バッドガイズ-悪い奴ら- あらすじと感想 第5話 悪の巣窟

バッドガイズ~悪い奴ら~あらすじと感想、キャストはこちらからご覧いただけます: バッドガイズ~悪い奴ら~あらすじと感想、登場人物一覧 (全15話)


韓国ドラマ、【バッドガイズ-悪い奴ら-】の5話を視聴しました。これはフィクションと理解しつつも、まあよくもこれだけひどい社会=無法地帯を描いたものですね~。日本の場合ここまで悪辣な描写は、映画はあってもドラマではなかなかお目に掛かれないかもしれませんね


以下ネタバレのあらすじですバッドガイズのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


グタクは、前回捕えた臓器売買の犯人たちは氷山の一角で、実際には巨大組織が存在しているに違いないと確信しました。彼らは仲介業者、いわゆるブローカーなのです。


グタクはまずマーケットの中からこのブローカーを排除して、ブローカーを使っている黒幕をあぶりだそうとしました。それで出てきたのがファン・ギョンスン(イ・ヨンニョ~ユ・オッキ@愛の迷宮トンネル)です。ギョンスンは以前、風俗店の営業で逮捕された後はずっとこの人身売買業を続けてきたのだとか


ギョンスンを突き止めるまでトップと思われていたカンをテスが尋問したシーンもすごかったですね~。カンはすっかりタカをくくっていたのですけど、テスはその手にボールペンを2本突き刺した後、言わなければ殺すと脅したのです。俺は刑事じゃないからな


グタクは早速ナム庁長の許可をもらい、特攻隊長の援軍も取りつけました。ところが、この特攻隊長(チュ・ソンファン~ミン・ビョンウク@トンイ)もギョンスンに買収されていたというから呆れてものが言えません


しかも、仲間だと思って信じていたキム刑事もスパイでしたなんてこった!(;´Д`)


グタクは、ミヨンをキム刑事と待機させ、3人と敵陣に乗り込んでいきますが、最初からその目的を見破られていたという訳です


敵に正体を見破られたと知ってからの攻防がまた凄かった~バッドガイズが面白い(^^)/


グタクは監視カメラの部屋へ乗り込み、ギョンスンの部屋が15Fにあると突き止めます。ウンチョルは、群がる敵に背中を刺されたジョンムンを庇いながら、やっとの思いで逃げてきました。テスは華麗に敵を蹴散らして、ふたりのもとにやってきますテスはいついかなる時も冷静で華麗( *´艸`)


ウンチョルは、特攻隊も敵に寝返ったと知った時、組のボスからジョンムンを殺せと命じられ、殺せば自由にすると約束されたために、ほんのちょっとだけ、ジョンムンを見捨てようかどうしようか迷ったようなのですけれど、そこはちゃんと思い直して助けてに来てくれます。以前工具店のサイコにウンチョルが襲われた際、ジョンムンが助けてくれたことを覚えていたのだそう


そのジョンムンはウンチョルに、このチームに参加したのは減刑が目的ではなく、自分に人助けができるかどうかを確認したかったからだと打ち明けていました。単純なウンチョルにはちと話が難しかったようですけどね


そこへグタクも合流し、4人は普段使われていないエレベーターを使って15Fに乗り込むことにしました。ギョンスンを人質にすればなんとか逃げ切れるだろうという計算ですが、そのエレベーターは電源が切れている上、30秒で接触不良を起こすのだそう


頭脳派のジョンムンが動けないため、もうひとりの頭脳派のテスがエレベーターを動かすことになりました。5Fにある電気室へ行き、切断されていた配線をつないでエレベーターを始動させます。


テスを除く3人は何とか無事15Fに辿り着き、そこにいたギョンスンを人質にして5Fまで戻ってきました


その頃ようやく、キム刑事に殴られて山中に埋められそうになっていたミヨンが逆襲に転じ、ナム庁長に連絡をします


果たして援軍は間に合うのでしょうか?早く助けに来て!


ギョンスンは、いわゆる臓器提供者の子どもも大勢拉致して彼らを洗脳していたようで、まさに悪の権化でしたね。あの子たちの将来がこの記憶によって阻害されぬことを祈るばかりでござりまする


その一方で、テスがソンジョンの見舞いに行ったシーンも良かったですよね。グタクはソンジョンに花まで贈っていたそうで、そのグタクから、ソンジョン救出に尽力したのはテスだと聞かされたソンジョンは、テスに心から感謝していました。ま、娘のヌリはテスよりグタクを気に入ったようですが


いや~なんともハラハラさせられるドラマでござるね。本日の放送が待ち遠しいです


前後のあらすじはこちらから

←第4話のレビュー  6&7話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ