グッド・ドクター名医の条件~あらすじと感想 第13話 7つの理由

The Good Doctorグッド・ドクター~名医の条件~】の第13話は「7つの理由」(Seven Reasons)です。人間が嘘をつくには7つの理由があるそうです。これはショーンの分析です


以下ネタバレのあらすじですグッド・ドクター名医の条件のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回の症例は2件~熱傷の女性患者はジャレッドとショーンが、そしてくも膜下出血の男性はクレアがそれぞれ担当しました。


ショーンは、ジャレッドとともにマーカスの患者=ナージャ・モジ(Hina Abdullah)を担当することになったことを「罰」と表現します。熱傷は面白くないからというのが理由でしたが、マーカスは、外科のトップと仕事をするのが罰だというのか、と叱りつけました


でもナージャは単なる火傷の患者ではないことが判明し、十分「面白い患者」となりました。ナージャのバイタルはすべて正常だったにもかかわらず、いきなり呼吸困難を訴えたのです


~なんとも不謹慎な物言いですが、患者としては「面白くない」方がありがたいですね


ニールが早速気管支を調べようとしたところ、途中で気管支の粘膜を傷つけてしまいました。いつも叱られてばかりいるショーンは、ここぞとばかりにニールの失敗をあげつらいます。失恋のショックで集中力に問題のあったのではありませんか?


またショーンは、恒例の「月曜の朝食」をアーロンと食べようと出かけたところ、食堂にアーロンはいませんでした。アーロンはもうショーンには構わないと約束したからだと説明しますが、ショーンは納得できません


「父親代わり」は要らないけれど、友だちならいい


アーロンは、ショーンを見ると口を出さずにはいられないと友だちでいることも拒否したようです


その後ショーンはナージャがイスラム教徒だという理由で化学兵器を作った=テロリストだと決めつけました。その材料を吸って気管支に炎症が起きたというのです。


あの性格ですから、ナージャ本人にもそう言ったところ、ナージャは、自閉症を理由に偏見を持たれがちなショーンまでそんなことを言うとは思わなかったと反論しました


その後ナージャは冠不全を起こします。ショーンはこれを腐食性化学物質による炎症だと判断しました。その化学物質は化学兵器の材料だと確信した上での発言です。そのために気管支の粘膜が薄くなっていた~ニールの失敗ではなかった、とも断言しました。


でもジャレッドは、ニールの失敗により傷跡からバクテリアが入った可能性もあると指摘します


前者ならステロイドが奏功しますが、後者にステロイドを使えば、症状が悪化しますいったいどうしたらよいのか?


すっかり気弱になっていたニールは抗生物質の投与を命じました。ショーンは「傲慢なメレンデス」がそんな弱気じゃいけない、と反対しますが、ニールは聞く耳持ちません。


実際にはショーンの推察が正しかった~抗生物質はまったく利かず、ジャレッドの的確な素早い判断でステロイドが投与されました。それでナージャの容体が好転します


ショーンは、またしても得意気に、ジャレッドに感謝するようニールに命じました。ジャレッドのおかげで患者を救えた!


実際の原因は化学兵器ではなく香水の材料だったことが判明すると、ショーンはイイ匂いだ、と言ってごまかしました。まったくね~最近はすっかりお茶目な(小憎らしい・爆)キャラになりましたね


その後、ニールのところにジェシカがやってきて、別れるのは早計だったかもしれないと打ち明けましたが、ニールは、もう復縁はあり得ない、と断りました。俺は傲慢な男で外科医には向いているが夫には向かない


さてクレアの方は、2つの問題で悩んでいました。テッサ(Chelah Horsdal)の夫は最初の手術でくも膜下出血を治療したものの、その直後に今度は動脈瘤が見つかったのです


動脈瘤を切除すると麻痺が残るかもしれないと聞いたテッサは、夫が以前、不自由な体で生きるのは嫌だと語っていたと伝え、治療を拒否しました。その上、この手術を行える腕のある医者は、クレアにセクハラして現在は閑職に追いやられているコイルしかいないというのです


主治医のオードリーは、個人的感情よりも患者が優先だと諭しますが、クレアは猛反対しました。ここでまたコイルに手術を頼めば、コイルが反省しないからです


アーロンの代わりにクレアと朝食を共にしたショーンはテッサが嘘をついていると見抜きました。なんとテッサは夫から日常的に暴力を受けていたのです


クレアはその気持ちはよく分かるが、治療は治療だとテッサを説得しました。テッサは治療に合意しますが、その後夫の容体が悪くなっていたのは、息子が夫の薬を捨てていたことが判明します。息子は父のDVに気づいていたようです


それが分かったことでオペの難易度は下がったのか、結局コイルはオペに呼ばれず、クレアとオードリーが手術を成功させたようですが、テッサと息子はその間に姿を消してしまった様です


前後のあらすじはこちらから

←12話のレビュー  14話のレビュー→



グッド・ドクター 名医の条件 シーズン1 DVD コンプリートBOX (初回生産限定)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ