日子と今では嫁に行った娘のエマ(峯岸みなみ)を養ってきたのですから、昭和の夫婦としてはなかなか離婚に踏み切れなかったのも分かりまするね


方や隆介は、何せ絵に描いたような小心者ですから、離婚を切り出されたその日から、そのことが気になってなりません。仕事中も、なぜだ?なぜ今さら?本気か?と他のことが頭に入ってこないようです


そこで折よく(悪しく?)テレビ局から「サンクス・ワイフ・ギビングへの出演を打診されました。奥さんに日頃の感謝を伝えるいいチャンスですよ!


まさか今離婚されかけているなんて口が裂けても言えませんよね。何せ隆介の売りは「仲の良い夫婦を描いたドラマ」なのですからね


一方の今日子は堂島から「内容証明」を送ってもらうほど、着実に離婚へ向けて歩き始めています。それで今日子は、このイベントに参加する条件に「別居」を切り出しました。


忙しいとこすいませんけど、早めに準備お願いできます?引っ越しの


出て行くのは隆介だそうです。あ~ここまでサッパリ言い出せるなら、離婚しても大丈夫ですね~きっと


その上隆介は、堂島と今日子が会っているのを見て「若い男」ができたと勘違いし、そんなことならこっちから別れてやる!と息巻きます。この誤解はすぐに解けましたが、逆に今日子は、そんなことで簡単に離婚できるなら、本当に浮気すればよかったと怒りだしました


勝手に勘違いして逆上してさ、どんだけ女々しいのよ私帰る!


サンクス・ワイフ・ギビングでは、当然、隆介と今日子の夫婦関係にも質問が及びました。


隆介は相変わらず、どこかで聞いた「カッコいい台詞」を披露するんですが、今日子はそれをことごとく否定しまくります


それ私、言ってないと思います。多分コマーシャルのコピーかなんかじゃないですか?いっつも都合のいいように記憶を書き換えちゃうんですよ


この辺は、どこの夫婦も同じなのかな~と笑いが止まりませんでしたいやよくできてるわ~( *´艸`)


果たしてふたりは無事?離婚することができるのでしょうか?隆介は賞品としてもらった熱海旅行券を使い、奇跡を引き寄せたい様子でしたが?


離婚するにしても復縁するにしても笑って楽しく終われそうですね。後編が今から楽しみです


~前編はウィットが利いていてものすご~く面白かったんですが、後編は何が言いたいのかよく分かりませんでした


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません