いだてん ネタバレと感想 第19話 箱根駅伝はアメリカ大陸横断駅伝の予選会だった!?

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第19話は「箱根駅伝」です。いや~驚きました。以下早速ネタバレですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


日本中を走りに走った四三はついに、もう国内には自分が走るところが亡くなったと嘆いたそうです。そこで思いついたのは、フォレストガンプ並みにアメリカ大陸を横断すること!?


総距離4000キロにもなるのでは、いくら韋駄天の四三でもひとりじゃ無理だということで、これまた駅伝形式にしようと言い出したら、当時四三に感化されて東京・札幌間を22日かけて走ったというこちらもマラソンバ〇()、否、マラソンオタクの沢田英一という明大生がやってきて大いに賛同した上で、それなら予選会を開いたらどうかと提案したそうです。


なるほどそれは良い考えだと頷いた四三は、部屋から見える「箱根」がよいと閃いたのだそう。何せロッキー山脈を越えるのに平地で予選をしても意味ないですからね。なるほどね~そう繋がりましたか


一方で、アントワープオリンピックの開催を知った治五郎は大喜びで、四三にこれを伝えます


8年待った甲斐があった!正月返上で準備をしなくては!!


と喜ぶ傍ら、四三は、またしても費用が心配になりました。前回の渡航費用はすべて池部家が払ってくれたようなものなのに、四三はあれから一度も熊本に帰ってないのだそうです。せめて正月には顔ぐらい見せておかないと、スヤはともかく幾江の機嫌が心配です。


そこで四三は正月に帰郷することにしました。それでも幾江は相変わらずの仏頂面で、いったいいつになったら帰ってくるのか?と嫌みを言います。言い淀んでいる四三に代わって、実次が代わりに約束しました。次のオリンピックで金メダルを取ったら戻ってきます!!


それを聞いたスヤはふと、勝てなかったらどうするのか?と心配しますが、今言ったところで始まりません。大丈夫!四三さんなら必ず勝てるばい!!頑張れ四三!( `ー´)ノ


その頃東京では、思いもよらぬ「悲報」に皆が打ちひしがれていましたストックホルムで死人が出たから(;´Д`)。なんと、アントワープオリンピックの競技に「マラソン」が含まれてなかったのです!?


どうしてだ!あれだけ約束したのに、クーベルタンっ!!


でも嘆いていたのはマラソン関係者だけで、永井やトクヨ、そして体育協会会長の岸などは、それも仕方ないとあっさり引き下がります。ストックホルムでは死人も出たし、戦後で荒れ果てた国土をマラソンのために整備することも難しかったのでしょうね。マラソンなら日本がメダルを期待できるからなどとはとても言えないというのが大方の意見でした


それでも治五郎は諦められません。ましてや、8年越しの夢を叶えようとしている四三に、真実を告げることなどできません。せっかく費用は国が出してくれることになったのにね~


その四三は何も知らずに「箱根駅伝」の準備を進めました。そこで駅伝&マラソンオタク=バ〇なおばさんが驚いたのは、早稲田の三浦弥平さんの名が挙がっていたことですばばば!( ;∀;)。三浦弥平さんはその名が付いたレースが毎年開催されるほど、福島県では有名なランナーなのですよ~


記念すべき第1回の箱根駅伝にはその弥平も早稲田の代表として出場しました。ちなみに参加したのは、東京高師、早稲田、明治、慶応の4大学だけだそうです。四三は伴走車に乗って皆を応援しました


現在同様、レースは2日に渡って行われたそうですが、1日目は午後のスタートだったため、ゴールは夜になったそうです。そして2日目は箱根に雪が積もってしまいました。そこで四三は、マラソン足袋の裏のゴムを削って滑り止めをしたそうです


それで選手は何とかなったものの、車は走れなかったため、四三は自ら走って皆の伴走をしたのだとか。いや~さすが、韋駄天!!


高師で野口の「中継」を聞いていた治五郎は、居ても立っても居られなくなってゴール地点に駆けつけていきました。その後はなんと、いつもは無関心&不愛想な岸までもがはやる心を抑えられず、その後を追ったそうです


レースの終盤はもう接戦で、2位に甘んじていた高師のランナーが、どうやら足を痛めたらしい明治を抜いて1位に浮上し、ゴールしました。2位の明治のランナーが、最後はもうヘロヘロになって倒れ込みながらも、必死でゴールを目指していたのを見た岸は、我を忘れて彼を応援します頑張れ、あともう少しだ( ;∀;)


こんなに感動的な競技は、是非オリンピックでやるべきだ!!


岸は、駅伝やマラソンをそれまで一度も見たことがなかったそうです。そーなの、そーなの。駅伝に勝るドラマはないと、ドラマ好きなおばさんが胸を叩くほどなのです


治五郎は再び、クーベルタンに手紙を書きました。どうか、どうか彼らの熱意を汲んでほしい!!


一方、この様子は「五りん」が書いたネタとして高座でも披露されました。そちらも駅伝方式で、五りんと今松(荒川良々~古賀先生@俺のスカートどこ行った)以外は、何と何と森山未來さんが、志ん生の長男の(金原亭馬生)と次男の強次(古今亭志ん朝)を演じ分けていたのには驚きましたね~。しかも語りも上手い!


また、どさくさに紛れて五りんが「オヤジが箱根駅伝を走った」と言っていたのが気になりましたね。母親は播磨屋で働いていたそうだし~とこの辺にオチはあるのでしょうか。クドカンだからあるな~きっと


来週はいよいよアントワープオリンピックです。続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←18話のレビュー  20話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ