愛の迷宮‐トンネル‐ ネタバレと感想 第2話 突然の別れ

愛の迷宮‐トンネル‐のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 愛の迷宮~トンネル~あらすじと感想一覧 (全16話)


韓国ドラマ、【愛の迷宮‐トンネル‐】の第2話は「突然の別れ」です。以下早速ネタバレです愛の迷宮トンネルのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


期待通り?、トンネルを抜けたグァンホは30年後にタイムスリップしていました。本人はそれに全く気付かず、いつも通り署に赴きますが、そこにいたのは、なんとなんと立派に成長したソンジェ(ユン・ヒョンミン~キム・セビョク@グッド・ワイフ)です


グァンホもさすがに気づかなかったようで、彼を頭のおかしい人間だと思い込みましたが、それはソンジェのセリフですよね


そこへパク・グァンホという同姓同名の新人が赴任してくるというFAXが入ってきました。皆は当然、目の前のグァンホがそのグァンホだと思い込みます。


違う、人違いだ!!どんなに否定しても誰も耳を貸しません


唯一首を傾げたのはチーム長です。彼はなんとすっかりおっさんになったソンシク(チョ・ヒボン~ハ・リュン@六龍が飛ぶ)でした。顔がすっかり変わってしまったため、グァンホは気づきませんでしたが、ソンシクの方はピンと来ていたようですね~ただ信じられなかっただけで。先輩の息子か?


グァンホはようやくタイムスリップしたらしいことに気づきました。署を飛び出して、本来なら見知った街を歩きながら、すっかり変わってしまった風景を見て途方に暮れてしまいます。ヨンスク、俺はどうしたらいいんだ!?


そのヨンスクは、グァンホが失踪した後、妊娠が発覚したようですね。その子はどうなったのでしょうか


グァンホは、しばらくして、トンネルをくぐって未来に来たのなら、またトンネルで過去に帰れるのではないかと思い立ちました。そこで今は「オギン精神科病院」となった元のファヨン祈祷院を目にしたグァンホは、トンネルがすぐ近くだったと思いだします


が、その病院で叫び声がしたため、職業柄無視できず、中に入ったところ、見覚えのある女性、イ・ソノク(パク・ミョンシン)の遺体に遭遇しました。当時グァンホは妹を殴った婚約者を許せずに殺してしまったソノクを取り調べた様です。


それでグァンホは、とりあえず「新人のグァンホ」に成りすますことに決めて署に戻ってくると、ソンジェとコンビを組まされました


ソンジェの説明によると、ソノクは3人の男性を殺害し、しばらく服役した後に精神病院に移されたのだそうです。ソノクはその病院で首筋に鉛筆を刺されて殺害されていました。鉛筆には3つの指紋が残っていたそうです。


死ぬ直前、一人の女性が面会に来ていたことも分かりましたが、その女性はシン・ジェイ(イ・ユヨン)という心理学の教授で、あくまでも研究のためにソノクにインタビューをしていたらしい。


その後の解剖の結果、ソノクの死因は自殺だったことが判明します。3つの指紋のうち1つはソノクの物で、残りの2つは照合できませんでしたが、監察医らしいモク・ジヌ(キム・ミンサン~ク・ビョンホ@グッド・ワイフ)は、その結果に関わらず自殺に間違いないと断定しました。


ソンジェは早速ジェイに会いに行きます。そのオフィスには、ソノクの首に刺さっていたのと同じ種類の鉛筆がたくさん削ってありました。しかもジェイはソノクへのインタビューで、こう尋ねたそうです


連続殺人犯が人を殺せなくなったら、その存在価値はあるのか?と


そのジェイは犯罪心理分析の顧問としてファヨン署にやってきました。


その直後のこと~30年前の5人目の犠牲者が遺体で発見されます。山中でバラバラ死体の一部が見つかったことから、大掛かりな捜索を行った結果、5つの点のある踵が見つかりました


これでようやく過去と現在がつながりましたね。ソンジェもきっと母の仇を討とうとしているに違いありません。


愛の迷宮‐トンネル‐は今週の放送も楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第1話のレビュー  第3話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ