愛の迷宮‐トンネル‐ ネタバレと感想 第11話 ひとりにしてごめん

愛の迷宮‐トンネル‐のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 愛の迷宮~トンネル~あらすじと感想一覧 (全16話)


韓国ドラマ、【愛の迷宮‐トンネル‐】の第11話は「ひとりにしてごめん」です。以下早速ネタバレです愛の迷宮トンネルのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ジェイが娘のヨンホだと知ったグァンホは、その無事を喜ぶとともに深い後悔に襲われていました。俺がタイムスリップなどしなければ、こんな目に遭うこともなかったのに!いやいやあんな挑発をしたからいかんのだす(;´Д`)


でもここでふと思ったのですけれど、グァンホがタイムスリップしたのは連続殺人犯に襲われたからということで間違いないんですよね?ということはグァンホを襲ったのはジヌということですよね??


あの時も不思議だったんですけど、タイムスリップものだから考えても仕方ないと諦めました~もしやグァンホは既に殺されてしまったということはないのでしょうか?それとも、あと一歩で天国に行くところを神様に救われて現代にやってきたのでしょうか?


と、きっと堂々巡りのおばさんの疑問はさておき、ソンジェからジェイことヨンホの過去の話を聞いたグァンホは、またしても悲しみに打ちひしがれます一緒にいてやれなかった(/_;)。とても親子の名乗りなど挙げられない~会えただけで十分だ


そのジェイはでも今回のことをきっかけにようやく弱音を吐くことができたようです。事件のショックでパニックを起こしただけではなく、自分の気持ちを正直に告げることができたのは、ソンジェの誠意を感じ取ったからですよね


でもですよ~もしグァンホが無事過去に戻ってヨンスクを助けたら、ジェイとソンジェの出会いは無くなってしまうのでしょうか? (もう止めろって


一方、チョン・ホヨンについての謎はほぼ解明しました。ホヨンは30年前にジヌが起こした連続殺人の目撃者だったのです。ジェイの分析通り、母への屈折した感情も手伝って「模倣犯」となったものの、踵に刻んだ点にまでは気づかなかったのでしょう。イ・ソヨンを殺したのもホヨンで間違いないようでした。


これに気づいたのはグァンホです。グァンホはホヨンに、ホヨンとグァンホのふたりしか知らない会話を再現してみせたのです。それまではへらへらと嘘をついていたホヨンは、驚愕のあまり、つい本音を漏らしてしまいました。印(点)とは何のことだ?


グァンホには相手の表情からその考えを見抜く能力があるようで、30年前の事件の犯人はホヨンではないと確信しました。その上で、ジヌがヒスのことを明かして挑発すると、あたかも自分が殺したかのように言い出したのは、その現場を目撃していたからなのです


グァンホが自分の推理を確かめようとホヨンを問い詰めに行くと、ちょうどオッキが面会に来ていました。ソンジェから、ホヨンに母を殺されたと聞いたオッキはホヨンに、お前は生まれるべきではなかった、生きる価値のない人間だと言い渡します。死ねばいいのに。なぜ堂々と生きているの?!


ショックを受けて自暴自棄になったホヨンは、ソンジェを呼んでくれと頼みました。そして30年前の犯人は自分だと嘘をつきます


ホヨンが送検されると、今度はジヌが面会に行きました。ジヌはホヨンに決定的な何かを告げたらしく、ホヨンは刑務所内で首を吊り、自殺してしまいます。またソンジェがジヌにホヨンが目撃者だと伝えちまってますからね~まったく全部筒抜けですよ


一方、なんとか退院したジェイにはイギリスの知人、ケイトに電話をし、自分を捜していたのは誰かと尋ねました。ケイトは具体的な名前を教えてくれたようですが、ジェイはそんなそぶりは1つも見せずにグァンホとソンジェに接します。またソンジェがジェイに近づこうとするのを、グァンホがいかにも父親らしく阻止しようとするのが可笑しかったですね~


さ~て今日はどうなるかな。「愛の迷宮トンネル」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第10話のレビュー  第12話のレビュー→



愛の迷宮‐トンネル‐ DVD-SET1&2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ