グッド・ドクター名医の条件~あらすじと感想 第15話 親愛なる誰かへ

グッド・ドクター~名医の条件~のあらすじと感想一覧はこちらからご覧いただけます: グッド・ドクター~名医の条件~あらすじと感想一覧(全18話)


The Good Doctorグッド・ドクター~名医の条件~】の第15話は「親愛なる誰かへ」(Heartfelt~心から)です。以下ネタバレのあらすじですグッドドクター名医の条件のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回扱われた症例は2件~ひとり目は生まれつき心臓が胸郭の外にあるティーンエイジャーのスピリット・ガルシア(Lexi Underwood)です。ショーンとレズニックが担当しました。


スピリットは、胸郭が十分に育つまで14年も待ったそうで、これでようやく心臓を胸郭の中に入れられるとオペを楽しみに待っていたのに、直前の検査により心臓が大きくなり過ぎて胸郭に収まらないことが判明したのだそうです


露出した心臓を守るために、友だちはいてもハグすることさえ禁じられてきたスピリットは、これまでは平気なふりをしていたけれど、もう我慢できませんでした。これ以上待つのはゼッタイにいやっ!!


そこでレズニックは、スピリットの胸郭に人工胸骨を嵌め込むことを提案します。ハグが苦手なショーンはスピリットの気持ちが分からず、一度手術してしまったら元には戻せない、合併症が起きたら困ると反対しますが、レズニックはQOLを優先すべきだと主張しました


I'm actually trying to help you and the patient. She wants to be able to rub elbows, and you need to learn how to trade elbows.
私は患者とあなたを助けたくて言っているのよ。彼女は他人と触れ合いたいと思っているし、あなたはどうやったら触れ合えるのかを学ぶべきだわ


オードリーはレズニックの意見を採用し、手術が行われることになりました。オペの結果は良好で、スピリットは、おそらくは生まれて初めて母親とハグをしたそうです


一方のクレアとジャレッドは、肝移植を待つ少年、エリック・バートランド(Nicholas Sean Johnny)を担当しました。ここに元警官という異色の経歴の持ち主、アレックス・パーク(Will Yun Lee)が加わります。パークは以前コイルに付いていたのだそうです。


その後クレアの奔走でようやくドナーが見つかりましたが、そのボリス・ティレインは元ロシアマフィアの殺し屋で監獄に服役中でした。ボリスは以前もドナーになりたいと申し出たのに、手続きに時間がかかりすぎて、レシピエントが死亡してしまったそうです


今回も賛否両論ありましたし、特にパークは元警官だけに猛反対しましたが、ニールとマーカスは、エリックの命を最優先に反対を押し切りました


が、そのエリック自身が、悪人の臓器をもらうのは嫌だとごね始めます


とはいえ、エリックは未成年なので両親が賛成すれば何の問題もありません。こうしてようやく移植に踏み切ろうとしましたが、今度はボリスが麻酔でアレルギーを起こしました。これでは生体肝移植は不可能です


自棄になって暴れるボリスに、パークは他にも選択肢はあると、あたかも自殺をほのめかすような発言をしました。ボリスはこれを素早く察知し、決して延命措置はするなと言い残して自殺してしまいます


ボリスの臓器は肝臓だけじゃなく、使える物がすべて摘出されました。おかげでエリックの他に3人が救われたそうです


クレアはパークのやり方に大いに不満のようでしたが、パークは、これでボリスは「英雄」になったと反論しましt。彼はとっくに死んだも同然だった。


In prison, he was a nobody. And now? He lives on as a hero to Eric's family, to the press, to you.
刑務所では彼は何者でもなかった。それが今は英雄として生きている。エリックとエリックの家族、マスコミ、そして君にとっても。


実際エリックはボリスの家族に感謝の手紙を送りたいと語っていました


また病院では慈善パーティーが開かれました。レズニックの勧めに従って2千ドル以上のタキシードを購入したショーンは、レンタルで十分だと語ったマーカスから声を掛けられます。いや~見違えたよ。どうやらおかげで偉いドクターたちともお近づきになれたようで何よりでしたね


一方、アオキはスポンサーのひとりで若いエイダン・コールター(Kelly Blatz)を好きになってしまったようです。アオキに相談されたマーカスは、支援者との関係は好ましくないと反対しましたが、それはあくまで建前ですよね。パーティーでのふたりもとってもお似合いでしたし、ふたりの恋を応援していきたいです


でもクレアとジャレッドにはついに破局が訪れたようです。クレアは、ふたりが初めて一緒に当直をした際にかかっていて、それをバックにファーストキスをした曲をすっかり忘れていたのだそうです。しかも、そんなことはどうでもいいことだとのたまいました


ジャレッドは、自分はクレアを愛していたが、クレアは一度もジャレッドを愛していなかったと語ります。いつかはきっとと思うのも疲れたようで、これを機に別れを告げました。でもね~何もパーティーの、しかもダンスの途中で放り出さんでも


またフリーになったニールには、早速?オードリーが接近中です。ジェシカも今さら後悔するぐらいなら、あんなこと言いださなければ良かったのにね~


さ~て、残り3話となっていよいよカウントダウンですね


前後のあらすじはこちらから

←14話のレビュー  16話のレビュー→



グッド・ドクター 名医の条件 シーズン1 DVD コンプリートBOX (初回生産限定)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ