いだてん あらすじと感想 第15話 あゝ結婚

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第15話は「あゝ結婚」です。よ~やく思い(初恋?)が実りましたね、スヤさん


以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(≧▽≦)


いきなりの結婚話に驚く四三をよそに、スヤはともかく幾江が四三をねじ伏せにかかりました。幾江の息子でスヤの夫だった重行は、オリンピックが終わると間もなく亡くなってしまったのだそうですよ。スヤと一緒に鯛を持ってきてくれた時は元気そうで、スヤが眠っても起きて待っていてくれたのに気の毒でしたね


子どももいなかったスヤはその後実家の春野に帰されたそうなのですが、息子夫婦のいない広い庄屋の家で寂しくなった幾江は、思わず、スヤの実家を訪ねてしまったそうです。スヤは生き生きと鍋を洗っていたらしく、その様子を見た幾江は、なんとしてもスヤと一緒に暮らしたいと願ったのだとか。


私が死にたいと考えているのに対し、この人は生きようとしている!


それで白羽の矢が立ったのが四三でした。金栗家は四三のスウェーデン行のために池部家に田んぼを買ってもらいましたよね。幾江は、もし四三がスヤと結婚して池部家の養子になれば、田んぼを返してくれると約束してくれたのです


四三は、そういうことなら、結婚より養子が先だとグダグダ言っていましたが、要するに、4年後のベルリンオリンピックに向けて粉骨砕身努力せねばならない自分が結婚などもってのほかだと思っていたらしいです


とはいえ、相手はスヤですからね~。結婚したい気持ちも無くはないのですよね


煮え切らない四三にイライラした幾江は、この話はなかったことにして他の養子をとる!と言い出しますが、そこはスヤが断りました。重行が死んで間もない今、相手が四三だから引き受けた話であって、もし他の相手なら断るというのです


そこまで言われて断ったら男じゃありませんよね


こうしてすぐに結婚式が行われました。実次のへったくそな高砂では幾江に叱られそうでしたが、それよりもようやくこれでスヤと一緒に暮らせるという喜びの方が大きかったようです


こうして、自分の気持ちとはちょいとかけ離れたところで結婚が決まった四三は、初夜の床でもひたすら無粋に「何を置いてもオリンピック」だと言い続けました。それでスヤも自分にとって大事なのは義母の幾江だとやり返します


互いを大切に思う気持ちにかわりはないはずなのに、不器用な四三のせいで、ふたりは何もしないまま朝を迎え、四三はそのまま東京へ戻ってしまいました。雨の中、互いに傘を差しあうふたりが、なんとも切なかったですね


手紙を書きます!


その手紙には冷水浴のことが書いてあったらしく、スヤも着物を脱いで試してみたそうです。ひゃ~~気持ちいいっ!!


東京と熊本のふたりをつなぐのがばってん、否、冷水浴とは、今では考えられない愛のカタチですね


さて、東京に戻った四三は、その後、進路について大きな決断をしました。教師にはならず、このままマラソンを極めることにしたのだそうです四三らしいね~(^^)/


それを聞いた永井と幾江がそれぞれ東京と熊本で大騒ぎしたのが可笑しかったですね~。いやいやどんだけ暑苦しいメンバーなんだか


高師を出て教師にならぬなどもってのほか!熊本に帰って教師になるというから養子にしたのに騙されたっ!!あの男は好きになれんっ!!( `ー´)ノ


でも治五郎は、そんな四三を認めて励ましてくれました。それを海外では「プロフェッショナル」と呼ぶのだよ


今の時代ならプロの子連れランナーいますけどね~。当時はまさに「命懸け」の覚悟だったのでしょうね。


また今回はついに「浜名の河童」こと田畑が登場したようです~たぶんあの眼鏡をかけて泳いでいたのが田畑政治だったものと思われまする。ちょうど孝蔵が旅先でその様子を見かけたようです


その孝蔵は、円喬の期待虚しく、毎日酒と博打に明け暮れ、落語の方は鳴かず飛ばずだったようです。こちらもそろそろ渇が入る頃でしょうかねいだてんが楽しみ(≧▽≦)


前後のあらすじはこちらから

←14話のレビュー  16話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ