ワンダフル・ラブ ネタバレと感想 第2~6話 改造計画の始まり

韓国ドラマ、【ワンダフル・ラブ】も毎日楽しく視聴して、本日放送分まで見終わりました。いや~ボッキがようやく「子どもたちの改造計画に踏み切ってくれてホッとしましたね。以下ネタバレのあらすじですワンダフルラブのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

まずはボッキの方から見てまいりましょうか


やはりボッキは認知症~しかも初期のアルツハイマー型認知症だということが判明しました。症状を遅らせることはできても完治は難しいこの病気を宣告されたボッキは、ようやく、将来を真剣に考え始めます。一番の問題は、甘やかせて育てた結果、すっかりろくでなしに育った子どもたちです


しかもどうやらあの3兄弟はボッキの実子ではなく養子のようで、本当の子どもは夫のイ・ボムソとの間に生まれたイ・ミンス(1978年6月22日生)だけのようでしたね?そのミンスはいったいどこへ行ったのでしょうか?


困り果てたボッキは、金貸しの先輩で光化門の黒熊と恐れられているファン・ボべ(キム・ヨンオク~オ・サンブン@ディア・マイ・フレンズ)に相談に行きました。


ボベは、自分の息子(チェ・ジュニョン~グァンウン@かぼちゃの花の純情)も同じようなろくでなしになっていたことから、本気で子どもを更生したいと語るボッキに快く知恵を授けてくれます。金で道を誤ったなら、金を取り上げるしかない


そこでボッキは「鉱山」に投資をして無一文になったふりをすることにしました。そのために子どもたちを連れてセブ島まで出かけて行きます。そこでもまたあらためて、子どもたちのろくでなしぶりを見せつけられたのは気の毒でしたよね。ボッキが途中でどこへ行くのかも忘れてしまい、怖い目に遭っていたというのに、彼らの関心事はボッキのお財布だけなのですもの


一方、ヨンチェにショーを台無しにされたフンナムは、何とかして中国バイヤーのウェインにナラファッションを認めてもらおうと奔走していました。勤めていたデホリッチHDも辞め、ウェインがセブに出かけたと聞くとその後を追っていきます


現地でフンナムと出くわしたヨンチェは、これまでのお詫びにショーの手伝いをすることになりました。ああ見えて結構ファッションセンスと腕はあるらしく、ちと古臭いナラファッションのデザインを若者風にアレンジし、ウェインの評価を得ることに貢献します。行きがかり上、ヨンスとヨンジュンもショーを手伝いました


最初はヨンチェをいい加減なオバサンだと思っていたフンナムも、大いに彼女を見直します


また遠目でこの様子を見ていたボッキも、子どもたちが立ち直る可能性を感じていました


でもね~実際に破産の芝居をして見せた時はひどいものでしたよね。ヨンチェはともかく、とことん何もできないヨンスとヨンジュンはこの危機をどう乗り切るつもりでしょうか?


またフンナムの恋人でデホリッチHD代理のスジン(ユ・イニョン~ダン@グッドワイフ)は、1日も早くフンナムと結婚したがっていましたが、かつて貧乏だった自分に負い目を持っているフンナムは、ギナムとともに成功してからでないと結婚する気はなかったようです


最初はかなりひどい出会いでしたが、途中から良い雰囲気を醸し出していたヨンチェとフンナムの今後も楽しみですね


でもやっぱりこのドラマの肝は、少なくとも今のところは、フンナムとギナムの兄弟愛でしょう。フンナムは親代わりに面倒を見てくれたギナムのためなら、たとえ火の中水の中~で尽くしに尽くしているのがまた貴重ですよね。それに比べてヨンチェの兄弟は、金のためなら兄妹だろうが騙しそうだもの


まずは来週からの3兄弟の奮闘に注目ですねワンダフルラブも面白い(^^)/



ワンダフル・ラブ~愛の改造計画~ BOX1~3


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ