バッドガイズ-悪い奴ら-の心はナイスガイだった(最終回ネタバレと感想)

バッドガイズ~悪い奴ら~あらすじと感想、キャストはこちらからご覧いただけます: バッドガイズ~悪い奴ら~あらすじと感想、登場人物一覧 (全15話)


韓国ドラマ、【バッドガイズ-悪い奴ら-】の15話~最終回を視聴しました。いや~スカッとしましたね~。スピンオフ的なシーズン2もあるそうなので、是非続けて放送していただきたいです


以下早速ネタバレですバッドガイズ~最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/

キム・ドンホがすべてを白状しました。ドンホもまた連続殺人犯に妻を殺された被害者遺族だったのだそうです。その犯人を起訴して無期懲役にしたのがジェウォンだったらしい


妻を失った悲しみは時が経っても癒えることがないばかりか、むしろひどくなる一方で、そんな日々を2年ほど送った頃、ジェウォンが「サイコパスのジョンムン」の治療を隠れ蓑にしたある計画を持ち掛けてきたそうです。それが、ジョンムンに薬を飲ませて、ジェウォンやドンホのような被害者遺族の無念を晴らすこと=加害者の家族を殺させること、です


ファヨン洞連続殺人事件の被害者は皆、他の殺人事件の加害者の家族だったのだそうです。いや~そこはちゃんと警察が気づかんといかんやろ


でも、ジョンムンは、薬を飲まされても決して人殺しはしなかったそうです。ミステリー小説やドラマで「サイコパス」と呼ばれる場合、それイコール殺人鬼という印象が強かったのですけれど、たとえサイコパス=反社会性パーソナリティー障害であっても、誰もが殺人鬼になる訳ではないのですね~。


そこでジェウォンはチャ室長とともに対象者を殺していったそうです。ジヨンを殺したのもジェウォンたちでしたし、テスとウンチョルにジョンムン殺害を依頼したのもジェウォンでした。もちろんドゥグァンを殺したのも


ジェウォンがグタクに目を付けたのは、グタクがジョンムンを犯人だと思い込んでいたからだそうです。ジヨンの留学のためにドゥグァンから金をもらい=欲に目がくらんだグタクなら、そこに怒りが加われば獣になると確信したのだとか


ジヨンを殺したのは己の欲深さと愚かさだったと気づいたグタクは、ジョンムンに心から謝罪しました。ジョンムンに拳銃を渡して恨みを晴らすよう促します


ジョンムンは、サイコパスの自分には感情というものが無いと語り、それをこの数カ月で、グタクから学んだと伝えました。恨みも悲しみも喜びもあんたに教わった


一緒に敵を倒しに行こうというジョンムンの言葉に立ち上がったグタク胡蝶の夢作戦だ!( `ー´)ノ。あいつらが薄汚いケダモノだということを思い知らせてやる!!


最後の決戦に行く前に、テスはソンジョンに会いに行き、すべてを打ち明けて謝罪しました。テスがソンジョンの夫を殺したのは、ソンジョンを好きになったからなのだそうです。いや~これまたあかんわ~。交通事故に見せかけるため行った様々な悪事も洗いざらい打ち明けました


涙ながらに全てを語ったテスに、ソンジョンは言葉を発することができず、ただただ泣きじゃくります。テスもまたその横で泣きながら土下座し、何度も何度も頭を下げて謝りました


こうしてすべてのしがらみを絶った4人は、ドンホをエサにジェウォンをおびき出しました。ドンホがいるのでジェウォンも警察を呼べません。相手が20名ほどなら、テスとウンチョルで十分ですこのふたりがいれば百人力です( `ー´)ノまたイイコンビだ( *´艸`)


ジョンムンがドンホに見せかけたグタクを連れて逃げ出したのを、期待通り、ジェウォンが追ってきました。ジェウォンは得意気に自分の悪事を正当化してべらべらしゃべりまくり、その様子はすべて監視カメラで撮影されてミヨンの知るところとなります


グタクはジェウォンにジヨンを殺された恨みをぶつけ、あやうく殴り殺そうとしますが、そこはジョンムンが止めてくれました


そこへミヨンがやってきてジェウォンとドンホを逮捕します。ミヨンはここで世間がどうこう言ってたけど、世間だけじゃなくて、法律でも完璧アウトでしょ。信じられんわ~まったく


そしてミヨンはグタクに、庁長が亡くなった今、減刑の約束も守れないし、グタクも罪に問われるから、いっそこのまま逃げてはどうかと提案しました。でもグタクは、たとえ1日でも人間らしく生きようと決めたとキッパリこれを断ります。


罪を犯したら堂々と罰を受け、反省し、許されて、新たな人生を生きねば~それがナイスガイだ


でもミヨンはどうやら新しい庁長?と取引してくれたようです。以前逮捕し、服役中に自殺に見せかけて殺された工務店の犯人が殺したとされる被害者の中に、彼の仕業ではないケースがあったのを引っ張り出してきたのだそうです。それはジェウォンの仕業でもなかったらしい。


それを解決する方法はないのか?


庁長の問いにあると答えたミヨンは、迷うことなくグタクに会いに行きました。「狂犬」を再び解き放てとのことです


ニヤリと笑ったグタクは、当然、テスとウンチョルを呼び戻すことでしょうね。再審中のジョンムンもおそらくは釈放されて合流することでしょう


犯罪は決して許されることではないけれど、罪を犯して反省した人間だからこそできることがある~これからの彼らは前にもまして一層頼もしく活躍してくれることでしょう。ミヨンが悲しみを吹っ切って一層逞しくなったのも良かったですね~庁長もきっとあの世でこの成長を喜んでいることでしょう


久しぶりに骨太韓国ドラマを堪能しました。大満足です



バッドガイズ-悪い奴ら- DVD-BOX


前後のあらすじはこちらから

←第13&14話のレビュー


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ