グッド・ドクター~名医の条件 あらすじと感想、登場人物一覧

アメリカABCでリメイクされた「グッド・ドクター~名医の条件」もつい先日見終わっています


リメイクとはいえ、オリジナルの韓ドラとは一味も二味も違っていて、見ていて飽きさせませんでした。最初は、韓ドラや日本版の主人公と比べてちょいと違和感のあったショーン・マーフィー(フレディ・ハイモア)も、見進めていくうちにすっかり情が湧いていつしか応援していました


またそんなショーンを取り巻く人物がまた良かったですね~。無駄にイライラさせるような意地悪はまったくなくて、いかにもアメリカらしい合理的な対応がそれに取って代わっていました。最近は韓ドラのこうした手法に慣れきっちゃって諦めていましたが、このグッドドクターを見て改めてアメドラの良さを痛感した次第です


アメリカでは既にシーズン3の製作&放送も決定しているそうです。是非Dlifeさんでも続けて放送していただきたいですね~


《グッドドクター~名医の条件、あらすじと感想》


グッド・ドクター名医の条件~あらすじと感想 第1話 雨の日の匂い


第2話 嘘と皮肉


第3話 ひとつの命


第4話 眠れぬ夜に


第5話 偽りの希望


第6話 決断と結果


第7話 22歩


第8話 過ちとリンゴ


第9話 心音のリズム


第10話 勇気と犠牲


第11話 思い出の作り方


第12話 思い出の紡ぎ方


第13話 7つの理由


第14話 彼女たち


第15話 親愛なる誰かへ


第16話 治せない痛み


第17話 笑顔の価値


グッド・ドクター名医の条件~最終回 ネタバレと感想 友情と思い出



《グッド・ドクター~名医の条件、主な登場人物とキャスト》


ショーン・マーフィー(Freddie Highmore):
聖ボナベントゥラ病院のレジデント。自閉症でサヴァン症候群


ニール・メレンデス(Nicholas Gonzalez):
ショーンの上司で主任外科医


クレア・ブラウン(Antonia Thomas):
ショーンの先輩レジデント。性差別や人種差別と闘う


ジャレッド・カルー(Chuku Modu):
クレアの同期、兼、BF


アレグラ・アオキ(Tamlyn Tomita):
理事かつ財団の副代表


マーカス・アンドリュー(Hill Harper):
外科部長


アーロン・グラスマン(Richard Schiff):
病院長でショーンの後見人


ジェシカ・プレストン(Beau Garrett):
病院の弁護士。グラスマンの娘とは友人だった


オードリー・リム(Christina Chang):
ERの外科医


モーガン・レズニック(Fiona Gubelmann):
レジデント


アレックス・パーク(Will Yun Lee):
元警官のレジデント


リア・ディレーロ(Paige Spara):
ショーンの隣人

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません