ミラー・ツインズ ネタバレと感想 第2話 里美と勇吾

ミラー・ツインズ】の2話では衝撃の事実が明らかになりました。以下すぐにネタバレですミラー・ツインズのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


勇吾を匿っていたいた里美の本名は英里と言い、30年前に勇吾を誘拐した犯人=吉崎の「娘」だったことが判明しました。本当の父親じゃないと語っていたところを見ると、母の恋人もしくは継父だったのかもしれません。


英里は、人質にされた勇吾と言葉を交わすうちに親しくなっていきました。その時英里が読んでいた本に登場する少女の名前が里美だったそうです。その本の中の里美は悪事を働いた兄と逃げる役柄なのだそう~今後は「里美」で統一しますね。


勇吾は里美と一緒に逃げようとしたのを見つかったため、吉崎を殺してしまいました。勇吾の背中の傷は、その時に割れたガラスで傷ついたもののようですね。


その後ふたりはどう逃げ延びたのか、今に至っていたようですが、勇吾は、勇吾が誘拐されるのを黙って見ており、最後には逃げ出した圭吾に復讐を誓っていたようですから、里美と圭吾が知り合ったのは決して偶然ではないことでしょう。あれはハニートラップだったのですね


そんな事とも知らない圭吾はすっかり騙されて、ついには田島殺しの犯人にされてしまいました誰がどう見ても罠っしょ(;´Д`)。勇吾が人工呼吸器を外したようです


証拠はDNAが一致したことだけで、他に勇吾という可能性があるにもかかわらず、匿名の告発メールだけで捜査令状や逮捕状が出たのには驚きました。圭吾の指紋のついたハンカチもいかにも怪しいのに、いくらドラマとは言え、ちと強引過ぎではないでしょうか


とはいえ、まだまだ今後が気になりますから見続けますよ


~3話まで見てリタイアです


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ