バッドガイズ-悪い奴ら- あらすじと感想 第2&3話 グタクが狂犬と化した理由

バッドガイズ~悪い奴ら~あらすじと感想、キャストはこちらからご覧いただけます: バッドガイズ~悪い奴ら~あらすじと感想、登場人物一覧 (全15話)


韓国ドラマ、【バッドガイズ-悪い奴ら-】の2話と3話を視聴しました。このドラマは本来全11話のところを16話に引き延ばしているようで、それはそれで嬉しいんですが、そのせいで2話はちと間延びした感が否めませんでしたね~。2話だけだとめぼしい展開がなかったので3話とまとめさせていただきました


以下早速ネタバレですバッドガイズ~悪い奴らのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは、以前にもちらりと回想シーンで流れたグタクの過去についてまとめておきましょう


グタクには、文字通り目の中に入れても痛くないほどの可愛い娘、オ・ジヨン(キム・ヘユン)がいたのだそうです。もうすぐ留学を控えていたらしく、グタクは、本当はジヨンを心配しながらも、ジヨンがいなくなったら誰が飯を作るのだ、などと冗談を飛ばしていました。


そのジヨンがある時、何者かに惨殺されてしまったそうです。グタクはその仇を討つために、おそらくは、警察官としてあるまじき行動に出たようなのですけれど、それを上層部から咎められ、停職処分になったようです


殺人犯はケダモノなのに、そのケダモノを捕まえるために自らケダモノになろうとするとこうしてお叱りを受ける


同じように息子を殺された庁長だからこそ、グタクの気持ちを理解し、彼ならやってくれると確信したのですね~。


ちなみに、ウンチョル達3人が捕まったのもグタクが停職処分になった前後1ヶ月だそうです。そう言って探りを入れてきたミヨンを、グタクは一刀両断にしました。何か理由・因縁があるらしいことは明らかですね


さて、自分を告発したユジンを殺そうとしていたジョンムンは、グタクに見つかって脱兎のごとく逃亡し、車を盗んで逃げきろうとしましたが、ウンチョルはボンネットに飛び乗ってフロントガラスを蹴りウンチョル、スゴイ~(^^)/(前が見えないほど細かいヒビが入った)、テスは、通りかかった車を奪ってその後を追いました。さすがのジョンムンも、このふたりが相手では逃げきれなかったようです


これでようやく3人が連続殺人犯を追うのかと思いきや、いきなりテスが単独行動し始めました。テスはかつて師匠だったイム・ジョンデ(キム・ジョング~シン・ジャンホ@君を憶えてる)に襲われて死にかけた際、偶然通りかかったパク・ソンジョン(ミン・ジア~ユン・スジョン@私の人生の春の日)という女性に助けてもらったことがあるのだそうです。その後テスはソンジョンの夫の葬儀にもこっそり出かけて見守っていたそうです。


ジョンデは服役中のテスに面会し、自首して彼女を心配するより、自分で彼女を守るべきだったと語ったのだとか。テスのソンジョンヘの愛は純愛だから、犯罪者の自分にできることは罪に服して彼女の無事をジョンデに託すことだけだったのでしょうか。ジョンデは今でもソンジョンへの仕送りを続けていたようです。


彼女はお前が守れ


そのソンジョンが、実は連続殺人犯に襲われたにもかかわらず、難を逃れていたことが判明します。犯人は今のところ15名を殺害していますが、ジョンムンはその殺害方法から、もっとたくさん殺しているに違いないと推理しました


雨になると血の臭いが濃くなるから殺したくなる。


まさに、目には目を、サイコパスにはサイコパスを、でしょうかね~。そんな心理は異常者にしか分かりませんね


3人は、手柄を独り占めして減刑されるために、情報の共有を拒みました。それでグタクは彼らに必要最低限の情報しか渡さなかったようです。


テスはグタクと出向いた先で目にした「生き残った被害者」がソンジョンだと知り愕然としました。ソンジョンは犯人に襲われた際、娘が廊下に出て助けを求めたおかげで助かったのだそうです。


ソンジョンはテスを全く覚えておらず、テスが警察だという言葉を信じ、上ばかり見ずに下も見るよう、貧しいもののために働くよう忠告しました。


またジョンムンはミヨンとともにもうひとり生き残りの被害者の家を訪れました。彼女は妹を殺されましたが、本人は顔にひどい傷を負ったもののなんとか生き延びたのだそうです。


犯人はその時、ここに来れば効率よく人が殺せる、ヤツに勝つために、と語っていたのだそう


その「ヤツ」というのはチョ・ドンスという、1年前に逮捕された連続殺人犯でした。ドンスは23人殺害して捕まったそうです。


一方のウンチョルは「工務店」が怪しいと目をつけて、鍵師で不動産業者のユン・チョルチュ(パク・ヒョジュン~クムジュル@赤道の男)という男を子分にしました。この目の付け所がまた良かったのですよね


案の定、ウンチョルは犯人と思しき男を見つけてその後を追いましたが、反撃されて逃げられてしまいます。その結果、またしても新たな被害者を出してしまいました


ここでグタクはある罠を仕掛けます。何の罪もないチョルチュを犯人に仕立ててわざと逮捕したのです


テレビに映ったチョルチュを見たジョンムンはすぐに彼が犯人ではないと見抜きました。真犯人ならまだドンスの記録を抜いていないと怒るはずだが、彼は怯えているというのです。


~いつのまにかこの犯人が殺した人間は15名ではなく22名になっていましたが、ここは突っ込んじゃいかんとこだすな


もう一人殺せば1位だったのに


そう、グタクはこれを狙っていたのです。あとひとりで1位になれる、しかも、偽の犯人が捕まったとなれば、真犯人は必ず動き出すはず~しかも一度狙って殺し損ねた人間を狙うはず!


その読みは的中し、ソンジョンが狙われました。犯人は、ウンチョルが睨んだ通り、工務店の主人(キム・ビョンチュン~ボミ父@番人)です。


それでもなんとかテスが間に合って、犯人は無事逮捕されました。襲われたソンジョンは怪我をして入院したそうです。


テスはソンジョンを囮に使ったグタクが許せず、殴りかかりましたが、グタクは、情報共有を拒んだ方が悪いと反論しました。減刑さえされれば、犠牲者が増えても構わないんだろう?自分さえよければいいという考えを捨てて(ソンジョン以外の人間にも)思いやりを持て


一方のジョンムンは捕まえた犯人に被害者の写真を見せて罪を確認していました。すると犯人はそのうちのひとりは自分の犯行ではないと否定します


そこへ警察が乗り込んできて、ジョンムン達3人を連れて行ってしまいました。狩りが終わったから猟犬を返すのだそうです


が、その後またしても女性がひとり殺されました。工務店の男が殺していない女性を殺した犯人の仕業でしょうか


被害者の女性は、犯人の隙を見て警察に通報したにもかかわらず、そこは危険地域だからと捜索に二の足を踏んだ部下を庇った幹部(チョン・ホンテ~ホ理事@吹けよミプン)には呆れてしまいましたね。


それに~ですよ、殺人犯らしき男が、被害者の血液を抜いて集めていましたよね?それがあの工務店の男とは考えにくいのですけどね~。あれは単なる模倣犯、愉快犯のようでしたからね


これを受けて、もう一度、3人が呼び出されました。今後は、何か犯罪が起きれば集合し、犯人を逮捕したら減刑及び刑務所に戻るを繰り返すことになるそうです。晴れて懲役分の事件を解決できれば、皆自由の身になるのだそう。


え~ウンチョルとテスはともかく、サイコパスのジョンムンはあかんでしょ。だって本人に罪の自覚がないのですからね


それにこのジョンムンはグタクと深いつながりがあるようでしたね?さすがに「親子」はないんかな


バッドガイズ~悪い奴ら~」は今後の展開が楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第1話のレビュー  第4話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ