青い鳥の輪舞(ロンド) ネタバレと感想 23話~32話まで

韓国ドラマ、【青い鳥のロンド】も毎日楽しく見ています。途中何度か他の番組との兼ね合いで視聴できなかったりしましたが、まあ大勢に問題はないものと思われまする。この時点で何か大きな誤解があればご指摘いただけますと助かります


以下ネタバレのあらすじです青い鳥のロンドのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まずはウンスですが、テスの子どもではなかったようです。んも~さんざんヤキモキさせておいてそりゃないよ~な感じでしたが、ヒョンドとのことを思えば何よりでしたね


とはいうものの、ふたりが異母兄妹だと思い込んだソニがふたりを別れさせようとして、ヒョンドを悪く言った時は腹立たしかったですね~。ウンスはソニが思うよりずっとず~っと大人なのですから、きちんと本当の事を話せばよかったのにね。少なくともヒョンドには最初からそういうべきでしたよ。


この事実をヒョンドが知って初めて、テスとウンスは親子ではないと明らかになったのですからね


それでソニは今、ふたりを応援する側に回り、スギョンもヒョンドに根負けしてしまったものの、テスだけは反対し続けています。何せテスはキム家にとっては仇敵なのですから、少しでも良心(罪悪感)があるなら反対するのも当然ですね


テスはサンジュンが死んだ後、サンジュン名義(もしくはテフ産業)の通帳をすべて(7冊?)テスの名義に変えたようです。その手続きをしたのがジェチョルらしい。テスはこの時経理をしていたジョンエにも1冊の通帳を与えて共犯者にしたようです


その後、謎(架空?)の人物を「投資家」に仕立て、不渡りを出したテフ産業に投資させ、今のベストグローバルの社長に据えてしばらく経ったら用済みにして自分が社長に就任したようですね


以前ジワンはテフ産業の帳簿を見つけて調べようとしていましたが、これはテスに見つかって取り上げられてしまいました。そこは見ていないのですが、内容を改ざんしてから返したのですよね?


その後もウンスやジョンエを通してジワンの疑惑の目が自分に向くことを怖れたテスは、悪事を働く際の腹心=イム室長(ユ・ジェミョン~ソン・ドンウク@グッドワイフ)を呼び、ジワンに産業スパイの罪を擦り付けました


これにはヒョンドは元より、あの自己保身の塊のようだったユンチーム長までもがジワンを庇ってくれます。私の管理不行き届きでジワン君は悪くない!


そこへ、この人はいったい何者なのかいまだによく分からんな~なシン会長も助け舟を出してくれます。ベストグローバルの投資家説明会において、産業スパイに技術を盗まれたという話を聞いたから説明してほしいとテスに詰め寄ってくれたのです。もちろん、技術の流出などでっち上げです


流出が事実なら投資家に多大な損害を与えることになる~と脅されたテスは、やむを得ず、流出は誤解だったと説明したようですね


その頃懲戒解雇を言い渡されていたジワンのところへ、いかにもジワンを助けるかの如く登場したのがまた実にわざとらしかった。ちょっと待った!


あ~早くコイツの悪事が暴かれないかしらね~早くテスをとっちめて!。その上でヒョンドとウンスが一緒になれるよう応援したいものです


また、これはよ~~~やくヨンジュがジェチョルの苦労を知りました。それでジェチョルに謝るかと思いきや、母のミンジャに食って掛かったのには呆れましたね。知っていたのに辞めさせないで、自分はヨガに通っているなんて!!


んも~おばさんがあそこにいたらヨンジュを怒鳴りつけてやりましたね青い鳥のロンドのヨンジュが超苦手(;´Д`)


ミンジャは皆に黙ってソニの店で働いていたのよ!何も知らずにのほほんとしているのはあんたでしょ!!


それでもさすがのジェチョルもヨンジュの背中を殴って叱りつけました。母さんに謝れ!甘やかせすぎた!!


別に親孝行しろとは言わんけど、好きな夢を追う前に自立したらどーですかね


それが頭にあったのか、今度は詐欺に引っかかりそうになったのを、元銀行員のミンジャに救われました。も~いい年して教員迄務めたのに、契約書ぐらい読みなさい


ジワンとミジンのカップルも微笑ましいですね。まあミジンはジワンがあまりにも誠実過ぎてイラっとしているようですけど


全50話中約6割終わったところで、今度はウンスが他人だということがジニに知られてしまいました。またこれで当分うるさくなりそうです


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ