ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第9話 幽閉

中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の9話は「幽閉」です。また新たな人物が登場いたしましたね~これが今後どう関わってくるのでしょうか?以下ネタバレのあらすじですミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ユエを庇ってくれたのは羋姝でした。羋姝は、夜光石を見られなかったユエのために夜光石を盗んだと嘘をついたのです。ああ見えてなかなか賢い南后は、何が本当かは分からないけれど、この争いが世間に知られたらイイ笑いものになるからこの辺で収めた方がよいと進言しました。夜光石は威后に差し上げますわ


さすがの威后も実の娘を罰することはできず、懐王にもたしなめられたため、引っ込まざるを得ません


羋姝とともに黄歇の貢献も無視できなくなったユエは、あらためて黄歇の誠意に感じ入りました。黄歇は、万が一ユエが脚を切られたら、弟たちの面倒を見るつもりでいたのだそうです。


私の望みはただ一つ。君と心が通じ合うこと


一方、すっかり馬鹿にされた羋茵は、その悔しさを威后に訴えました。ユエさえいなくなれば、黄歇殿はきっと私を好きになるはず!(んなわけあるかい


威后は、男女のことは縁だから、心がけをよくするしかないと教えた上で、羋姝がユエに感化されぬよう見張ってほしいと命じました。


そしてユエは、自分を陥れようとした羋茵に意地悪をします。気が変わったわ。黄歇殿は私にとって運命の人かもしれないわ


黄歇は耳ざとくこの言葉を聞いていて、ようやく分かってくれたか、早く結婚しようと大喜びです


そんなふたりに嫉妬を燃やした羋茵は、ユエが羋姝と秦王の仲を取り持とうとしたと威后に告げ口しました。威后はその証の手ぬぐいを発見し、今度こそ許さないと、ユエを杖刑に処した上、月華台という寝殿に幽閉してしまいます。羋姝もまた高唐台から出ることを禁じられてしまいました


その秦王は一旦秦に戻ったようで、懐王は、替え玉作戦が奏功したとほくそ笑んでいましたが、そうではありませんよね


一方で、女好きの懐王のもとに、魏の国から美しい公主が献上されてきました。その名も「魏美人」と呼ばれたその女性は、すっかり懐王を魅了しますが、南后とは違って野心はなく、遠い国へ差し出された我が身の不幸を嘆いていたようです


その魏美人が庭を散歩していた際、ユエが幽閉されている月華台の近くにやってきました。その頃ユエは、窓を開けて蔦を伝い、外に抜け出していたところです


ユエは素直に魏美人の美しさを称えましたが、魏美人は、その美貌ゆえに孤独なのだと打ち明けました。ユエが、自分には友と呼べる人がいると話すと、魏美人はユエが羨ましいと語ります。ふたりの性格はまったく正反対ゆえに、どこか惹かれ合うところがあったようです


その頃南后は、懐王がすっかり魏美人に夢中なのに腹を立てていました。靳尚はそんな南后に、九尾天狐の骨で作った人形を届けます。九尾天狐は100年で美女に変化するという伝説の狐でその香りは最上の媚薬となるのだとか


まったくね~懐王が女好きだから、それに媚びようとする輩は皆、こんなものばかり持ってくるようになっちまって


さ~て今日はどうなりますかね。ミーユエは続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第8話のレビュー  第10話のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ