青い鳥の輪舞(ロンド) ネタバレと感想 38話~41話 テス絶体絶命!?

韓国ドラマ、【青い鳥のロンド】は終盤に来て大いに盛り上がっています。以下早速ネタバレです青い鳥のロンドのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ジワンはついにジェチョルに辿り着きました。が、テスも負けておらず、ジェチョルを買収しようとします


あと寸でのところでジェチョルはテスに例の手帳を渡してしまいました。せっかくの証拠を奪われて悔しがっていたジワンを、なんとなんとヨンジュが助けてくれます。ヨンジュは、ジェチョルの手帳がテスのもとに渡ったと知り、息子のヒョンドなら奪い返せると思ったのだそうです


ヨンジュは万が一の時のために偽の手帳も用意してヒョンドにすり替えるよう頼みました。ヒョンドも、父親を追い込むようなことはしたくなかったけれど、あのジワンがそこまで怒るのは余程のことだと、金庫の中の手帳をすり替えてくれます


ヒョンドから手帳をもらったジワンは早速、中身を調べました。借名口座はなんと40件にも及んだそうで、テスは、こともあろうに、サンジュンが亡くなったその日に、それらすべての名義を自分に変えたのだそうです


会長は、父の死にも関与しているのかもしれない!?


おばさんの記憶が確かならば、テスはサンジュンが苦しがっているのを知りながら見殺しにしたようでしたよね?それともその苦しがる原因を作ったのもテスだったのでしょうか? あんなに良くしてもらったのにね~


ジワンはさらにヨンファンの力も借りて、彼の委任状を手に入れます。ベストグローバルの株主総会に、ジェチョルを連れて乗り込んでいったのです


ジワンから過去の悪事を暴露されたテスは、ジワンを産業スパイ呼ばわりしました。設計図を漏洩させた男が何を言うか!?


だから、それはあなたが否定したんでしょ、って話でやんすよ


往生際の悪いテスはその後もジェチョルを脅し、またしても手帳を奪い返しました。ジェチョルは銀行を辞めて、同じく銀行を辞めた上司とともに果物の販売をすることにしたのですが、テスはその会社を潰すとジェチョルを脅迫したのです


でも、これまでタップリ学習した賢いジワンは既に手を打っていました。ジェチョルはジワンに言われてテスとの会話をすべて録音していたのです。ここはひゃっほー!でございましたねテスめっ!覚悟しいや( `ー´)ノ


一方のヒョンドは、ウンスのためにジワンに協力したことをちょっぴり後悔していました。ジワンなら、テスが謝れば許してくれると考えていたようです。いや~なにせ全財産=200憶ウォンですからね、そう簡単には許せませんよ。ヒョンドは良い子だし、ウンスと幸せになってほしいけど、テスはきちんと裁かれるべきです


またソニたちから事実を聞かされたスギョンは、夫の悪事を承知した上で、腹をくくっていたようです。一生贅沢をさせてくれるはずよね?~そうは言いながらも、実際は情の深いこの人なら、たとえテスが逮捕されても、出てくるまで待っていてくれそうです


さ~て今日はどうなるのかな。「青い鳥のロンド」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ