集団左遷!! ネタバレと感想 第1話 平成最後の下克上なるか?

福山雅治さん主演の日曜劇場、【集団左遷!!】を見始めました。これがなかなか面白かったですね~。やっぱりこの枠は勧善懲悪ドラマが似合いまするね


以下ネタバレのあらすじです集団左遷!!のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


主人公の片岡洋(福山雅治~坂本龍馬@龍馬伝)は大手メガバンクの三友銀行に勤めるフツーのサラリーマンでしたが、ある日突然、支店長に抜擢されました。


三友銀行はもともと大昭和銀行と三友銀行が合併して今のメガバンクになったらしく、今の頭取は大昭和系の藤田秀樹(市村正親~佐久間象山@JIN)であるにもかかわらず、成績は圧倒的に大昭和系が落ち込んでいるらしい


片岡が支店長になる鎌田支店も大昭和系の本店でしたが、今や廃点候補の筆頭に挙がっていたほどでした


常務で人事担当の横山輝生(三上博史~鳥羽上皇@平清盛)は、こうした成績の悪い支店を12店舗ピックアップし、その支店長には「何もするなと厳命します。廃店になった支店の行員たちは皆リストラされるそうですが、支店長だけは面倒を見ると約束されました


決して頑張らないように


そろそろ終盤とはいえバブル期に入行した片岡には信じられない命令です。しかも鎌田支店の営業目標は100億なのです


果たしてどうしたものか~迷いに迷っていた片岡は、鎌田支店で次々と「頑張らなければならない局面」に追い込まれていきます。最初は顧客の夜逃げ、そして次は「臨店」です


夜逃げした会社を担当していた平正樹(井之脇海~黒田大樹@義母と娘のブルース)は死にたいを連発し、臨店に引っかかりそうな融資の焦げ付きを抱えていた滝川晃司(神木隆之介~ごりん@いだてん)は書類の隠ぺいを図りました


放っておけばよいところを、片岡はつい、若いふたりを心配して頑張ってしまいます。夜逃げをした米山貢次(平山浩行~道上政伸@ゆとりですがなにか)をとっ捕まえ、融資に関しては本店の宿利雅史(酒向芳~枡屋@龍馬伝)に相談してくれました。ま、宿利は横山派だったのですけどね


また臨店に来たのは鮫島正義(小手伸也~蟹江@スーツ)を初めとするいかにも厳しそうなメンツでしたが、なだ万や弁松の高級弁当に釣られたのか、思いのほか静かでしたね


一方、どうやら廃店の噂を聞きつけていた副支店長の真山徹(香川照之~永田忠雄@流星ワゴン)は、今頑張るのではなく、実際に鎌田支店が廃店になった時に、行員の出向先が決まるように尽力してほしいと訴えました。今本店に逆らったらそれもできなくなる!


片岡は、迷いに迷った挙句、やっぱり今頑張ることに決めました。鎌田支店に課せられたノルマ、100億円を達成したら、廃店の話をなかったことにしてほしいと訴えます。その際は、もしノルマが達成できなければ、片岡も彼らと運命をともにすることになります。


廃店にしたくない店にしてみせます!下剋上だ!( `ー´)ノ


そんな鎌田支店には本店のスパイもいたようですね。いかにも怪しい真山ではなく、いかにも人の好さそうな花沢浩平(高橋和也~石川太郎左衛門@小吉の女房)あたりが怪しいでしょうか。それとも美人主任の木田美恵子(中村アン~玉井伽耶子@スーツ)とか?


平成最後にスタートした春ドラマ、大いに頑張って盛り上げてほしいものです。来週の放送も楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

第2話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ