愛の迷宮‐トンネル‐ ネタバレと感想 第4話 似た者同士の相棒たち

愛の迷宮‐トンネル‐のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 愛の迷宮~トンネル~あらすじと感想一覧 (全16話)


韓国ドラマ、【愛の迷宮‐トンネル‐】の第4話は「似た者同士の相棒たち」です。以下早速ネタバレです愛の迷宮トンネルのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ついにソンシクがグァンホに気づいてくれました。グァンホがヨンシクを捜していたことを知ったからです


先輩っ!!生きていたんですねっ!!


すっかりおっさんになったソンシクをグァンホが先輩らしく抱きしめたシーン、良かったですよね~


将来はゼッタイに「班長」になると言ったソンシクに、グァンホは(馬鹿にして)もしそうなったら俺はお前の息子になってやると語ったそうです。ソンシクはそれを覚えていて、食堂で「おかしな二人」を訝し気に見つめる店員に、息子のようなヤツなんだと言い訳しました


グァンホはそんな可愛いソンシクにこれまでの事情を話して聞かせます。その上で、ソンシクにはヨンシクを捜すよう頼み、自分は、本来この世界にいたはずのパク・グァンホを捜してみると伝えました。


急に消えないで!


別れ際にそう語るソンシクがまた可愛いですね~人間、顔じゃなくて気持ちでござるね


その後すぐに窃盗事件が起きました。空き巣に入られた家にいた少年=ユン・ドンウ(チェ・ウォノン~ガク子役@屋根部屋のプリンス)はどうやら見張り役だったらしく、ソンジェとグァンホに捕まってしまいます。


ドンウは何も話そうとしなかったため、留置場に入れられました。グァンホはそのドンウを怖がらせて仲間が「次に盗みに入る場所」を聞き出します。ドンウは妹のために早く家に帰りたかったのです。


でもソンジェを初めとする強力1チームは誰一人としてドンウの言葉を信じませんでした。グァンホはかつてソンシクに「刑事はどんなに裏切られても100回信じろ!と教えたそうなのに、ソンシクは、今時の子どもは昔とは違うと言い訳します


グァンホは仕方なくひとりでその場所に出向きました。案の定、ドンウの言葉は真実で、仲間が泥棒に入ったところに遭遇します。相手は二人だったため取り逃がしましたが、これでドンウが嘘をついていなかったことが明白になりました


だから信じろと言ったろ!?


でもそのせいでドンウは、この仲間ふたりに殺されてしまいます。どうやらドンウはゲームセンターで金をもらい、仲間に引き込まれたようです。日本でも今振り込め詐欺に取り込まれる若者が増えているのですよね


ドンウに洋服ダンスの中に隠れているよう命じられた妹のスジョン(チェ・ミョンビン)は、扉の穴を通してドンウが殺される現場を目撃してしまったそうです。ドンウはいまわの際にもスジョンを心配し、出てくるな、と目で止めていました


その後グァンホとソンジェがこの家を訪ねてきます。ドンウは出血多量で死亡していましたが、スジョンは何とか救出できました。それでもスジョンはショックのあまり口が利けなかったそうです。


犯人は元警備会社の社員でしたが、窃盗はともかく殺人を認めさせるためにはスジョンの証言が必須でした。そこでソンジェがジェイを呼び出します。


ジェイはどうやらグァンホと同じ家を借りているようですね。火事になっても気づかないジェイはでも、ぼんやりなんじゃなくて、いつ死んでも構わないと思っているような危うさが感じられます


最初は困っていたジェイも、少しずつ過去を語り始めました。ジェイも昔両親が火事で死ぬのをただ見ているしかなかったのだそうです。そのせいで両親を殺したとまで噂されたその後は「国際養子」に出されていたのを、今ジェイのいる大学の学長をしているホン・ヘウォン(ムン・スク~仁粋大妃@逆賊)に引き取られることになったらしい。


あの時私にも何かできたんじゃないかとずっと後悔していた


同じように後悔に苛まれていたスジョンは、ようやく、ドンウがふたりに殺されたことを明かしたそうです


一方で、女性が殺される事件が起きました。犯人はチョン・ホヨン~グァンホは忘れていたようですが、かつて犬を殺していたあの少年ですよね。ホヨンは今や連続殺人鬼と恐れられており、ソンジェはホヨンを取り逃がしたと躍起になっていたのだそうです。


またソンシクはヨンシクの行方を捜しましたが、どこにも記録が残っていませんでした。これをグァンホに真実を告げるのはあまりにも忍びなく、見つかりそうだと励まします


そしてグァンホは、現代のパク・グァンホの足取りを追っていたところで、タイムスリップしてきた直後にそのグァンホに遭遇していたことを思い出しました。グァンホの資料にあった車のナンバーを覚えていたのだそうです


最後には、どうやら連続殺人犯らしい人物が教会で告解している様子が映し出されました。それもチョン・ホヨンなのでしょうか?


前後のあらすじはこちらから

←第3話のレビュー  第5話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません