集団左遷!! ネタバレと感想 第4話 汚名返上!

福山雅治さん主演の日曜劇場、【集団左遷!!】の4話では花沢が大活躍でしたね~。見事、スパイの汚名を返上しました。以下早速ネタバレです集団左遷!!のネタバレ感想行きますよ~(^^)/



皆で地味~にチラシを配っていたところに、花沢の昔の客だという神崎昇(戸次重幸~山田正治@なつぞら)が融資を申し込みにやってきました。その額、なんと40億!?


しかもわざわざ蒲田支店にやってきたのは、花沢が信頼できる銀行員だからというではありませんか


すっかり意気に感じた片岡は花沢に汚名を返上させるため、先手必勝とばかりに横山のところに「仁義」を切りに行きました。どうかこの案件を成功させたいから邪魔をしないでほしい!


すると横山は、意外にも、頑張ってくださいと言ってくれました。もちろん裏があるに決まっていますが、単純な片岡はすっかり信用してしまいます


が、一方の花沢は担当から外してほしいと言い出しました。その花沢のところには、ひっきりなしに横山から「非通知」電話がかかってきていたので、小心者の花沢は、どちらに対しても気が咎めていたのかもしれません


そこで片岡は滝川を担当に据えましたが、なかなか話が進みません。手順としては先に相手の上役に会わなければならないのに、相手はいつもお茶を濁して断ってくるのです


どうしたものかと思っていた矢先、事件が起きました。蒲田支店に雑誌の取材が来ていたのですが、そこに蒲田支店は「集団左遷」になるとの記事が掲載されてしまったのです


こんな記事を見たら顧客が不安になってしまうとの心配通り、神崎が文句を言いにやってきました。こんなことではほかの銀行にお願いせざるを得ない!


そこで片岡は仕方なく契約することにしました。が、真山と花沢は年の功でピンときたらしく、相手側の会社に乗り込んでいきます。それでついにこれが「詐欺」だと発覚しました。どうやら本部の宿利も加担していたようです!?


これってもう立派な背任行為=犯罪なんですが


この詐欺師を捕まえるのも、花沢が文字通り体を張って=鼻血を出して大活躍でした娘さん、お父さん、頑張ったよ~(/_;)


こうして間一髪のところで被害を免れたものの、40億の融資が無しになったと落ち込んでいた片岡に朗報がもたらされます。「集団左遷」の記事は、詐欺師を焦らせましたが、地元の顧客は皆、蒲田支店が潰れたら困ると言って様々な案件を持ち込んでくれたのです


やればできるもんで、これでノルマの約半分が達成できました。三嶋からも20億の融資がほぼ決まっているようです


ノルマ達成も夢じゃない~と皆が湧きたっていたところで、花沢は横山にスーパーへ左遷されてしまいました。でも、ずっとスパイのままだったら、あの笑顔は出ませんでしたよね


一方でへまをした宿利も飛ばされ?布団屋に出向させられていた梅原が戻ってくるようです


ああ見えて強面な検査部次長の鮫島が、最後には味方になってくれそうな気もしてきました


集団左遷!!」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第3話のレビュー  第5話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ