琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~を見始めました(1&2話ネタバレと感想)

中国ドラマ、【琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~】を見始めました琅琊榜ろうやぼう)というとても面白いドラマがあることは知っていたのですが、残念ながらシーズン1の「麒麟の才子、風雲起こす」をBSジャパンで放送した時にはご縁が無くて視聴できませんでした


その後もいつかどこかで再放送をしないかな~と期待しておりましたが、いきなり<シーズン2>を放送すると聞き、大分迷いはしたものの、視聴に踏み切った次第です。お、現在BS12で放送中の「ミーユエ」に登場中の劉涛(リウ・タオ)さんも1に出てらしたのですね~。もう顔ぶれ見ただけで面白そうです。それこそBS12さん辺りで放送してくださらないかしらね


と、おばさんの期待はさておき、とりあえず2の第1話と2話を視聴したので、あっさりネタバレをまとめておきまする琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。1を見ていないために勘違いをしているところもあるかもしれませんが、もしお気づきの方がいらしたら教えて頂けましたら幸いです


物語の舞台は「梁」という南北朝時代の架空の国だそうで、シーズン1で皇帝となった武靖帝の息子の梁帝が国を治めていますが、どうやらこの梁帝はかなり体が弱いようです


そのせいもあってか、梁帝は義兄弟で「長林王」と呼ばれている蕭庭生(しょう・ていせい)に全幅の信頼を置いていました


その庭生はある時、北方の大渝が国境を越えて南下してきそうだと報告し、早速長林軍の派兵を提案します。実際、庭生の長男、平章は既に甘州へ向かったそうです。


長林王府の台頭を快く思わない重臣たちはこぞって反対しますが、梁帝はすぐに義兄の意見を聞き入れました。重臣らしい宋浮は、皇后である荀氏の兄、荀白水(じゅん・はくすい)に、食糧の補給をする立場を利用してその動きを封じると仄めかします。実際、3隻もの補給船が沈没してしまったそうです


そのせいで平章の長林軍は大敗してしまいました。平章自身瀕死の重傷を負って戻ってきます。


その頃、その平章の弟、平旌(へいせい)は琅琊閣で修行に励んでいました。琅琊閣とは朝廷にも影響を与える情報組織だそうで、ドラマのタイトルとなった「琅琊榜」はこの琅琊閣が毎年発表している様々なランキングを指すのだとか


そこで補給船が沈没したと聞いた平旌は、すぐに甘州へ駆けつけてきます


その頃平章は年若い医師の林奚の治療を受けていました。彼女は済風堂老堂主の最もすぐれた弟子だそうですが、どうやらこの林奚の父親は林深と言い、庭生から「3弟」と呼ばれた人物で(義兄弟?)、ふたりは子ども同士を結婚させようとしていた仲らしいです。


20年前、老堂主は、今回の平章と同じように負傷していた林深を救えませんでしたが、林奚は見事に父の親友の息子を救いました。


でも老堂主はこれらを承知しながら、林深の妻と娘の行方は知らないが、きっと元気でいることだろうと答えていたようです


でも平旌と林奚との縁は大事にしているらしく、林奚に平旌を助けるよう命じていました。平旌は、此度の「補給船の沈没」について秘かに調べに行ったのです。庭生は朝廷に調査を依頼しましたが、それで明らかになるとは考えていない=重臣たちの陰謀に違いないと考えていたようです


とりあえずはこんなところでしょうかね~。今かなりの数のドラマを並行視聴しているため、どれかが終わるともう少しジックリ時間を割けると思うんですけど。面白そうなドラマだから、あまり飛ばさずに見ていければと存じまする


琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~】は続きもとっても楽しみです



琅邪榜(ろうやぼう)<弐>~風雲来る長林軍~ DVD-BOX1


前後のあらすじはこちらから

次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ