ワンダフル・ラブ ネタバレと感想 第16~21話 アホ亭は不倫女にくれてやれ

韓国ドラマ、【ワンダフル・ラブ】も毎日楽しく見ています。ようやくジョムスンにイラっとしなくなったので、残るはキム室長のみです。も~ダジョンもあんなアホ亭主はさっさと不倫女にくれてやればいいものを


以下ネタバレのあらすじですワンダフルラブのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずそのキム室長は、口ではジャンホとは別れる、会社も辞めるとしおらしいことを言いながら、一向にその気はないようです。むしろジャンホの前で他の男といちゃついてその嫉妬を煽り、ますますジャンホの気を惹きました


それでもジャンホも離婚する気はないようで、このまま仮面夫婦を続ければ、ダジョンもセレブ妻でいられるからそれでいいだろうとのたまいます。どうせ離婚してもダジョンが独り立ちできないことを馬鹿にしてのセリフです


も~ここはヨンスが一念発起して、いっそダジョンとともになにか商売を始めたらいいんじゃないですかねヨンス、もっとしっかりせんか!( `ー´)ノ。ジウもすっかりヨンスに懐いて、ヨンスが父親だったら良かったのにと言っているくらいですからね


さて次は気になる「ミンスの正体」です。既に最初の頃にミンスはフンナムだと確信したおばさんとしては、ここ最近ずっとウノクが、ミンスはユンジェであるかのように仄めかしているのが不思議でなりませんでした。もしかしてアタイの勘違いか?と思わず心配しましたが、どうやらそうではなさそうです


ボッキは、ボムスから、ミンスは「ナラファッション」の経営者に養子に出された後火事で亡くなったと聞かされました。そこでなんとかギナムに辿り着き、兄弟アパレルを訪ねてミンスのことを聞き出します。あの写真を見たギナムは真っ青になって、何も知らないと答えました。弟も実の弟だと主張します。


ギナムはボッキが帰った後、何者かに電話をして相談をしていましたが、果たして相手は誰なのでしょうか?


ボッキはミンスのことを子どもたちには内緒にしていたため、兄弟アパレルでもヨンチェとはニアミスで会えずじまいでした。ヨンチェはスジンから投資を受けるための審査に出品しに行ったのです。ドンスが置いていった名刺がいつかヒントになるのかしらね


この投資に関しては、ヨンチェとフンナムがスジンから度重なる妨害を受けてもめげず、二人でやり抜くと誓ったのですよね。お互いに相手のことを知るたびに好感を抱いていく様子がまた何とも微笑ましくて、思わずギナムの気分で見ちゃっています。フンナムがまた笑顔になってきたのはヨンチェさんのおかげだ


デザイン審査では、スジンが審査員に手を回して不正が行われていたようですが、一般のマーチャンダイザーは、兄弟アパレルの「クールビズ」を高く評価していたようで、ライバルと同票となり、残りは一票というところで「次回に続く」となりました。


最後の一票は自分が開けるとスジンがしゃしゃり出て来たところを見ると、絶対にごまかすつもりですよね。あのわざとらしい笑顔はそれを隠すための芝居なのでしょう


いつも思うことなれど、なんでああも自分を好きじゃない男に執着するんでしょうかね~理解できんて。ウノクという悪い見本が近くにあるのに、なぜ学習せんと?あんたも母親みたいになりたいんか?!


ま、フンナムがヨンチェを信じてくれているうちは、誰が何を言っても楽しいですけどね。フンナムといる時のヨンチェがめっちゃ可愛くて、ニンマリしてしまいます


ワンダフル・ラブ」は来週の放送も楽しみですね



ワンダフル・ラブ~愛の改造計画~ BOX1~3


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ