青い鳥の輪舞(ロンド) ネタバレと感想 33話~37話まで

韓国ドラマ、【青い鳥のロンド】も毎日楽しく見ています。よ~やくジワンとソニがテスの本性に気づきました。以下ネタバレのあらすじです


産業スパイと疑われたにもかかわらず、ジワンはテスの肝いりでシカゴに栄転することになりました。シカゴにはミジンも行くそうです。


実際テスは、ジワンやシン・ヨンファンの追及を避けるためにジワンを厄介払いしようとしただけなのですけれど、素直なジワンは、会社に迷惑をかけた自分を引き立ててくれるなんて、なんと素晴らしい方なんだ!と感激してしまいます


が、ヨンファンは騙されませんでした。テスがジワンを陥れようとしていることを知ったヨンファンは、ソニに会い、テフ産業に関する資料は残っていないか問いただします。それがあれば、あるいは、テスの悪事が露見するかもしれないというのです。


そこでソニは以前ジワンが帳簿を見ていたことを思い出しました。それをジワンに伝えると、ジワンはむしろテスの影響でヨンファンを疑っていて、帳簿を渡すのを渋りますが、ソニは、ヨンファンはテフ産業の創立メンバーで、サンジュン亡き後ずっと力になってくれた、と説明します。


そのヨンファンが帳簿を調べた結果、何者かが改ざんした痕跡が見つかりました。これまたジワンは、ヨンファンが改ざんさせたのだろうと疑いますが、その一方でテスにも、来週帳簿を調べてもらうことになったと知らせました。帳簿は会社に忘れてきたと伝えたことで、もしテスが犯人だったら、必ずその帳簿を取りに行くはずだからです


案の定、ジワンとヨンファンが見張っているところに、テスが帳簿を盗みに来ました。これでジワンはようやくテスが仇だと思い知らされます。面倒を見てくれたのも、すべては真実を隠蔽するためだったのか!?


それからの展開はわりと順調ですね~。ヨンファンは部下に帳簿の復元を命じ、ジワンはあちこち奔走した結果、ついにジョンエがテフ産業の経理をしており、金を盗んだことを突き止めました


そのジョンエは、ヒョンドとウンスの仲を壊すためにキム家に乗り込んできて、娘のウナ(イ・ドヨン)を置き去りにしてスパイをさせています。ウナはウンスの妹なのですが、ウンスだけはその事実を知りません。でもウナは、ジワンやウンスの優しさにすっかりほだされていたようです


ウンスが赤の他人だと知ったジニも、想像に反してかなり早く、血のつながりは関係ない、ウンスはかけがえのない孫だと思い直してくれました。ヒョンドとの仲は相変わらず反対していますが、それはスギョンを気に入らないからのようです


それでもテスだけはサンジュンの親友だと思い込んでいて、今でも感謝し続けていました


テスの悪事を知ったソニは、そんなジニを見るのが辛そうですが、気の毒すぎて本当のことが言えずにいたある日のこと、ジニはソニに頼まれて昔の書類を探していた際、テフ産業の株式をテスに譲渡した際の契約書を見つけました。テスはジニを騙して、二束三文でテフ産業の株を手に入れたのだそうです


怒り心頭に発したソニはベストグローバルに押しかけていって、公衆の面前でテスを罵倒し、平手打ちしました。いや~ここはスカッとしましたね~。ま、そんなもんじゃ済まんけどな


あ~早くジワンやソニがジェチョルに辿り着かないかしらね~ジェチョルがカギを握っているのに早く誰か気づいて!( ;∀;)


そのジェチョルはついに銀行を辞める決意をしたようです。それもこれも、両親の苦労を知ったヨンジュが教員に復帰したからです。


でも子どもたちはヨンジュを疎んじていたようですね。そらそうですわね~だって自分勝手に辞めて子どもたちを置いていったのですもの。彼らの信頼を得るにはまだまだ時間がかかりそうです


その一方で、ジワンがシカゴ行きを止めると告げたことに失望したミジンは、ジワンから貰ったカップルリングを返して別れを告げました。ミジンは、自分よりも家族を大事に思うジワンを物足りなく感じていたのですよね。


となると~家族ぐるみで付き合ってきたヨンジュにも可能性が出てきたということでしょうか?


さ~て残り十数話となって、そろそろ反撃本番ですねテスをこてんぱんにやっつけろ( `ー´)ノ。テスをこてんぱんにした上で、ヒョンドとウンスに幸せになってほしいものです


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ