ワンダフル・ラブ ネタバレと感想 第32~36話 ミンスはどっちだ?

韓国ドラマ、【ワンダフル・ラブ】の32話から36話迄視聴しました。今週はなかなか楽しかったですね~。フンナムとヨンチェ、ダジョンとヨンスのみならず、今週はゴウンとヨンジュンまでお似合いに見えてしまいました


以下早速ネタバレですhare


でも、自他ともに認めるミステリーオタクのおばさんが気になるのは、やはり、本物のミンスは誰だ?ということです。何せ今週はますますホン先生ことユンジェがミンスではないかという疑惑が湧き上がってきたのです


少なくともウノクはそう信じ切っているようですね


~でも、下世話なところでいうなら、もしユンジェが本当にボッキの息子だったら、公式サイトの相関図にその名前が無いというのもおかしな話ですよね


またヨンイの話によると、ギナムの母(イム・ジウン~ワン・ジヒョン@ずる賢いバツイチの恋)は間違いなく「弟妹を妊娠していたそうです。彼女は、耳の不自由なギナムのためにも弟妹がいた方が良いと考えていたようですね。実際も、工場が火事になった時、逃げ遅れていたギナムを助けたのはフンナムだったのだとか


一方のボッキはボムスとともに寺にミンスを弔いに行きました。どうやらそこの和尚はヨンチェたち3人の伯父に当たるようで、ボッキに3人を託した人物らしいです。


和尚はミンスの生年月日を見て、この子は健康で長生きする運命だから、早死にするわけはないと教えてくれました


それでボッキはもう一度ミンスの生存を信じて広告を出すことにします。そこで辿り着いたのがユンジェの父親=ホン・インギ(キム・ホヨン)でした。インギはギナムの父親とともにナラ・ファッションを経営していたようです。以前ギナムの家の法事にも来ていましたものね。


ボッキがミンスを諦めていないと知ったウノクは早速インギを口止めに行きました。ウノクはインギに、ボッキがミンスを捨てたと嘘をついていたようです。自分で捨てておきながら今さら会いたいだなんて虫が良過ぎる!


インギはボッキに、ミンスは間違いなく火事で死んだと嘘をつきました。が、ホン親子が一緒にいるところを目にしたボッキは、ユンジェこそミンスに違いないと確信します。あのウノクが赤の他人を留学させたりするはずがない!


ユンジェはボッキの話を信じようとしませんでしたが、偶然、インギが持っていたミンスの写真を見た後に、ボッキから同じものを見せられたために、確信が無くなってしまいます


DNA鑑定をしてくれないか?


そうそう、それが一番確実で手っ取り早いですよね~。邪魔が入らんと良いのですが


さてお次はヨンチェとフンナムに参りましょうか。


ヨンチェは、ボッキが何を言っても金を貸してくれないことに怒って家を出て行ってしまいました。それでも、情けないことに、数日間のサウナ暮らしで金が底をつき、さらに情けないことに、ヨンジュンに金を借りに行ったところでゴウンに見つかってしまいます。


そこからヨンイに連絡が行き、ヨンイからダメ押しでフンナムと別れてほしいと言われたヨンチェは、もう別れたから安心してくれと答えました。ウノクはフンナムに、スジンと結婚すれば投資すると申し出ていたのです


が、フンナムはヨンチェを諦めきれず、この申し出をキッパリ断りました。ギナムも、当然、弟を売るような真似はできないと会社をたたむ決心をしたのですが、ヨンイが勝手にスジンと復縁させようとしたのです


フンナムはヨンチェの家を訪れて、ボッキと話をしました。ボッキは、家が倒産したというのは嘘だが、子どもたちを改心させるために、金を貸すわけにはいかないと説明します。フンナムは、どんなことがあってもヨンチェと一緒に乗り越えていきたいのだと胸の内を打ち明けました


フンナムがスジンの恋人だったと聞いて反対していたボッキも、これですっかりフンナムを気に入り、もう一度ボムスに話して投資の話を進めてもらうことにします。ボムスは早速兄弟アパレルを訪れて、デホリッチから借りていた9億も合わせて合計14億を全額投資してくれました


これでヨンイももう反対する理由はありません


フンナムとヨンチェは皆の祝福を受けてめでたく婚約しました。ヨンチェの家にフンナムが挨拶に来た時はまたとりわけ楽しかったですね~。フンナムは、ヨンスの命令に従って、ヨンチェを抱いてスクワットをしたのですが、これと同じことをボッキでもやってくれたのです。必ず親孝行します!


最初に会った時から他人のような気がしなかったというフンナムのその直感こそ当たっていると思うんですけどね~。いったいいつどこでどう入れ替わったんだろうか?


ボッキは、もし自分が死んでもフンナムなら、ヨンチェだけじゃなくヨンスやヨンチェの面倒も見てくれるに違いないと信じ、またフンナムにもそう伝えました


最後はダジョンとヨンスです。


ダジョンはせっかく手に入れた慰謝料を不動産詐欺で失ってしまいました。でもだからと言って、ジャンホに頼るのは間違ってますよね。ジウの父親だから何とかしてくれると思ったのかな~逆に親権を奪い返されたら大変なのに。


案の定、キム室長(この人も相関図には載っていない)は、さんざんダジョンを馬鹿にして追い返しました。キム室長はもう既にジャンホの妻に収まったそうですよ。しかも、今の家を改装するために、ジウの部屋を潰したそうです


結局ダジョンは引き続きボッキの家に世話になることになりました。ダジョンへの愛を自覚し、ダジョンを守るためには稼がなければならないと覚悟したヨンスは、ダジョンの店を本気で手伝うことにします。ジャンホからも大いに馬鹿にされましたからね。いつも隣にいるのにダジョンを守ってもやれないって


ミンスの謎ももちろんですが、早くこのキム室長の化けの皮が剥がれないかしらね~boxer-w。そしてついでに母親の怨念で不幸になっているスジンも、ユンジェと一緒になって幸せになってほしいものです


ゴウンとヨンジュンはフツーに仲良くなればそれでいいかな~親戚ですし


ワンダフル・ラブ」は続きもとっても楽しみですね



ワンダフル・ラブ~愛の改造計画~ BOX1~3


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません